恥更級日記【はじさらしなにっき】

失くして思うもの。

2020/06/23 14:54 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 雑談
去年の七月から足掛け一年、歯医者に通ってます。いや長ぇなおい。

急に口の中が痛くなって鎮痛薬でも対処し難くなり歯医者へ。他の症状かと疑っていたのが、あっさり虫歯だと宣告。最後の定期健診から三年半歯医者へ行ってなかったことが判明し、レントゲンを撮るとまぁ出てくる出てくる虫歯の数々。
その時には三か所を指摘され、順番に治療していきましょうということに。
痛みの原因となっていた歯をまず治療することで、当面の苦しみからは解放されたものの、順次治療していったところ三か所どころではなく、五か所目を治療する頃には年を越えていたってね。なんでやねん。

それでも六か所目を治療して、後もう一か所です、と言われた辺りから今度は歯全体が沁みるように。冷たいものは勿論、熱いものまで沁みるという始末。
熱いものまで沁みるというのは相当よろしくないらしく、歯槽膿漏やらが疑わしいと。
途中歯石の除去などをした結果、随分と歯肉が下がってしまっていたらしく、それも原因になるようで。これは不可逆的なものでほぼ治療できるものではないと(それなりにお金を積めばできなくないらしいが、そんな金持ち合わせてもおらん)。
それ以降はシュミテクトさんを愛用。一時期に比べて大分マシにはなってきたものの、やはり極端に冷たいもの、熱いものは避けて食べなければならない状態。もはや口の中おじいちゃん。

そんなこんなで七本目の治療をしていたところ、今度は歯茎が腫れてきて下の右半分が痺れてくるというアクシデントに見舞われる。もう踏まれたり蹴られたり。
またしてもロキソニンで対応したが、一晩越えたところで鎮痛薬が二時間保たないところまで。丁度休みの日でもあったので電話をかけて四時間後に予約。その四時間が拷問レベルでしんどかった記憶。

レントゲンを撮って見てみると、治療している箇所の奥歯がほぼほぼやられていて、ぐらついてさえいると。その歯髄に膿が溜まっていてそれが神経を圧迫しているのでは?という結論に達し、ひとまず抗生物質を渡され飲むことに。それが効いたのか痛みは引いたのだけれど、歯茎の腫れは一向に引かない。別の抗生物質を処方されてそれで腫れも引いたわけで。
で、数年前に治療済みのその歯の被せものを外して、歯髄の清掃もしてもらったのだけれど、一度出来た袋状のものはまた膿が溜まる可能性が高く、既にぐらついているのと噛み合わせにほぼ支障をきたさないという理由で抜いちまいましょうと相成りまして。

一年経とうかというこの時期に、ほぼゴールが見えてきたと思ったタイミングでまさかの抜歯。うーん、悪いことはじゃんじゃか重なるものよのぅ……。

で、先週末に抜いてきました。十年ぶり、親知らずをぶっこ抜いた以来。
もうね、抜歯当日の朝から軽くナーバスになるわけですよ。大概の痛みには慣れている自負はあるのだけれど、抜歯の痛みはどうだったっけ?と。
親知らずを抜く時は大分時間がかかって、且つ、結構痛かった記憶があるのよね。で、その時には治療中に詰め物が神経を障ってとんでもなく痛くて、これ仕事にならんからどうにかしてつかぁさいと頼んだら

「では神経に直接麻酔を打ちましょう。」と。

痛みが酷くて何も考えずにお願いしますなんて言ったら、地獄を垣間見たよね。
神経に直接針を刺すのだもの。醒鋭孔食らったジャギ様と同じことだよ。

ヤバイよヤバイよ……


こう……頭を巨人に掴まれてそのまま潰されるような感覚。ずぬぅぅぅんっ!という痛み。
一瞬目の前がブラックアウトして亡くなった祖母が川向うの花畑で呼んでるのが見えたね。

「お~い、たかし~。」(´・ω・`)ノシ

おばあちゃん、俺まことだよ?

で、戻ってきた感じ。あれを思い出してナーバス極まれり。でもまぁ、もうやると決まった以上駄々こねても仕方ないもんで、俎板の鯉よろしく好きにして、と。

結果、大して痛くもなく時間もかからず終了。かかっている歯医者がそりゃもう丁寧に麻酔をしてくれるところなもので、施術中の痛みはほぼ皆無。ただうがいをした際の血の量に、軽く引くのはいつものムーブ。
抜糸は今週末なのでまだ完了というわけではないけれど、あれだね。
噛み合わせには問題はない、奥歯なので差し歯も当面は必要ないということでそのままなのだけれど、舌でその付近を触れようとするじゃない?ないのよ、当たり前だけれど。そこにあった歯がない。
親知らずは仕方ないとして、今回永久歯を初めて抜いたわけで。8020運動とか言うけれど何かまた大人の階段一段昇ってしまったなぁ、と。
親から貰った身体を自分の不注意で欠損させてしまったな、と。
いやまぁ現状五体満足ではあるけれど、歯のたかだか一本だろと思われるかもだけれど。

何か申し訳ねぇ気持ちで一杯になったその足で解禁したスロット打ちにいってボロ敗けを喫してきたわけですわ。ダメ息子。

長々と書いたところで何が言いたいかというと、おまいら歯はちゃんと磨けよ、と。
でも力任せに磨いちゃダメだぞ。エナメル質削っておいちゃんみたく知覚過敏になりやすいからな。それと定期健診は受けにいくのだぞ。虫歯になったら行く、ではなく、虫歯になりそうなところを未然に防ぐこと、これが大事。

二か月ぶりに書いた近況がこんな大したことじゃなくてすまんの。

コメント

フィア
No.1 (2020/09/16 20:53)
歯医者変えたほうがいいかと

歯医者によっては歯一本一日で直してもらえるとこもあるのでそういったとこに行ったほうが対応素早いかと
つるまこ (著者)
No.2 (2020/09/16 21:14)
歩いて行ける近所なものでねぇ…w
今回は都合九本治療して完了と相成りました。この間定期健診も兼ねてクリーニングしてもらったり、そも一回の予約の間がこちらの都合も合わさって長くなったこともあり一年かかりましたが。

長くなったことについては自業自得なところがあるし、ホント丁寧なんですよ。なので今回のようなことが再発せんように、ちゃんと歯磨きして検診受けにいくようにします。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事