ぐーたら廃墟

廃墟っていいよな? ーここ怖いZE~☆ー

2013/02/13 18:26 投稿

コメント:6

  • タグ:
  • 廃墟
  • 廃ホテル
  • 長野

友人「長野に迷宮があるらしい…」

 〃∩ ∧_∧
 ⊂⌒(  ・ω・)  俺「はいはいわろすわろす」
   `ヽ_っ⌒/⌒c
      ⌒ ⌒




私は知っている。
行ってみたはいいが、自分が得ていた情報とはあまりにかけ離れた
『コレジャナイ感』を味わうと、次のモチベーションに繋がらないことを…。

今回の私の心情は まさにそんな感じだった。






正直 あまり行く気にはなれなかった。
今回の探索の前に訪れた物件が、自分が想像していたのとはあまりに
かけ離れていたので モチベーションがなかなか上がらなかったからだ。

そんな中 友人がやたら鼻息を荒立てて急かしてくる…。


友人「なぁ 行こうぜー」
俺 「高速代とガス代 全部出してくれるならいいよ」
友人「構わん!レッツゴー!」
俺   「…」


         *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    俺「もうどうにでもな~れ」
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚










はい。着きました。

『外観』


見た目は要塞みたいで 初見は悪くないと思ったけど、
やっぱり 中を見てからじゃないとなんとも言えない。
(ちなみに、今回は友人主導のもとで探索したので、
私は物件の名前を聞いた程度で、下調べなどは一切しませんでした)


俺 「で?どうやって入るんだ?」
友人「私にいい考えがある…」
俺 「なんだ?」
友人「プランBで行こう」
俺 「あ?ねぇよそんなもん」
友人「おまwww 人のセリフをwwww」

民家が近いってのに、何やってんだ俺らは…。




『入口』


落書きを見るに DQNの溜まり場にもなっているのかもしれない。
でも、雰囲気はまずまず。
いい感じにコンクリが剥げてるところがGood

では、突入!





『エントランス』


ガラスやら天井やらが破壊されてはいるが、
それでも それを補うだけの廃墟感が漂っている。


友人「ここ怖いZE~☆」

まーた 変な動画に影響されてやがんな こいつ… ※1下記動画参照
無視無視。



『ロビー裏』


陽の光のコントラストが素晴らしい。
もうこの辺りからは 真剣に探索モードに切り替わった。



『ロビー階段』


階段には光が差し込まないために、
階段の終わりが真っ暗で見えなかった。

階段を登り切ると正面に上下の階へ続く階段。さらに左右にも通路。

俺 「どうする?」
友人「右だな」
俺 「根拠は?」
友人「クラピカが左の法則がうんたらかんたら…」
俺 「俺も同じこと思ったわ」



しばらく歩くと再び階段

『階段』


壁やら階段やらが激しく損傷しているが、
強度はしっかりしていた。

さらに上へ。



『2F第二広場前』


2Fとなっているが 施設自体が高所に位置しているため、
ここからでも十分に温泉街を一望できた。
しかし、発見されると厄介なので あくまでも窓際にはあまり近づかない

おおまかに探索してさらに上へ。



『3F通路』


通路には窓が無いため基本的に真っ暗だった。
また3Fには大浴場も…。


『大浴場 ♂湯』


あぁん?挿入ったやろ?

思ったほど趣がないので残念…。
女湯もまったく同じ構造なので割愛。

というか、あまりに広くて ごちゃごちゃした物件なので、
こっからは色々と掻い摘んで紹介します。


『5F大宴会場』


結構広い。
昔ながらの宴会場って感じ。


『おそらく従業員詰所』


従業員のチェックシートやら備品やら 残留物が色々。


『最上階 機械室』


かなりカビ臭い…。
謎の茶色い液体がところどころ垂れている。


『備品管理室?』


特になし!


施設自体はいくつかの棟に分かれていたりして
見どころはたくさんあるのだが、
いかんせんごちゃごちゃしていて面倒な物件だった。

また 真夏の時期に行ったので虫が凄かった。
特にスズメバチが…。
その影響もあって 外では集中して探索ができなかったのが残念。

また 最初に友人が言っていたように、
ある意味迷宮のようなホテルであったことは間違いない。
施設全体が一貫性が無いような造りになっているので、
迷宮というよりは ただ ごちゃごちゃしているだけという印象だった。



【廃墟レポート】

・信州観光ホテル
 長野県千曲市上山田温泉にある廃ホテル。
 長野五輪を期に過剰な増改築を行ったが、それが災いして廃業となったとのこと。
 ホテル内は少々 迷路のような様相を呈しており、
 方向感覚がヤバイ人は迷うかもしれない…。
 ホテル自体は温泉街にあるため、民家や他の宿場が非常に近い。
 日中は人の目が多いので、諦めたほうがいいだろう。
 また ホテルの入口正面は厳重なバリケードが設置してある。
 しかし、すぐそばにある 比較的広めの駐車場から斜面を登れば、
 案外 簡単に侵入できる。
 施設内は光の届かない場所が多いためライトは必須。
 また 施設周辺は藪や茨が生い茂っているところもあるので 薄着は禁物。
 なお、夏の時期はスズメバチやアブなどが徘徊しているので要注意。
 今回は物件に基づく資料が少ないため割愛。


以下は友人が影響を受けた動画となっており、
本項目の物件とは一切関係ありません。

※1参照動画↓


コメント

タイタニア (著者)
No.4 (2013/07/01 16:24)
>>3
取り壊されたという情報は聞いてないので、恐らく健在かと思います。

ちなみに、探索したのは去年の夏ですね。
みひろ
No.5 (2014/03/04 19:53)
コメントさせてください!!私の職場の近くです^^ここ!
ここは地元でも色々噂はたえません、、、
廃墟はすきですが怖くて外観しかしりませんでしたが、中が見れてうれしかったですw
タイタニア (著者)
No.6 (2014/03/04 22:29)
>>5
コメントありがとうございます。
噂というのは やはりオカルト系の内容ですかね?
私自身 幽霊だとか心霊現象なんかは信じてませんから、ここを探索した時も不思議なことは起こらなかったですよ。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事