肺の穴からごきげんよう

早耶の「瞳」に恋をして――「第14回俺達の少女A」に寄せて

2020/05/09 21:36 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • 俺達の少女A
  • 松原早耶

はじめに



2020年5月8日に放送されました「第14回俺達の少女A DAY1」にて、松原早耶の音源を紹介していただきました。振り返ると、今回で5回目の採用となりました。毎回のことですが、素敵な場を提供していただき、本当にありがとうございます。

聴いてくださった方はもちろん、そのうえで投票してくださった方もあわせてありがとうございます。今回のプレゼンが、松原早耶を知る、好きになる、あるいは、さらに魅力にハマる一助になれば幸いです。

さて、この記事ではプレゼンの原稿本文および、そこに込めた意図をまとめたいと思います。以下、読み上げ原稿を記載します。

1.原稿本文

嘘の統計でアイドルを見る!今回は2月にSSRが実装された、松原早耶について嘘の統計とともにお届けいたします。

さっそく、早耶の瞳に恋しているか、尋ねた円グラフから見ますと、恋している、どちらかといえば恋しているがあわせて49%となっています。甘えん坊な側面を持ちつつも、可愛くなることにひた向きな姿勢が支持されているようです。

また、ブログなどを通じて「好き」を発信する姿勢は若者を中心に広く人気を得る要因になっていると考えられます。Stay Homeが求められる今だからこそ、いろんな「好き」を発信できる松原早耶への注目がますます集まることが期待されます。

一方で気になるのが、恋していない、どちらかといえば恋していないをあわせると24.7%にのぼることです。早耶自身が可愛くあろうとする振る舞いはいまだに「ぶりっ子」と批判されているそうです。
それでも、今の早耶には支えてくれるプロデューサー、ファン、仲間の存在があります。だから、今の早耶は批判に下を向くことはありません。

プロデューサーさん、やっぱり早耶は間違ってなんていませんでしたぁ。誰に何を言われちゃっても、自分に正直になってぇ、したいことをしちゃっていいんですよ。
そのおかげで早耶は前よりもカワイくなって、みんなもカワイイ早耶をいっぱい見られて♪……早耶のカワイさは早耶たちふたりの頑張りがあったから、たくさんの人に知ってもらえましたぁ。
だから次は自分をもっと好きになって、好きを頑張るってことを伝えていきたいんですぅ。そうすれば早耶みたいに、大切な人に出会えるってみんなに知ってほしいですからぁ♪
([君の瞳に恋してる]松原早耶+ 親愛度MAX台詞)


賛同と批判をそれぞれ抱えたこのグラフには、今まさに早耶が進もう、示そうしている姿勢がよく見えるわけです!

そして、お隣の棒グラフは、早耶の瞳ではなく、別の部位に恋をしていると答えた方へ、どこに恋をしているか答えてもらったアンケートです。みんな早耶の唇に恋してますねぇ!

確かに、上目遣いが得意なポーズと度々言及されますが、パーツとしての瞳を推すことは今までなく、パーツであれば唇を推す発言が目立ちます。ではなぜ、「早耶の瞳に恋してる」なのでしょうか。

推測にはなりますが、このカード名は「君の瞳に恋してる」をオマージュしているものでしょう。元の曲名、Can’t Take My Eyes Off Youは直訳すると「君から目が離せない」です。

プロデューサーを信じて勝手に追いかけてきて、自分のことをずっと見ていて、好きでいてと言っていた早耶への返答と考えられるわけです。特技名が「わがままハートに振り向いて」なら、こちらは「見ているよ」ではなく、既に「目が離せない」なんですよ、この言葉をSSRというタイミングで送っているわけです。

もちろん、これは早耶の瞳が美しいことを大前提としています。その造形はもちろん、いろんな「好き」を捉える点にその美しさが宿ると言えるんです!

そんな早耶の瞳に、今以上に素敵な景色が映ることを願って、ぜひぜひ投票していただけるとありがたいです。みなさん、早耶の瞳に恋、してますか?(1271文字)


2.プレゼンに寄せて

松原早耶にとってここ最近の中で最も大きいトピックと言えば、SSRの実装だったと思います。今回のプレゼンでは、SSRについて絶対触れる内容にしたい、という気持ちをスタートにおいて組み立てました。

恐らくどのアイドルもそうでしょうが、いろんなカードや展開が、基本的に大きく道をそらさず、その子が歩いてきた道の先に配置されることと思います。早耶のSSRについてもその通りで、これまでの歩みの先にあるもの、その中で1つの到達点、という印象を強く持っています。

これはありがたいことである一方、これまでも概論的にプレゼンを構成していたので、どうしても語る内容が似たり寄ったりになってしまう、という完全に自身に属する難しさがありました(これは放送内でも似たニュアンスのお話がありました)。

最終的に語る内容のコアが似ることに関しては、松原早耶への通底したまなざしゆえに仕方がない部分ではあるので、どこからアプローチしようかと考えた結果、素敵でありながら、少し引っ掛かりを覚えるSSRのカード名に注目しようと考えたのが、今回の内容に至るまでの背景です。

プレゼンの中でも語っている通り、早耶は「上目遣い」を魅せる上での得意技として明言する一方で、パーツとしての「瞳」を推したことはなく、パーツであれば「唇」を推す台詞が目立つ子です。だからこそ、SSRのカード名には、早耶を眺める側からのメッセージ性を読むべきだと考えました。

早耶の瞳が美しいことは、デレマスの世界内を抜けて、現実の世界ではよくよく言及されていたりします(自身が早耶にまつわる情報を見ている限りですが)。しかし、明らかに「君の瞳に恋してる」をオマージュしたであろうカード名は、それ以上の意味を込めていると思わずにはいられませんでした。

その点を考慮した結果が、「君から目が離せない」というメッセージという結論でした。これは、勝手にプロデューサーについてきた早耶、ずっと見ていてほしいと願ってきた早耶に対する最高の賛辞であり、メモリアルコミュ1への鮮やかな返答だと思います。

早耶:だから、決めたよぉ♪アイドルになるって!
   プロデュースお願いねぇ♪
P:はい?
(中略)
早耶:あれれ、断るつもりなのかなぁ?
   ふふっ...断られても勝手についていくんだからね!
(デレステ・メモリアルコミュ1)


プロデューサー、ファン、周囲の仲間。最初は少数だった周囲の承認を受けつつ、早耶は「カワイイ」を求め続け、どんどんと魅力的になってきました。もちろん、今でも早耶の振る舞いを「ぶりっ子」と批判する層もいます(SSRでも言及がある通りです)。それでも、早耶を後押しする声は「断られても勝手についていく」と言っていた当時から、デレマス世界内、我々の住む世界、どちらでもぐんと大きくなっています。

メモリアルコミュ1で明確に取らなかった早耶の手。でも、今は「早耶だから手を取る」でもなく、「こちらから手を差し伸べずにはいられない」と感じるほどに素敵なアイドルになった、そういうメッセージ性を「早耶の瞳に恋してる」というカード名に感じずにはいられないのです。

以上のようなメッセージを軸に据えることを念頭に置いて、今回のプレゼンを構成しました。直前まで、これをどういった形でアウトプットするか迷いました(提出前日まで発表形式が決まりませんでした)。

普通に上記のような文章を読み上げることも考えましたが、感情を乗せることが不得手な点も踏まえるとフックに欠けるな、と考え、前回投稿時のように「プレゼンらしいプレゼン」をする、という方向から今回の形式に落ち着きました。

存在しないデータを元に話す、というアプローチはフックになると思いましたし、自身としも楽しいという感触があったので、それに従いましたが、反応を見る限り成功したようでよかったです(提出期限前日の晩から1228件のデータを用意するのは骨が折れましたが、めちゃくちゃ楽しかった…)。

3.画像について

今回は、スライドを見せながらプレゼンをする、というイメージを元に画像を作成しました。スライドっぽくするならグラフがあるとそれらしいな、と考えていたことが、偽の統計を元に話す方向に舵を切るきっかけとなりました(まったく別の画像も作ったりしていました)。スライドらしく情報は詰め込まずシンプルに、グラフが目立つように意識しました。

一方で、最初から決まっていたのはSSR特訓前の早耶を載せることです。特訓前の縦画像が嘘みたいに可愛い(これは本当のことです)ので、これはぜひ見せたいという気持ちでした。

また、せっかくデータを作成したので、QRコードでリンクも載せてみました。そのうえで、それっぽい文言も記載してみました。でも、全部嘘。もっともらしい嘘は楽しいですからね。

4.架空のデータについて

グラフを画像に挿し込もうと考えた際に、せっかくなのでそれらしいデータを用意しようと考えました。嘘でもそれらしくするならば、実数から算出、表現したグラフの方が実在性が増すかな、と。なお、どうでもいいことに時間をかけるのはついつい楽しくなってしまうもので、かなり時間がかかりました。

データ数は早耶の誕生日12月28日をもとに1228件とし、結果をなんとなくイメージしては、逆算する形で各回答を作っていきました。男女、年代、回答の割合や数を調整するのに四苦八苦しました。意味のないところなのに…。

本当は年代や性別によって、もう少し特徴の出た結果にしたかったのですが、その点では中途半端になってしまったかもしれません。

ただ、早耶を好きという人がそれなりに増えている一方でまだまだそうではない人がいること、女性は特に好悪どちらかに分かれること、などを微妙な変化の中に意識して込めています。

例えば、男性ほど早耶の見た目に惹かれる傾向を強くし、女性ほど早耶そのものや在り方へ惹かれる傾向を強くしたりしています。他にも、男性では年齢層が高くなるほど、見た目より、早耶の在り方に惹かれる傾向を強くしたり、女性は男性に比べて早耶への好悪がはっきりしており、どちらともいえないが少なかったりします(微差かもしれませんが)。

架空のデータとはいえ、むしろ、架空のデータだからこそ、それっぽくしています。私自身「早耶を好きではない」とする回答を作っていく抵抗感はありましたし、早耶の「胸」に恋してる、というアンケート項目を設けることへの後ろめたさもありましたが、嘘でありながらも謎の実在性を持っていることは肝である、との気持ちで作り切りました。

早耶の瞳に恋していない/どちらかといえば恋していない、という層が少なくなることが担当Pとしての望みではありますが、そうでない状況を「好き」の気持ちのままに進んでいく姿こそが早耶の美しさでもあると思っているからこそのアンケート結果でした。

なお、架空のデータは以下のリンクから見ることができます。もし、何かに使えそうなら使ってやってください。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1WtUGI7GER3JA_JTtqy5luKbXeqIJklTO3XglahaPpYA/edit#gid=0


おわりに

ここ数回はそうですが、採用されるか毎回非常に緊張しているので、採用していただき、また、その結果として早耶に投票していただけたことが本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

今回、「SSRを題材に話す」という経験ができたことは、改めて振り返ってみるととても嬉しい出来事でした。次の機会がある場合、今回と同様に早耶について語るとびきり素敵な出来事が積み重なっていることを願うばかりです。

最後に、改めて、素敵な場を用意してくださったお三方、そして、プレゼンを聞いてくださった方々に感謝の念を伝えたいと思います。ありがとうございました。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事