ぼっちぼるブロマガ

【艦これ】アニメ先行試写会 ライブ・ビューイングレポ

2014/12/28 13:25 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 艦これ
  • アニメ
  • レポ
  • 先行試写会
  • 藤田咲
  • 井口裕香
  • 東山奈央
  • 日高里菜
  • 野水伊織
  • 洲崎綾
12月27日(日)に行われた、アニメ艦これ第1話の先行試写会のライブ・ビューイングに行って参りました。この記事はそのレポです。
後述しますが、第1話上映後に声優さん達によるトークだったのですが、第1話を見てはしゃぎまくっていたため、冷静にトーク内容をあまり頭に収めきれておりませんw なので、トーク内容については少々断片的であったり、誰がどう言ったのかが曖昧だったり、話した内容が前後していたりします。また、極力ネタバレはしないようにしますが、場合によっては第1話の多少のネタバレが含まれます。なるべくPVで公開されている範囲や、ビジュアルが公開されている艦娘の範囲で書こうとは思いますが、ネタバレは嫌だという方は、第1話の本放送を見終わってからこのレポを読むことをオススメします。

さて、ではここからレポを書いていきます。
私は本会場である新宿ピカデリーのチケット抽選からは落ちてしまったので、地元グンマーのライブビューイング会場で見てきました。
上映開始10分ほど前に入場したのですが、スクリーンには本会場と思われる場所の中継映像が映し出されていました。
本会場のスクリーンにはアニメ版のロゴが。そしてその下には小さめの黒いステージがありました。客席の様子も少し映っていたのですが、どうやら男性がとても多いようです。私が行った会場も男性提督でほぼ埋まっておりました。

そして時間になり薄暗くなる会場。ステージ右側から、主人公・吹雪役の上坂すみれさんが登場!
第一声は吹雪の声で挨拶をされ、自己紹介と今日の司会進行を務めることを話されていたのですが、「私、緊張しちゃって…!(゚ω゚;)」と、とてもあわあわしているご様子w
「私は先に1回見たのですが、この音響のヤバいピカデリーで、アニメ第1話をご覧ください!」
というわけで、さっそくアニメ第1話の上映です!
超個人的な感想といたしましては、私の好きな艦娘達が予想以上に目立っていたので満足でしたw
全体的な感想は、
・冒頭ナレーションかっけぇ!
・音楽かっけぇ!
・えっ、ビジュアル公開されてなかったその子達がしょっぱなから!?
・ゲームのそこをそう解釈するのか!
・出撃シーンかっけぇ! かっこよければこまけぇこたぁいいんだよ!
・戦闘シーンの艦娘はほぼ3DCGモデルなのね!
・吹雪の「いろいろと問題児」ってそういう意味だったのね!
・あやねる(佐倉 綾音)さんの仕事量がヤバいwwwww
と、直接的なネタバレしないようにまとめるとこんな感じで…w
ゲームをやってる人であれば悶えるシーンはたっぷりあります。特にビジュアル公開されてなかった子達が最初の方で出てきたことはとてもポイントですよね。ビジュアル公開されてなかったけど、それぞれ自分の嫁艦が出てくる可能性がグッとアップしたことになります。
ゲームをやっていない人でも、アニメ第1話として、アニメ艦これの世界観、設定、これは主人公・吹雪の成長物語であるということがとても分かりやすくまとまっていたのではないかと思います。

さて、第1話の上映が終わり、本会場のステージ上には椅子が用意されました。上坂さんが再び司会進行のため登場し、これから声優陣によるトークイベントの開始です!
登場の仕方は、スクリーンに演じているキャラと名前が表示され、そのキャラのセリフを一言いってから、その声優さんがステージ右側から登場というもの。
番号は登場順、カッコ内は誰のセリフかを表しています。

①藤田 咲さん(赤城)「一航戦、赤城、出撃します!」
②井口 裕香さん(加賀)「ここは譲れません」
③東山 奈央さん(金剛)「バァーニング ラァーブ!!」
④日高 里菜さん(睦月)「睦月です! はりきってまいりましょー!」
⑤野水 伊織さん(瑞鶴)「翔鶴姉!」
⑥洲崎 綾さん(電)「電の本気を見るのです! なのです!」

本日出演される方が登場し終えると、上坂さん以外は第1話を見るのが我々と一緒でさっきが初めてだったそうで、自己紹介しつつ第1話の感想会に。
さて、ここからトーク内容をまとめさせていただきますが、最初にも書いたように少々記憶があやふやですのでご了承ください(;´∀`)

まずは藤田さん。
藤田さんといえば、あの5-5にも突撃していたりケッコン済み艦娘もいたりするガチ提督として有名です。一人の提督として、艦これのアニメ第1話はとても感慨深くもあり、アニメで動く艦娘達をお父さんのような目で見てしまったりしたそうで…w
「みんな"妖怪食っちゃ寝"っていうけど、(第1話にあるように)優しいお姉さんなの! これが私(赤城)の本当の姿なの!!」
と、赤城さんの名誉回復アピールをしていたり、
「みんな●●と■■(最初に出てきたビジュアルが公開されていない艦娘)が出ると思ったー!?」
など、そのあたりはやはり提督をしていないと出てこないお話しもされていたりしました。
また、井口さんが演じる利根について
「(体操服の胸のところに)"ネト"って書いてあってかわいかった!」
「先生だけど、生徒さんみたいだった」
と、利根が少々お気に入りっぽい?な発言も。

2番目、井口さん。
クールな加賀さんを演じるにあたり、ゲームとは違ってアニメでは少々威圧感が強めになりがちになってしまったそうで、音響監督さんから「もう少しかわいく…」と、第1話では指示があったそうです。そういえば、アニメの加賀さんはゲーム版よりちょっと声が低めで、とても怖い先輩という印象を受けました。威圧感とはそういうことだったのかなと。
また、クールな加賀さんだけど、赤城さんのことは大好きということは強く出していきましょうという指示もあったそうです。第1話で、加賀さんが赤城さんをほめるシーンというかデレシーンがあり、そこを思い出しつつ「さすが五抗戦とは違うわ…!」と加賀さんボイスで言うと、瑞鶴役の野水さんが「五抗戦いますー!(´;ω;`)」とアピールw
また、アニメから艦これを知る人でも、個性豊かな艦娘達が揃っているから、誰かしら自分の好きな艦娘ができるのではないかともおっしゃっていました。
あ、あと、「白いパンツが見えた」という注目発言もありましたw

3番目、東山さん。
本日会場に登場された声優さんの中では、第1話でいちばん演じた役が多かった東山さん。収録は1シーンごとに分けてやるそうなのですが、そのシーンで複数の役を演じる場合は、まずスタッフさんに「誰からやりますか?」と言われるそうですw 音響監督さんも、時折いまどのキャラが録ってあって、どのキャラが録ってないか混乱するとかw そのシーンにおいて、画面には4キャラいるのにブースには声優さんが1人しかいないという、アフレコ現場としては珍妙なものが見られるのもこのアニメの特徴だそうですw また、東山さんも数が多かったのですが、第1話において一番演じた役が多かったのは実は佐倉 綾音さんで、今日ここには登場されてはいませんでしたが、皆さんで佐倉さんの労をねぎらっていましたw
アニメ版を演じてみた上で、榛名の印象が変わったそうで。今まで榛名については、長女は「デース!」と言ってたり、次女は「お姉さま~!」と言ってたり、個性の強い姉が2人いる中で、「三女はよくまともに育ったな!」という印象だったそうなのですが、アニメの第2話以降のとあるシーンで「あ、なるほどな!」という場面があったそうです。我々も今後、榛名の新たな一面が見られるかもしれないですね。

4番目、日高さん。
ゲームでは見ることができない、艦娘達の会話を見ることできて、藤田さんと同じくお父さん目線になってしまったとかw
また、睦月がメインキャラになったことは、提督の誰もが予想外だったことですが、それは日高さんも同じだったそうで、キービジュアルで睦月が真ん中あたりにいたことがとても不思議に思えたそうです。
東山さんと同じく、アニメ版を演じてみて睦月の印象が変わったそうです。ゲーム版の睦月といえばふわふわして天然さんな印象ですが、アニメにおいてはその上を行く夕立という存在がそばにいることで、睦月もしっかり者になるんだなとw ゲームでは分からない、アニメならではの立ち回り方ですね。

5番目、野水さん。
うーん、野水さんに関しては、詳しく書いちゃうと第1話の盛大なネタバレになってしまい…w 盛大なネタバレを回避しつつ、短めに。
ぶっちゃけますと、第1話に瑞鶴は出てきません!w でも何故ステージ登場時に瑞鶴のセリフを言って出てきたのか…? 有名な話ではありますが、藤田さんが小耳に挟んだ情報によりますと、監督の推し艦娘が瑞鶴なのです。その点についていじられておりましたw なのでもしかしたら…?w

最後に洲崎さん。
洲崎さんといえば大人気・第六駆逐隊の中の人! 第1話で六駆の4人でのアドリブを頑張ったそうなのですが、そこが音が抑え気味にされておりよく聞こえなくなっていたのがショックだったとかw
アニメ艦これではよく「アドリブをしてください」と言われることが多いそうで、そこを考えるのが楽しいともおっしゃっていました。また、響の「ハラショー」は魔法の言葉だそうで、アドリブに困ったら「ハラショー」と言っておけばだいたいOKがもらえるそうですw また、響といえば「ハラショー」の他にも時折ロシア語が出ちゃう子なわけですが、発音について上坂さんに教えてもらうこともあるそうです。上坂さんといえばロシアですからね!w
上坂さん曰く、日本からロシアに行った響の発音には、日本語が残っている(日本語なまり?)のでかわいいとのこと。その場で上坂さんによる正しい「ハラショー」のプチ講座が行われましたが、あんまり正しすぎると響っぽくないから響はそのままでいいということに落ち着きましたw

第1話の感想会が終わったところで、特別に第2話のダイジェスト映像の上映が! 一度声優さん達はステージから左右に半分ずつ撤退し、一緒に映像を見ることに。
セリフもなし、タイトルもなし。BGMにのせて第2話を短めにまとめた映像が流されました。
ステージ上に戻った声優さん達からは「本当にダイジェストだったね!」という声がw 上坂さんによれば、第1話でも活躍した、某三姉妹が更に活躍する話だとか何とか…?

「第1話が上映されて、第2話のダイジェスト映像もあって、もう映像はないとお思いかもしれませんが…!!」と上坂さん。何とここで、本邦初公開、各キャラの設定画が、ED曲である「吹雪」にのせて流されました!
基本的には、各種背景の線画に、順番にビジュアルが公開されている艦娘の線画の立ち絵が表示され、それが着色されたものに変化し、左右どちらかに移されると、その艦娘の表情パターンがいくつか表示されるという流れでした。
しかし那珂ちゃんだけは立ち絵がそのまま真ん中に表示されて表情パターンが周りに表示されるという不動のセンターぶりw 声優さんからも「アイドル魂!」と評価されていましたw
島風も特別表示になっており、表情パターンとして表示される部分には連装砲ちゃん3体がw 「島風だけは表情がよく分からなかったねw」という感想もw
また、瑞鶴の表情パターンが6つもあり監督の瑞鶴愛を感じられる映像でもありましたw
洲崎さんは、響は表情があまり変わらない子だから、(数種類の表情パターンが)無表情の響で並んでいたらどうしようと心配されていたそうなのですが、そうではなくきちんと表情が表示されていて安心したそうですw
EDの「吹雪」については「かっこいい」「オープニングテーマみたいだ」という感想が。確かにエンディングテーマといえば、落ち着いた感じ、またはあまり派手さはない感じ、というイメージがありますが、「吹雪」はOPに起用されてもおかしくないぐらいの激しめのカッコイイ曲でした。うーん、CD買っちゃうかも。

続いて宣伝タイムに。
藤田さんが放送局のお知らせ、井口さんがBD・DVDのお知らせ、東山さんが来年8月9日に行われる第二回横浜観艦式のお知らせ、日高さんがOP・ED曲発売のお知らせ、だったような気がします。
BD・DVDの限定版には、横浜観艦式の抽選申し込み券が封入されているわけですが、井口さんはぜひ横浜観艦式に来てほしいとのことでした。井口さんは前回の横浜観艦式にはビデオメッセージでの出演でしたからね。その中でもまたやるなら出演したいとおっしゃっていましたから、より気合が入っているのかもしれません。

宣伝タイムが終わり、AKINO from bless4によるOPテーマ「海色」のライブが始まりました!
今までおとなしく座ってトークを聞いていた提督達。いきなりライブでノリノリになれと言われましても…という状態だったのですが、そこはプロ。見事に煽って本会場の客席をノリノリにさせておりました。曲も歌もカッコよかったです!
私がいたライブビューイング会場は、正直映画館でそこまではしゃいでいいものか分からず、とりあえず座って見てる人が9割でしたかね…w 一部、周りに迷惑にならない程度にサイリウムを振っている方もいました。準備がいい!
この「海色」という曲について、女性の強さを込めながら歌っているというAKINOさん。上坂さんも艦娘とシンクロしていてとてもカッコイイと目をキラキラさせておりました。

さぁ、ライブも終わって、この先行上映会も終わりが近づいてまいりました。
声優さん達が一言ずつ挨拶をして終わり、なのですが、一番最後に挨拶をすることになった上坂さん、感極まってしまったのか泣き出しそうになってしまい、藤田さんに背中をさすられるという場面が…(´;ω;`)
上坂さんは朝から3,4回、アニメ艦これの第1話を見ていたそうなのですが、感動してボロボロと泣いてしまったそうです。艦これが、アニメ化。自分が演じている吹雪が、主人公。上坂さんの胸には、提督達に伝えきれない思いがあふれていたのだと思います。そしてようやくその思いを伝えるべく口から出た言葉は、

「人間って、素晴らしいなって…!!」

そう! 人間って素晴らしい!! このイベントをしめくくるには! このイベントの感想を一言で表すには! この一言ですね! 人間って素晴らしい!!w

みなさん、アニメ艦これは期待していいものだと思います! 共に本放送を楽しみにしましょう! そして円盤を買いましょう!w

では最後に、サムネ用に作った静画を貼って、このレポを終わりにします! ∠(`・ω・´)



・MikuMikuDance Ver.9.21 … 樋口M氏 ・AviUtl version 1.00 … KENくん氏
・ペイント … Microsoft ・吹雪(艦これ)ver1.1 … とらはぜ氏
・背景素材・テクスチャ】ブルーレインレース … 冴木みやこ氏

コメント

みね
No.1 (2014/12/28 15:51)
レポ乙です
提督にとってはあーなるほどーこうなってたのかー
とうなずきっぱなしの第一話だったと思います

映像で魅せるシーンが多かったので
全く知らない、ちょっと聞いた事がある程度の人だと
なんだかよく判らないうちに終わった
って感じになるかもしれないですね

元々第一話で日常→シリアスの振り幅含め
色々な物の詰め込みをすると言う話だったし
一話を丸まる使ったPVですかねー
二話目がある意味本当のスタートでしょうね
Hacra (著者)
No.3 (2014/12/29 01:02)
>>1
乙ありです!

確かに、いきなりキャラもどばっと出てきたりしたので、元々艦これを知らない人には情報量が多くて混乱させてしまう1話だったかもしれませんね。
でも、1話切りされないためにも、まず映像で魅せて「何だか面白そうだ」と視聴者の心をつかむのも手なのではないかなと。

1話の本放送、続く2話が楽しみですね!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事