ヒロシマグリモワール紫熊校 自習ノート

【広島】スローガンと2ndユニフォーム【2020】

2019/12/31 11:34 投稿

  • タグ:
  • サッカー
  • Jリーグ
  • サンフレッチェ広島
2020チームスローガン
photo
これまで「積み重ねてきたもの」をベースに、チームとしてさらに求めていく「積極性」と、より「攻撃的」なサッカーを目指していく姿勢を『積攻 SEKIKO MORE AGGRESSIVE』と表現しました。

「右肩上がりのライン」を多用しながら、「動き」と「個性」を感じられるデザインにし、『積攻』に込めた想いを表しています。
(公式サイトより引用・転載)

【感想】
「たまゆら」にインスパイアされましたか!?(笑)
クリックすると新しいウィンドウで開きます


それはさておき、「MORE AGGRESSIVE(=より攻撃的に)」という表現は良い響き。
城福監督の理想とする"ムービングフットボール"にも合致している。
一方で、造語がわかりにくいのが不満点。
どうせなら、『WE FIGHT TOGETHER 2020 MORE AGGRESSIVE』とかの方が良かった。

2020 2ndユニフォーム

サッカーキング編集部サイト内記事より転載 広島はいちばん右)

ナイキが、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、浦和レッズの3クラブ史上初の統一テーマの新アウェイユニフォームを発表しました。この統一テーマには、スポーツの祭典(2020 東京オリンピック)に向け、スポーツの魅力や楽しさ、感動、そして、幸せや平和の実現をフットボールを通じて目指すという各クラブの理念が反映さてれています。
日本の国旗からインスピレーションを得て、各チームオリジナルのホワイトとレッドを採用し、日本から世界に羽ばたく3チームを表現。サンフレッチェ広島は広島東洋カープのチームカラーの赤からインスパイアされたサルサレッドを採用しています。
サンフレ公式サイトより引用 一部加筆)

いま物議を醸しているのがこの話題。
・クラブカラーの紫が使われていない
・因縁あるチームと同じ色
・カープに媚びを売ったような表現
この3点が主にサポーターの不興を買っているようだ。

【経緯】
広報関係者の話によると、ナイキ側から、
「五輪にあやかったデザインのユニフォーム作りたいんだけど」
と持ちかけられたらしい。で、同じように声が掛かったのが浦和と鹿島だったわけだ。

【推測】
クラブもセカンドについては紫にこだわらず、いろいろなチャレンジをしてきました。だから『やりましょう』と合意しました」
広報関係者はこうも話しているが、これは建前だろう。実際には・・・
・観客動員数の低迷で、コスト削減が急務だった。
・そんな折、ナイキから統一ユニの話が。
・注文を付ける余裕もなく、渋々受け入れた。
こんな所ではないか。

【感想】
懐事情の厳しさは想像がつくし、カープと手を取り合おうという姿勢は決して間違っていない。
とはいえ、些か唐突というかこじつけの感は否めない。サンフレだけでなくカープのファンも、「いきなり言われても・・・」と困惑したことだろう。
普通に「日の丸をイメージした」、ご当地ネタなら「紅葉をイメージした」とでも言っておけば、まだ反応は違っていたと思う。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事