ネルヒモのブロマガ

朝の配信の内容(にじさんじとかの雑談)

2020/01/06 17:42 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • にじさんじ
  • 出雲霞
youtubeの配信がアーカイブ化されないので話した内容を何となく書いておきます。

プライドを捨てられるかという話。
中二病な人ほど変なプライドが邪魔して面白い配信が出来ない。
例えば、御伽原 江良さんが足つぼマットの上でリングフィットアドベンチャーをやる配信をしました。体を張ってる感じがしますね。そうです、プライドがあったら馬鹿にしてこういう事ができません。選択肢が減る訳です。何が何でも面白くしよう、何か工夫しようという気持ち、配信を面白くしようという気持ちが強い人は伸びると思います。

 絵で言う所の模写、配信で言えば面白い配信の模倣は本人のスキルアップの近道だと思います。プライドの高い人はこれも嫌がるでしょう。自分の個性が出ないとか、いろいろ理由を付けて真似することを嫌う。模倣もきちんと出来ない状態で「自分の力」なんか存在しないのに自分が薄れるとか思っちゃう。自分の力や感覚をつかむまでは模倣から始まるのどの世界も一緒だと思います。

 出雲霞ちゃんの配信でセクシーなのやるといったら、ファンに止められてという話を聞きました。何で新しい挑戦をしようとしている人に水を差すのだろうと思いました。そこそこやってつまらないならまだしもある程度やってみないと、分からない事の方が多いです。やらなければ始まらないのです。そんなに人間は賢くないので予想ではなく実際にやってみて経験を積むことが大事なのです。最初から「こんなもの」と馬鹿にはせず、お金が沢山かからない事ならやってみればいいのです。

コメント

ハラミはパイパン一本筋派
No.1 (2020/01/08 08:11)
なるほどなー確かにですね。界隈は違いますが、自分も圧倒的人気の真似っぽいのはな?思ってましたが感覚を掴むみたいのはありですもんね、最初からやらずに投げちゃうよりいいな考え直しました。
ネルヒモ (著者)
No.2 (2020/01/08 14:06)
>>1
コメントありがとうございます。私も高校生の時には真剣に模写せず、絵柄が固定するとか言って嫌っていました。
上手い人の真似をする事で学ぶことは非常に多いです。そういう面で面白いとなれば、流行りに乗るVtuber界隈は貪欲といいますか、面白ければ何でもやるみたいな強い意志を感じます。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事