ネルヒモのブロマガ

ダンガンロンパ感想と江ノ島盾子考察。ネタバレあり

2019/08/22 19:16 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • ゲーム感想
  • ダンガンロンパ
  • 江ノ島盾子
ダンガンロンパの感想と考察をしたいと思います。
当然、ネタバレがあるので、未プレイの人は読まないで下さい。
全シリーズはかなり面白かったです。それでも、突っ込まざるを得ない部分はあるので、言わせてください。








江ノ島盾子考察とメタ視点

ラスボスに全てのしわ寄せをした結果
話の構築を考えれば、超高校級のギャルが真犯人は読みづらい。これだけのためのキャラ。

江ノ島盾子は敵として雑魚だった。これが全てである。当然であった、超高校級のギャルは戦闘系でもないし知略家でもない。後付で強い設定を持っているだけに過ぎないのだ。しかしながら、謎のギャルパワーを発揮するとかもなかったのである。

全然ギャルの力を活かしていない。ギャルについての掘り下げが甘すぎて何が何やら。ギャルパワーでギャル的思考で何かが起きていれば完璧だった。

ダンガンロンパにおいて最大の利点、メリットというか発明は「超高校級の~」だと思う。
これはデスゲームにおける多人数状態でのキャラが掴みやすいという面がある。
つまり、キャラ立ちと分かり易さがこう一目でわかるのだ。グループ感もある。

江ノ島盾子はよく分からないキャラだった。恐らくだが、しわ寄せがかなり来ているキャラであると思う。
デスゲーム自体綻びが出やすい物語なのである程度は勢いで行かなければならないが、トリックを優先した結果、キャラが薄くなった。
薄いキャラである江ノ島盾子が実は「超高校級の絶望でした」とやられても、なんだよ絶望って???となってしまう。
こいつ最強でーすとやられても、こいつは魔王ですとかやられても、意味はない。
どういう風に最強なのか、それを分かり易く描写するこれが大事なのだ。

メリットの超高校級を使ったのにそれが活きていないのが江ノ島盾子である。
この超高校級の力をどれだけ活かせたかがキャラ立ち、すなわち面白さにつながるのではないか、俺はそう思っている。

中途半端なチート使い
記憶を操作できる力、沢山は使えないとはいえ物語の最初、ゲームの最初に記憶を操作できるならやりたい放題なのだ。
ここまで来るなら、全員の才能を忘れさせてゲームを始めるくらいで良かったと思う。
しかも、霧切は才能について、その呼ばれている事を忘れているだけで探偵としても洞察力やそういうのは健在だった。意味ないやん。記憶を操作して時点で公平なルールじゃないのだ。霧切は探偵なんだから、最初から殺しておけばいいだろう。
残念なのは戦刃むくろではなく、江ノ島盾子自身なんだよな。
戦刃むくろ殺しのあの辺も色々酷いし。犯人じゃないのに犯人ですは訳わかんないし、負けだろう。

正直な所、江ノ島盾子に全てのしわよせをして物語がそれっぽくなっているのは上手いと思う。
細々な変な点はあるものの良く出来ていると思います。十神の第二話、不二咲殺しの偽装以外はある程度の納得はできるからだ。

コメント

dend
No.1 (2019/11/06 13:31)
ニコニコ大百科の「ダンガンロンパ」の記事と「江ノ島盾子」の記事と「不二咲千尋」の記事と
「舞園さやか」の記事と「苗木誠」の記事で説明したんですが
あのツウシンボ実は江ノ島盾子が作ったものじゃないんです
あれ実は苗木が作ったものなんです、そしてV3にもツウシンボが登場した事から
V3の黒幕は白銀つむぎじゃない事もわかるんです
これが何を意味するかわかりますか?
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事