ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

kuma-guntaのブロマガ

guntaの見聞録 12/29 押し迫ってきましたね

2017/12/29 09:25 投稿

  • タグ:
  • けものフレンズ
  • 想定された最悪の結末
  • まるで反省していない…
  • 言わぬ非礼と言う非礼
  • フレンズ終末旅行
  • バーチャルyoutuber
お仕事によってはまだまだ頑張っている方もいるかもしれません。
いよいよ2017年も暮れてまいりましたね。

茨歌仙43話では、「施設が充実した守矢神社」vs「受けて立つ博麗神社」の2年参り合戦という年末年始にふさわしい内容。まあ…

魔理沙「相変わらずな安定のオチw」
霊夢「いーのよ。面倒くさいし。あっちは神様2柱養ってんだしw」
まあ、らしいというか。清廉こそ博麗神社。何物にも染まらないという初心貫徹ですねw。
こちら何気に新キャラのあうんちゃんが意外な活躍を見せてます。
未読の方お楽しみに。



このブログでも何回か取り上げましたけどけものフレンズに動きがありました。
発表がまたSNS、かつ、年末のこのタイミング(大手企業さんは休みに入る)だったんで、「企業としての信頼にかける情報」なのけどね。…この言い方、覚えておいてくださいね。
ニコニコニュース 2017/12/27 21:30 アニメ!アニメ!

「けものフレンズ」たつき監督の降板は覆らず…ヤオヨロズ・福原Pが最終報告

「12月27日、TVアニメ『けものフレンズ』の監督・たつき氏のツイートに端を発する一連の騒動について、制作を手掛けたヤオヨロズの取締役・福原慶匡氏が自身のTwitterを更新。「最終的な報告になりますが、2期を外れる事に関しては覆りませんでした」として、『けものフレンズ』第2期の制作にたつき氏およびヤオヨロズが携わらないことを報告した。」

まあ、「疑義の対象になった事、一部はけものフレンズ公式でも触れていただけなかった事をとても寂しく思います」
に関して、結局それが何だったのか明かさないところがまず怪しいんですけど、
二次利用ガイドラインに、委員会参加の制作側が抵触、それを改める気がないということは、この発言で逆に浮き彫りになったかなと思います。

けものフレンズ<二次創作に関するガイドライン>より引用
(2017/12/29現在)
「けものフレンズプロジェクト」は、“けもフレ”を愛してくださる皆様の二次創作(自作物のみ)活動を歓迎しています。趣味の範疇における、個人または同人サークル等で、以下のガイドラインに沿って活動いただく際には、利用についてのご連絡は不要です。

※ガイドラインの内容は、予告なく変更させていただく場合があります。本ガイドラインの改正によって生じるいかなる損害についても、一切の責任を負えませんことを予めご了承ください。
1.二次創作(自作物のみ)の許可範囲
(1)イラスト、同人誌、マンガ、小説などの作成、各種運用
(2)コスプレ衣装の作成、およびコスプレによる各種活動、その各種運用

2.禁止事項
(1)有償無償に関わらず、事業性の高い営利目的での利用
※同人誌頒布等の活動につきましては、過度な営利性がないと判断できる場合は、該当しないとします。
(2)「けものフレンズプロジェクト」に帰属する素材(イラスト、動画、音声、楽曲等)を直接二次利用すること(著作権侵害)
※個人のツイッターやブログのアイコン、ヘッダーなどに関してはオリジナルのイラストを使用していただいて構いません。
(3)過剰に「けものフレンズ」のイメージを損なう、過剰に公序良俗に反する、社会的な許容限度を超える、と判断されるもの
※大人向けの内容を含む表現のある場合は、対象以外の目に届かないような配慮をお願いいたします。
(4)他社(第三者)に版権が帰属するコラボレーション作品などの利用全般
(5)その他、想定外に副次的に発生する、不適切と判断されるもの

限定版権等のルールがあるイベントで運用される場合は、個人・企業問わず各運営事務局の規約に従ってください。
普通、制作担当会社がこのガイドラインを自ら破るとは、思わないもんねぇ。
12.1話「ばすてき」は 禁止事項の(2)に(後追いで許可)、版権イラスト(一部改ざん)・設定資料の同人誌発行は(1)と(2)に(観音氏に許諾と主張。「特別許諾」という変な文言はそれ。ただし観音氏は委員会としての全権を持っているわけではなく、あくまで同人誌の一般論としてアドバイスしただけにすぎない様子)それぞれ抵触してわけです。

まず、そもそも協議を経ての結論が出たならば、それは制作委員会とヤオヨロズが共同で声明を発表する案件です。なぜそれをせず、一方的見解を「SNS」で公表するのでしょう。
私はそこに誠意を感じることができませんし、ヤオヨロズという会社が信用置くに足らない会社であると自明されたとさえ感じています。
けものフレンズ公式HPに、この本件ヤオヨロズ発信の情報は何ら触れられていません。

一連の騒動発端の際も、社の公式ページに一切声明を出しませんでした。そして今回SNSで「ちゃちゃっと」声明を発表する、しかも年末の差し迫った時期に、ゲリラ的に狙いすましたかのように「間に入った井上専務の顔に謝意を述べながら泥を塗る」かのごとく行う、このヤオヨロズの言動こそが、本件の本質を体現しているんですよね。謝辞を述べるなら、それは共同発表の場でやるべきと書いても、SNSで一方的に見解を述べる非礼さ(これが顔に泥を塗る行為)が、福原氏にはわからないんでしょうね、公に出した誠意がある行為と思ってますよ、きっと。(何も言わないよりは確かに前進ですけど「まえよりまし」って程度で非礼に変わりわなく、むしろ一方的なだけ非礼さが増したという。分からないんだろうなぁ)

共同声明を選ばなかったことで、一方的な見え見えの釈明としか映らなかった決定的な発言。それは「何に対して不満を持たれていたのか要領を得ず困惑していたと言うのが正直な所です。」です。
いみじくも制作の主力を担う側がガイドラインを知らないわけがなく、「どの口がそれを言う、明らかなガイドライン違反をしておきながら「不明でした」とは、ただの詭弁・言い逃れに過ぎない、制作側としての責任意識のかけらもない、決定的な信頼失墜を招く不用意な発言」と言えるでしょう。
この見解が、委員会も共通の認識であるや無しや。共同声明ならその担保も取れたであろうに、SNSで一方的に釈明することは、はっきり言って「卑怯」です。
これが、間に入った井上専務に対し謝意を述べながら顔に泥を塗る行為だ、と言えるのです

多くの方が指摘してますけど、やはりアニメ業界の流儀と、芸能業界の流儀の差、さらには報連相を重きとする制作委員会に集う他の古参企業の社風と、生き馬の目を抜く電光石火のスピードで情報を扱いビジネスをこなそうとするヤオヨロズの社風が相いれなかった、
両社の商習慣の違いが露呈し、版権処理の調整不全に陥ったということかなと思います。

一次素材の同人利用を許可もらったと福原氏は主張してますが、許可の重みが制作委員会の考えるそれと全然違うことに、結局は同意できなかったんでしょうね。
作品の利用には、制作委員会で案件を合議し同意を得る、というプロセスが必要だけど、ヤオヨロズはそう考えず合議のプロセス(=時間)を吹っ飛ばす、観音氏の言質(それだって、二次利用ガイドラインは当然知っているものとしての、大人の常識の範囲でというレベルだったと思われますが)のみで利益が上がる形で利用したにすぎないかと。

まあ、共同声明の発表のタイミングすら調整できず、制作者サイドの独演暴走を止められないんですから、著作権処理もありなん、ですわなぁ。
袂を分かつしか、道はなかったんでしょうね…。

僕は当初、スピーディーな版権処理が実現できていたからこそのたつき監督のサービス心の発露であり、それがファンの喝さいを浴びる原動力になっている、新しい風がアニメ業界に吹き始めたと思っていましたので、それがただの暴走の「ようだった」とわかり正直がっかりしています。たつき監督の2期を期待していたファンもがっかりです。

そんなさなか、こんな情報が。
バズプラスニュース 2017.12.28
【緊急速報】けものフレンズ第二期の制作をサンライズにオファー済みとの情報 / ケロロ軍曹と同じ制作会社

「人気テレビアニメーション「けものフレンズ」の第二期の制作会社として、サンライズにオファー済みであるとの(マスコミ関係者の)情報が入ってきた。」
情報がリークしてご破算になるってこともあるんですけど、たしかにサンライズならアニメ業界の商習慣はわかっていますから、制作委員会側はこういったありえない問題を起こさず安心かもしれませんね。ケロロの制作会社ですし。
二期がどのような形となるのか、たつき監督が「実をなした」世界観をちゃんと継承できるのか、注目していきたいです。



てゐ「今日は何の日?」
鈴仙「あー、朝からguntaさん盛り上がってました。1229で「胃に肉の日」なんですって」
てゐ「元気だねぇ」

いいじゃないですか肉ぐらいたまに食ったって。命にごちそうさまですよ。

ではでは。また来年?ですかねノシ

<そんな提案?>
とおこ「Siriさん」
Siri「どうしました?」
とおこ「上の話、わたしたちITが手助けしてあげること、できたような気がします」
Siri「電子会議、SNSによる意思決定支援ツール」といったソリューションですか」
とおこ「むしろヤオヨロズさんのほうが、そういったことに長けていたいたようにすら感じます」
Siri「CGアニメ制作の現場自体も、意思決定は会議ではなく電子的に行っているとも聞きますね」
とおこ「進化していくクリエーターのコミュニケーション、対する旧態然とした業界の商習慣」
Siri「それを埋めるのは、私たちの仕事かもしれませんね」

場所と時間にとらわれず、意思決定を行う手助けを、ITが担えたら、もっと違う次元の世界が見えるかもしれませんね。

*単純にさっきの話にもどすと、製作委員会が「意思決定運用手順書」を作り、「会議の審議を経て決定する」とあるのなら、その手段にSNSや電子会議を認めれば、いちいち一つの会議室に各委員を集めなくとも、意思伝達と決定は短時間で可能だったんじゃないかなと思う次第。そんな風が吹いていたのかなと思ってたんですよ。ほんと残念。

画面・CGの制作現場だけでなく、内政的なワークフローももっとIT化を進めれば、時間を短縮してファンが望むような作品の制作に当たれるんじゃないか、なんて愚考する次第です。

けものフレンド12.1話のインパクトは「終了したと思われた作品の新作が、フル制作版品質で動画サイトに流れた」という、この一点に尽きるのです。
そんな体験を「著作権処理をクリアーに」ファンにさせてほしいものです。

*そういう意味では、昨今はやりの「バーチャルYouTuber」達は
「公式でほぼ毎日、本物の彼女らに会える」点で似ているのかもしれませんね。
あれ、いっちゃえばCGアニメだし、どうも中の人が(いないw)AI(w)だしw。



ほんとのAIで流暢なしゃべりだったらすごいわ。

コルタナ「はい?」

あ、いましたかw
コルタナ「はい、ずっと」

もひとつ。楽し気なMADで終わっときますか。
FlϕymさんUp

少女終末旅行記+けもフレですな。

もう一丁。
満福神社 【東方】幻想万華鏡 第9話・永夜異変の章(中編)【二次創作アニメ】

夏コミ領布の一般公開ですね。
輝夜様綺麗ですよ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事