kuma-guntaのブロマガ

guntaの見聞録 2/20 キミは物語を紡ぐフレンズなんだね♪ あ~殲滅したい!

2017/02/20 20:39 投稿

  • タグ:
  • けものフレンズ
  • 小林さんちのメイドラゴン
  • 幻想入り
  • 現代入り

ねたー。書きたいネタ。

この2017年冬期アニメ。
いろいろ注目されていた話題作の中にあって、今となっては「注目キーワード」となりました「けものフレンズ」。


そして、京都アニメーション安定の作画でほのぼのと「殲滅」中の「小林さんちのメイドラゴン」。


霊夢「で、なんでそこに私を引っ張り出すのよ」

異世界ものは今も人気ですが、この二作は、私がやってました東方二次創作の「幻想入り」と、「現代入り」に相当するのかな、と思った次第でして。

 ニコニコ大百科(仮)幻想入りシリーズ」 が「けものフレンズ」。
 ニコニコ大百科(仮)「現代入りシリーズ」 が「小林さんちのメイドラゴン」。

図式としては、
「けものフレンズ」
 幻想郷 = ジャパリパーク
 外来人 = かばんちゃん (女の子っぽいけど自称は「僕」)
 幻想郷の人々 = フレンズたち
 
魔理沙「さしずめ霊夢はあらいさんか?」
霊夢「うーん。そうなるかなー。サーバルちゃん程、私はお人よしじゃないわね」
魔理沙「みんなもふもふ尻尾でかわいらしいぜ」
藍「うちの橙に比べたら。ふ」
お燐「まあ、幻想郷にも獣人系はいるわねぇ」
てゐ、鈴仙「(わたしわたし)」(必死にアピール)

一見、児童向けアニメのようでいて、その世界はどことなく退廃的な雰囲気もあり、なにより動物がみな「美少女化」した世界(しかも元が雄か雌かは関係なし)。多層世界の「デストピア」の片鱗ものぞかせています。(本作ではどっちかっていうと「ポストアポカリプス(終末の後)」といったほうがより正確みたいですが)そんなところも、幻想郷に近しいかな。「ざわざわ森のがんこちゃん」とかw
かばんちゃんの帽子は、アプリで登場する「パークガイド」の帽子であり、羽は左右に二枚ついていて、その一枚をあらいさんがもっていて、パークの危機を救うべく追っかけているわけですが…。なんか、単に「パークの仕事に戻れ」ってレベルの話だったり…するのかなぁ。
まあ、「たーのしー」って番組を見るのがよいのでしょうね。
一説にはキャバクラと称する向きもありますが、あっちは商売でヨイショしてるんであって、
こちらは友達としてほめている、という決定的な違いがあるかなと。

7話は謎がかなり明かされるようですね。さてさて予想はあたるかなーw

もう一つの図式
「小林さんちのメイドラゴン」 
 小林さんの住む街 = 幻想郷の外の世界 
 小林さん = 外来人。現代入りした幻想郷の住人の保護者
 トールたちドラゴン = 現代入りした幻想郷の住人
 
霊夢「滝谷 真さんは?」
魔理沙「外来人だよなぁ。でもなんか立ち位置は香林だなぁ」
霊夢「変わった、人よね」
CV:中村悠一さんってところがすでにオチですし。

こちらも、あえて「ゆりゆり」した感じの展開で、日常を、まるで あらゐけいいち先生の「日常」(主要スタッフは違うんですが、同じ京アニ作品ではありますね。とても雰囲気が似ているように感じます)のように展開していきます。普通だと外来人側が男性だったりしますが。
小林さんは女性ですもんね…といってもナイスガイですなぁ。CV:田村少年(田村睦心さん。ソーニャちゃん)ですし。だからトールは本気で惚れちゃったんだし。

ドラゴンたちに特に野望があるわけでなし?(トールは恋愛成就かw)よくある現代入りにみられる展開を見せていますが(コミケにも行きますか。もはや深夜アニメはお決まりですよね)、はたしてどうなりますやら。

咲夜「トールさんはメイドとしてよくやっているとは思います。さすがに自分のしっぽを主人に食べさせるというのは…」
レミリア「「この世界(稚作「幻想悲恋歌2」)」では、おいしくいただいたわよ。咲夜の腕を」
咲夜「(汗)それはここだけの話。一般的な解釈ではありませんから(汗)」

美鈴「私は別に竜の化身ではないですけど」
フラン「帽子に「竜」。Dだよね、ドラゴンのD」
美鈴「妹様、いけませんそのネタは汗」
パチェ「ふっ。たのしそーね」
こあ「(おろおろ)」



そんな感じで、よくあるネタをどう料理するか、その料理の仕方でまだまだ世界は新しいものを見せてくれるようですね。ただの消費材ではなく、楽しんでいきたいですね。

ではでは。













コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事