kuma-guntaのブロマガ

guntaの見聞録 1/7 しんしゅん しゃんそん しょー

2017/01/07 11:32 投稿

  • タグ:
  • 君の名は。
  • 幻想悲恋歌
  • KabyLake
  • Intel第七世代CPU
はいどうも。
おかげさまで、「幻想悲恋歌」もここにきて、読んでいただくペースもちょっとずつ上がってきていたり。感謝感謝です。
といっても、東方系SSで何か新しいことできるのかなと思ったり。どうにも身辺あわただしく。

帰省中、遅ればせながら観に行きました。「君の名は。」
夏からのロングラン。とはいえ結構劇場は混んでまして、それこそいろんな年代・客層の方で賑わっていました。冬休みなので小学生くらいのお子さん連れ、中高生のグループも多かったかな。

すでに世間にはいろんな論評、中には妬み嫉みすら感じる「プロ批評家」の意見や、監督の人となりまで詮索するような不躾な論調も出てきたりで、「このブームに乗っかって一つ自分も浮揚させてもらおうか」って魂胆見え見えのものまで出てきてまして、なんだかなぁとも思いますが。(そういう自分も、話題に乗っかってますから同じ穴の狢ですねw)

自分には「純情可憐なおとぎ話」に、映りました。藤子(F)不二雄先生のいう「SF(少しふしぎ)な世界」と同系のお話といえましょう。
いえ、だから「ありきたり」と言いたいのではなくて「不変の物語、一服の清涼剤」なのかなぁって。いいじゃないですか、いろんな作品がある中、こういうかわいらしい物語もあっても。
アニメも最近「かわいい外見を装った、残忍な描写を伴う作品」が多かったですから。
言ってみれば「まどか☆マギカ」の後追い、雨後の筍であったわけで。「魔法少女なんてもういいですから」ですよ、ほんと。
そういったものに食通気味のところに、実に良いタイミングで毛色の違う作品を公開できたのはタイミングの妙もあったかなと。そんな強運を、監督はお持ちなのでしょうね。

だから「売れる要素を突っ込めばヒットは当たり前」なんて事を、評論家や同業者がいってるのは、ただの妬み嫉みでしかないんですよね。その気持ちを持つな、とは言わないです。負けん気にあふれ、自身の作品への情熱へと転換できれば、そして実際に良い作品が生み出される糧となるならそれもよし、です。

時の運だけは、誰にも分らない。タイミングを計って力を蓄えていても、ずばりのタイミングで公開できる機会を得ることは、それこそ興行の博打たる所以ですから。

今度は「これからはアニメ映画だ!」とばかりに、7本程度は長編作品が作られようとしているとか。似たような作品がまた雨後の筍のごとく量産される、いつもの展開になるのでしょうね。現場の薄給アニメーターさんはほんと大変です。



霊夢「なにこのイラスト」
魔理沙「おう、挨拶忘れてるぜ」
霊夢「まだ1/7は松の内?(姿勢正して)あけましておめでとうございます」
魔理沙「よろしくだぜ。SSは…知らねーけど」

霊夢「イラストの話に戻るけど、タイミングってのもあるわよねぇ」
魔理沙「いただいてそのセリフは失礼だぜ。12/24のブログにのせればいいじゃねーか」
というわけで、イラストいただきました。どうもありがとうございます。
12/24のブログに貼っておきました。

こっちには、そのイラスト関連で、新春よろしくこちらでも。ちよちゃんのお父さんでw。





1/7の今日は何の日?
(参考元 :富山いづみさま今日は何の日~毎日が記念日~

鈴仙「「七種(ななくさ)」です。春の七草を入れた七草粥を食べ、一年の健康を祈念します」
てゐ「五節句のひとつ「七日正月」って言って、「人の日」ともいうよ。(メモ)「正月の1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を人の日として、犯罪者に対する刑罰は行われないことにした」んだってさ」
鈴仙「(メモ)「7種類の野菜を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七草粥となった。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した」ってことなんですね」

鈴仙「なんとなく、てゐが七草をはみはみ食べてる姿が思い浮かぶんだけど」
てゐ「とうぜん好きだよ、草だもん」



とおこ「えっと。私自身は特になにもなかったんですよね。バージョンも上がっていませんし」


信頼性モニタもこんな感じ。ちょっとエラー出ているのはRunTimeBrokerっていうプログラムの停止で、そう問題となることではないようで。
帰省先のPCも、特に何も問題はなかったし。


とおこ「Intel第七世代CPU「Kaby Lake(ケイビィレイク)」が1/6に解禁された、ってニュースが有りました」
ニコニコニュース 2017/1/6(金)14:01 ASCII.jp

1月7日に秋葉原で開催する「Kaby Lake」発売イベントにジサトラが参戦!

立ち位置としては、「Skylake(スカイレイク)のアップグレード版」という感じで、
クロックUPのほか、GPU機能の強化も図られています。
詳しくはこちらも参考に。
ITmedia 2017年01月05日 09時30分 更新

Kaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサーを理解する

この3月には、Windows10もRS2にアップグレードするそうですので、このタイミングでPCの更新をかけるのもよいかもしれませんね。

とおこ「ハードウエア、更新されるんですか?」
いや、さすがにお金がないわw

てなところで。またいずれ。






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事