kuma-guntaのブロマガ

guntaの見聞録 11/6 シャイなガイらすけね(いみわからん)

2016/11/06 19:49 投稿

  • タグ:
  • 幻想悲恋歌2
  • てゐ字路
  • 種火
はいどうも。のguntaです。
いまさら。これ「がんた」てよむんだろーか。「ぐんた」と読んでほしいようですが。
きどおーせんしー ぐんだむー、ぐ・ん・だむ♪

「幻想悲恋歌2 -邂逅、その果てに-」無事、完結でございます。

 「
上海アリス幻楽団/東方Project」様の、二次創作作品へのご理解に感謝申し上げます。
 ここから派生した二次創作作品群へのリスペクトを本作は込めております。
 独自解釈多用にもかかわらず応援いただきました皆様に、感謝申し上げます。

 

なんでまた東方の二次創作作品をやろうと思ったんだっけかなぁ。
ええ、二本目のこのSS執筆の直接のきっかけは、このブログにも書いてます。

一本目の動画は最初の出向地、今作は二か所目の出向地、現在は帰任で単身赴任中。
そういう自分のおかれた心境を、作品に昇華しておきたかったんでしょうね。
いろいろのっぴきならない理由で「ここにいます」ってことで。

んじゃなんで「東方」なのか。
「来るものを拒まない、外の世界で忘れ去られたものが行き着く世界」っていうのに、なんとなく惹かれたから、でしょうか。
まあ、動画もSSも、東方に関してはすっかり落ち着いた状況で、それこそ10年くらい前のピーク時と比べたら「すっかり埋没できる」ってことも、逆によかったのかな、と思います。
「閲覧数ならミジンコ」とはいえ、ほんと、お付き合いいただいた方には感謝です。



何の気なしに、Pixivさまの「小説投稿サイト」を利用しました。二次SSでよく使われている、という話は聞いていたからです。
ですがどうも「幻想」とか「悲恋歌」をタイトルに持つSS様がありまして。よくあるといえばよくあるんで、気にしすぎてもいけなんでしょうが、(検索すればすぐ見つかります)その皆様には申し訳なかったかなーと思っていたり。
ちょうど一年前にはやりましたキーワードの、二次創作作品のご様子で、閲覧数はそちらのほうが圧倒的に上なんですけど、ね。

最近気が付いたんですが、Pixivさまの「小説投稿サイト」は、投稿作品が一次創作作品か、二次創作作品かを区別するようになりました。なんか僕のはちゃんと二次創作ってことになっているみたいです(みたいです、というのは、最終話投稿するとき、そんな設定入れた覚えがないからです。キャプションには、ずっと入れてましたけど)
Pixivさまも「Pixiv文芸」ってサイト立ち上げたことと関係がるのかな?なんて。こちらは完全一次創作作品のみ対象なんですよ。



今後ですが
・一作目動画のシナリオでも上げましょう。
・それは二作目と合わせ、何章かに分けてのUPとなりましょうか。

まあ、いくら要約は有ったとしても、一作目の内容、なかなか中身は伝わりきらないかなと思ったり。

霊夢「黒歴史を掘り起こすなー///」
魔理沙「いいだろ、これもサービスだぜ」
華扇「私は今回出番なかったの!変換ですら一発で出ないくらいに忘れられてるのに…」
霊夢「怒ってる怒ってる」

そんなこと言ったら、旧地獄の面々とか新作の子たちとかどうなるのよ(汗



てゐ「てい字路」
鈴仙「はい?てゐのかっこな字の道?」

この話かな?
ニコニコニュース 2016/11/4(金)19:04 ねとらぼ

「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出


番組側出演者・製作スタッフの内輪が知らない言葉について、ここぞばかりに「ネタ」としてあげつらい、テロップまで駆使して馬鹿にした(ようにとれる)んだけど、結局はその言葉を知らない自分たちの無教養さをさらけ出し、壮大なブーメランが返ってきた、というお話。
収録素材のダメネタを発した出演者のフォローを、スタッフがしないでどうするんだと、二重に罪が重いのです。(まあ、番組プロデューサーですね、一番責任が重いのは)

ノリが完全に友達で内内に語られる「あいつおっさんだよなー、ティとていの発音もちゃんとできないのかよ」って蔑みに取られても仕方ないです。「Tシャツ」と「テーシャツ」みたいなもんですね、きっと。
ただ今回の場合は「確かに年配の方が多用する言葉ではあるが、間違いではない」ですからね。

でもヒルナンデスを見ている視聴者って、出演者より年配の方が多いのでは?そういう数字はむしろスタッフが持ってるんじゃ?年配を馬鹿にしたような物言いもどうでしょう?
それも含めて、民放とはいえ放送局は言葉のプロ。芸能人はともかく、製作スタッフサイドにその知識がない、というのは製作部門が「バラエティ」だろうが「報道」だろうが、一時受けだろうが二次受けだろうが関係ない、深刻な事態です。
そういう言葉を知らないスタッフが番組作っているのが現実、そういう時代なのかなぁ、笑いのツボにフォロー入れる時間もないくらい番組制作現場は過重労働なのかなぁ、と思ったりもしますね。BPO審議入りが怖くて現場か委縮している、なんて話も聞きますし。

あと、番組で問題発言した側は無自覚だったのかもしれませんが、そうならばなおのこと事態は深刻です。やっぱり「迎合主義」というか「差別主義的」なものも感じます。
自分たちと違う感性を相いれない差別主義。その中にいないと、差別される側になり、命まで絶たなければならない。そんな社会。それは「村社会」の延長なのか、はたまた…。
あの「事件」にも通じる、根は深い問題なのかも、しれませんね。

本当に「人の多様性を認めている社会なのか」と思います。
いや、不寛容、保護主義、排他主義が台頭してきている社会でしょう。残念ながら。

批判するだけでなく、提案も。
収録の素材で「丁字路」が笑いのポイントとなる言葉だと思ったのなら、ちゃんと調べて、例えば「丁字路もT字路も、どちらも正しいですヨ」って感じでテロップ入れて、変に冷たい感じの笑いから、温かみのある笑いに昇華できたかなと、思います。
視聴者も、番組に協力いただいた方も、そこから出演者や番組に対し親近感を持ち、それが人気=高視聴率へのきっかけになる、そう考えて改めていくのがよいのではないでしょうか。


まあ、そんなことも自身の作品にこめたかった、という感じでしょうか。
まとまりませんが、こんなところで。

てゐ「じゃ、またね♪」
霊夢「ふーんだ」


追伸)芸術が、子供を…。うーん。ただただ悲しい。両者にとって。
ニコニコニュース 2016/11/6(日)18:30 時事通信社

神宮外苑で火災、男児死亡=イベントで、2人けが―東京・新宿
木製のジャングルジムで、カンナの削りくず状のものが落ち葉のように入れらて、二重のトンネルで遊べる、みたいなコンセプトアートだったようです。
出火原因は詳細の発表を待ちたいところですが、作品はライティングされており、その熱が削りくず状のオブジェに引火し出火したようですね…。
そのとき、ジャングルジム内に子供が取り残されていたと。

続報) 
NSMデジタル 朝日新聞デジタル 2016年11月6日20時19分

神宮外苑の催しで展示物燃える 5歳男児死亡、2人負傷

「子どもたちが遊べるように展示物が開放されていた。男児は焼けたジャングルジムで遊んでいたとみられる。同署の説明では、ジャングルジムの下には、アートとしておがくずが敷かれ、ライトでジャングルジムが照らされていた。このおがくずから出火した可能性がある。」

まあ、後からなら何でも言えるんですが、この遊具の構造、というか中におがくずなり削りくずなり入れて風通しがいいっていう構造は、「たき火の火口(ほくち)、種火」と全く同じですからね、そりゃ引火物があればとてもよく燃えますよ。冬は空気も乾燥してますし。ええ。
そういうことにこのオブジェの関係者設計者(11/7追記 設計とは別に、あとから白熱電球を設置した模様)は頭が廻らなかったのは、「リアルでたき火をしたことがない、あってもそこに思いが廻る設計的センスがない」ってことなんでしょうか。
責めても、亡くなった子の命は戻りませんが。

追記)本作は「日本工業大学 工学部建築学科」制作の作品…。
学生の作品かもしれないけど、「建築を極めんとする建築のプロの卵たちのやらかしたこと」だとすると、自らの、そして大学の存在意義を問われかねない事態です、これ。
若者の失態というには、あまりにも重い代償です。
今後の推移を見守りたいですね。

2016/11/06 続報)もはやこの話題だけで投稿したほうがよさそうですね。
NSMデジタル 朝日新聞デジタル 2016年11月7日14時21分

「責任はすべて大学にある」 神宮外苑の火災受け学長

「出火当時、もともと作品の一部としてついていたLED電球とは別に、作品内部で投光器を点灯していたことがわかった。作品を作った学生が在学する日本工業大学(埼玉県 宮代町)が7日、記者会見で明らかにした。」
一点だけ。
大学生って、基本「自主独立」を旨として、教授研究を行う「学部生」のことじゃなかったでしたっけ?それって60年代安保とかの頃の話になっちゃうのかな?学生自治会とか、今と当時はかなり意味が違っているようです。

「大学に責任がある」っていう学長の言い方は、監督責任があるという文脈で言ってるんだとは思うんですが、しかしながら、学生の自主独立性なんてはなから想定していない、大学の学び舎としての機能がとっくの昔に変化している、ってことの証左なんでしょうね、結局は。

大学が高校の延長なら「後期中等教育を、さらに延長している場所」ってことになってしまうんですが(汗)(大学が「高等教育を受ける場」、高校生は「生徒」です。)



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事