kuma-guntaのブロマガ

guntaの見聞録 9/24 暑さ寒さも彼岸まで 仏の顔も三度まで

2016/09/24 08:02 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 幻想入り
  • 幻想悲恋歌2
  • まこちゃん
  • NoLPM

すっかり秋めいてまいりまして。
あんなに暑かったのに、やっぱり彼岸の入りを迎えると、もう肌寒くなりますね。
待ちはもう気が早くハロウィンのオレンジと黒のデコレーションが目立ってきました。

さてさて、なんか新旧交代ってニュースが飛び込んでますね。
ニコニコニュース

『こち亀』最終巻特装版が有終の美 “100巻超えコミック”最高位獲得
(初出 2016/9/22(木)4:00 オリコン

『君の名は。』興行収入100億円を突破、アニメ映画の歴代興収ランキングTOP5入りも間近
(初出 2016/9/23(金)18:45 ウレぴあ総研
どちらもある意味、僕らの世代の大ニュースではあるんですが、どうにも僕には「はあ?」という感じで、ただのひねくれものですw

新海誠さんというと、真っ先にこれが浮かびます。


2002年の作品ですか、これ。14年前ですなぁ。
その時のPC版は18禁ゲームですんで、詳細・リンクは省きますが、内容は泣きゲー系で濃かったと記憶しています。いろんなハード、そして一般向けのTVアニメやOVAの展開もあったようです。
ヒロイン「鳴風みなも」ちゃんの問い詰めが、当時話題になっておりました。
これもある意味異世界ものですねぇ。

*本作において、新海さんはPC版のOPとEDを担当されており、本編のシナリオは別の方です。監督作品ではありませんので念のため。
・脚本は向井正哉さん、古我望さん、木村方哉さん(家庭用のみ)とのことだそうで


魔理沙「(guntaの書いた感想を読む)「二人に共通して言えるのは「受け手のニーズに合わせたネタを盛り込み、万人受け・そしてこだわりの作品にしようとしそれに成功したこと。そのことが末永く愛され、また多くの方に興味を持ってもらえる作品を世に生み出した、といえるのだと思います」だってよ」
霊夢「こういうの「小並感」っていうんでしょ?」
魔理沙「らしいなw」

魔理沙「前にも言ったけど、数字取れないやつが何言ったって、説得力はないぜ」
霊夢「容赦ないわねー」



稚作SSは 第34話 公開しました。
幻想悲恋歌2 邂逅、その果てに 第34話(一般)

*投稿一覧はこちら 幻想悲恋歌2 邂逅、その果てに

独自解釈てんこ盛りなんで、話が佳境に入ってくると、登場人物も、独自色が強くなってきますわね。まさかの紅魔館、永遠亭押しになってきてますし。

わざわざ「18禁だ」って毎回作品情報に入れてるんだから、読者の期待に応えろと、ねぇ。作者の覚悟が足らんのだよなぁ。と自己分析。アホだね。


9/24の今日は何の日?
(参考元 :富山いづみさま今日は何の日~毎日が記念日~
てゐ「9/22は冒頭のとおり秋分の日」
鈴仙「9/24は「みどりの窓口の日」です。(メモ読む)1965年当時の国鉄が、コンピュータを使った指定席販売窓口を設けたのがこの日です」
てゐ「(メモ読む)「「みどりの窓口」はJR東日本の商標。JR東海は「JR全線きっぷ売り場」と呼んでいる」ふーん。同じことやってるのに名前が違うなんてややこしいね」
鈴仙「電車は乗らないもんね私達」
てゐ「どっかの妖怪はスペカで繰り出してくるけどな」

鈴仙「9/24は他には、畳の日、清掃の日、歯科技工士記念日、なんてのもあるみたいね」
てゐ「なんか鈴仙に微妙に引っ掛かる内容なんだね。特に清掃の日とか」
鈴仙「畳敷の永遠亭に住んで、毎日お掃除し、師匠の助手やってますけど、それはいくら何でも無理やりすぎでしょう」
てゐ「鈴仙が歯の治療やると、治療というより、拷問になりそう」
鈴仙「想像したら怖くなってきちゃった」
てゐ「師匠にやられるんだよ、鈴仙が」
鈴仙「え。」


なんかやらかしてるマイクロソフト
霊夢「まって、何このタイトル。それにこの手の話は霖之助さんがやるんじゃなかったの?」
魔理沙「まーまー、やさしい霊夢さん。読んでもらえばいいだけだから」
霊夢「もう。読むわよ(guntaの書いたメモ)「9月の月例アップデートにおいて、一部環境でアップデートが上手くいかないなどの不具合が生じていたが、これの修正版が配信されています。問題なく月例アップデーデートができている場合は、WindowsUpDate自体が来ないので、余計な手間がかからないそうです」って、なんなのよ」
窓の杜  樽井 秀人さま  初出:2016年9月23日 15:14

Microsoft、インストール時に問題が発生していた月例更新プログラムの代替版を配布

それはそうと、
魔理沙「トラブルに遭ってる皆んな、強く生きるんだぜ」
霊夢「がんばって」

もちょっと追記)
魔理沙「まあ、コツコツ原因を突き止めていくってのは、魔法の研究に似てるんで私は嫌いじゃないんだが」
霊夢「えー、面倒じゃないのよ。そりゃ、知らないものは出来ないわよ。稽古しないとね」
魔理沙「だろ。んで、これ読めって」

霊夢「前段のフリなら魔理沙が読むんじゃないの?なんでよ。(カンペ読む)…えー「どうやら、RS1適用時に、HDDやSSDの節電機能への対応が上手くいっていない状態で同設定が有効になっている環境下では、HDDやSSDが意図しないタイミングで30秒くらい動かなくなり、結果PC自体が止まったようになるいわゆる「プチフリーズ現象」というのを引き起こすようだ」ぷちフリーズ?」
魔理沙「なんかおいしそうだけどな、続けろよ」

霊夢「(カンペ読む)「これは、10だけでなく昔から散見される問題で、電源オプションの設定よりHDDの電源を切る設定を「0分」として無効としたり、レジストリに明示的にSSDやHDDの「ハードウェアID」を正規表現(デバイスIDの後ろに"*")の値を書き込むことで、意図しない節電機能を停止させることができ、結果不具合を解消できたとする報告が、ネット上で散見される」んだって」
魔理沙「(魔理沙もカンペのぞき込む)「Anniversary Update適用後プチフリーズ問題に頭を悩まされ、かつPC設定のコストを厭わないは、挑戦してみてはいかがでしょう「NoLPM」(「NoXPM」と予測検索されますが、これは自動車の排気ガス関係の略語で本件とは関係ないです)「LPM(節電機能)」といったキーワードでこの情報にたどり着けます。ただしレジストリ操作はそんなに難しいものではないですが、間違うとPCが動かなくなることがあるので、修正は自己責任とはなりますが…か…。嫌いじゃないぜ、こういうノリ」

霊夢「自己責任ねぇ。レジストリとかハードウェアIDとか正規表現とか…、暗号ばっかりね」
魔理沙「知らなきゃ手を出すな、でもやらなきゃ解消の糸口とならない。そういうもんだろ」
霊夢「検索して出てくる先のブログ主の皆さんに、ご迷惑のないよう、お願いしますね」
魔理沙「ネットに情報だしている時点で、情報が共有されることは覚悟されているとはいえ、あくまで非公式だからな」

あくまで例示だそうです。これを見て意味が分からないと、ちょっと厳しいかも。
(間違ってるかもしれない。僕の環境では、赤く囲った記述がなくても動いてはいましたが)

電源オプション

レジストリーキー

操作したレジストリーキー
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\storahci\Parameters\Device
の、右側の名前欄の、“NoLPM”というキーを書き替えています。
"*"は、正規表現「直前の表現が0個以上あること」の意味となるのかな??



魔理沙「そんなところか?」
霊夢「9月26日はコンプエース11月号発売日。そっちは楽しみよね」

霊・魔「それじゃね(な)♪」

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事