kuma-guntaのブロマガ

気まぐれに戻ってきた、guntaの見聞録 5/28

2016/05/28 21:12 投稿

  • タグ:
  • 東方
  • 幻想入り
  • 幻想悲恋歌2
8/19 追記
本文「(Windows7に戻すこと)を、有料で対応してくれるお店もあるようです。 どうしてもわからない場合は、そういう業者に頼んでみるのもよいかもしれませんね。」なんですが、
人の足元を見て阿漕な商売をする業者がいた」ということがありまして、ちょっと考え直さないといけないかなと。IT情弱な方は判断すらできないですからね、これ。

8/20のブログでも触れます。ニュースのリンクだけ。

ニコニコニュース(初出 2016/8/18(木)11:09 ITmedia ニュース
「顧客にそぐわないサービス提供あった」 ネットで批判受けたPCデポ、75歳以上の解約は無償に

お暑うございます。
気が付けばこの週末を明けると週の半ばで6月ですね。
鈴奈庵でも梅雨入り前に梅酒を作ろうかと霊夢が話題にしていたり、そんな季節となりますか。

この週末、御覧になった方も多かったでしょうか。
オバマアメリカ大統領の、被爆地広島への訪問と献花。
両国の理念はー少なくともオバマ氏が抱く核廃絶への思いはー高いように感じました。

隣国は相変わらず日本が加害国であるとの主張を崩しません。それ自体は事実ですし。とはいえそれを主張する自身も清廉潔白といえますかね?
また、何故かこのタイミングで別の隣国の航空機が、人命の影響がなかったもののトラブルが起こりまして、空のダイヤが大きく乱れ、本当は一緒に参列するはずだった議員の方が来られなかったんだそうです。なんでまたこのタイミングなのよ。ほんとに。

これまたいろいろ言われていますが、大統領が抱擁した被爆者のお一人「森重昭」さんは、被爆死したアメリカ兵捕虜の皆さんについて、長年調査し遺族に伝えるという偉業を成されたという人物(しかも自費)。あの抱擁を「アメリカに都合のいい政治的ポーズ」というのは簡単ですが、そういう単純な話ではないだろうと思います。


さてさて自作東方SSです。第17話になります。公開しました。
幻想悲恋歌2 邂逅、その果てに 第17話 (一般)
*投稿一覧はこちら 幻想悲恋歌2 邂逅、その果てに

幽々子「ねえ妖夢」
妖夢「…はい」
幽々子「前の前のブログなんだけど」
妖夢「…はい」
幽々子「今回17話よねぇ」
妖夢「…はい」
幽々子「17話、出てないんだけど。わ・た・し」

幽々子さまごめんなさい、今回の霊夢のエピソードが入ったので
一話出演タイミングずれたんです。妖夢さんは悪くないです。

幽々子「ほんとね?18話なのね」
霊夢「なんか私が悪いみたいじゃない」

そういえば前出の鈴奈庵での霊夢さん。今回だけではないですが、変形巫女服の上、赤いブレザーの下は「袖なしカッターシャツ」のように見えますね。上着として襟とベストが一体、タンクトップやキャミソールが見えている、という解釈もできますが、少なくとも「さらし」ではなさそうです。
基本鈴奈庵での登場人物の服装は、現代化もあり、衣装も多彩でおしゃれに描かれてますんで、いろいろ想像がはかどりますねぇ。(一方で里の人間は和装・マゲなんですよね。)

なんか前回も言いましたが、18話を先行で上げて、これでストックが尽きました。いよいよクライマックスなんですが、大筋は決まっているものの「アレ出そうかな?いやこれ出さないと逆におかしいかな?」と、キャラクターたちが頭の中で喧嘩して、なかなか筆が進みませんw
とりあえず「夜雀ノ御里」の続きを書かないとかな?とは思ってますが、その前にあっちの方も…。

魔理沙「はっきりしない奴だな。「にとり」とかださねーのかよ。次回天狗の里は出すんだろ?」
霊夢「妖怪の山括りになってるのよね。」

にとりは今回の引っ越しで大変お世話に…それは「ニトリ」。ベタだねw。
どこに行ってもありますよね、ニトリ。助かってます。
そうですねぇ、アイデアはあるんですよ。アレ、行っちゃいますかね、アレ。早苗さんも出てきてますし。

早苗「はい?」
にとり「アレ、この作品の世界観には合わないんじゃないかなぁ。ギャグならともかく」
早苗「私達が出ている時点で、あっち方面の方々も出てきそうですけどね」

はたて「なんかあんたの扱いが気に入らない。なんでそんな聖人ぶってんのよ」
文「今はそうした方がいいと思ったからやってるだけですよ、分かってるでしょう?」
はたて「…まあ、ね。でもそれでなんか大変なことになってるし」
椛「納得いかない」
文「椛はそれこそ次登場でしょう?よかったわねー」ナデナデ
椛「まぜっかえすな」(尻尾ブンブン)
はたて「また来週♪」

魔理沙「また取られたぞ」
霊夢「いーわよもう。今回出番多かったし。それじゃね」





*Windows関連ですが、まだ騒動続いているようですね。
こんなニュースが出てますし。

Yahoo!JapanNews(元BBC News 5月25日 13時28分)
ウィンドウズ10更新、マイクロソフトの「汚いトリック」と批判

まあ新しい情報ではないですが、改めておさらいすると
今までだとウインドウを閉じる赤い「X」をクリックしてもアップグレートを拒否で来たんですが、
今は
1)WindowsUPdateを「自動で行う」に設定 
2)更新方法を「奨励」対象は、自動でインストールに設定
この二つの条件で「アップデートを自動的に行うこと」自体を、ユーザーが認めていることに
なります。

これはセキュリティの問題を解決するのに有効な手段であったので、長く奨励された設定だったんですが、OSのメジャーアップグレ―ドとなる「Windows10へのアップグレード」も
「奨励」とし、「自動アップデートの対象」としたので、「X」をクリックしてウインドウを閉じてもアップデートを拒否したことにならない、むしろ「設定どおりの正しい動きをした」という理屈になるんだそうです。

*追記とお詫び そもそもアップデートとアップグレードは意味が違うんだ…った。
 見直すと僕もごっちゃに書いてますね。ごめんなさい。
アップデート 
 ソフトウエアの小規模な不具合の修正や、機能改善を行うこと。
 一般的には修正パッチなどで対応し、ユーザーに金銭的負担はかからない。 

アップグレード
 
 ソフトウエアの大規模な修正や、機能改善を行うこと。
 一般的には、次世代ソフトとして販売され、ユーザーに金銭的負担がかかる。

まあそんなこと言われても、今回の「(意図しない設定で)勝手にWindows10にアップグレード」は一般の方には「何を言ってるのか、何が起こっているのかまったくわからない」状況でしょう。近くにPCの分かる人がいない一般の方は、メーカーや、家電量販店、PC専門販売店のPCレスキューサポートに「ワラをもすがる」思いで、助けを求めているようですね。

Windows10にして(になってしまって)一か月以内なら、「設定」メニューの「更新とセキュリティ」に「回復」というメニューの中に「Windows7に戻す」というようなメニューが出ているので、これをつかって元のWindows7に戻せる、というのがマイクロソフトの当初からの説明です。
これを、有料で対応してくれるお店もあるようです。
どうしてもわからない場合は、そういう業者に頼んでみるのもよいかもしれませんね。

*ただし、完全に元の環境に戻るかどうかはやってみないと分からないですし、戻らない場合もあります。(戻らなくても作業代金はかかる、利用者が作成したデータは保証外がというのが一般的です。)
一か月経ってしまった場合は、元のOSを再インストールするから初めて、別途利用していたプログラムの再インストールをしないといけないので、もっと料金がかかるかと思います。
この場合は、作成したデータはお店ではバックアップできないことが多いので、あきらめないとだめです。

一例に、NECさんの121waer、サポート情報をリンクしておきます。
Windows 10にアップグレードしたパソコンをWindows 7に戻す方法
元に戻せない条件も載ってますんで、参考にしてくださいな。


あと、「この際だから新しい環境(見た目・操作方法)に慣れてしまえ!」と開き直るってのも、シャクかもしれませんが、ありっちゃありかもしれません…よ。


追記その二)
Windows8の時、右下の「スタートボタン」からタイル状の「スタート画面(メトロって言ってた時もありますね。いまはモダンメニューとかタイルメニューっていうのかな?)」に変更になった時も一騒動ありました。

魔理沙「なんだよスタートだのメトロだのモダンだの」
霊夢「モダン焼き美味しいわよ」
魔理沙「喰いたいなー。ビールできゅっと」
これこれ君たち。

今回、Windows10が登場し、7までのスタートボタンからの操作法に戻りました。
なんなんだろうねとも思いますけど、これは新規にインストールしたり、最初から10のPCを買った方の場合です。
で、あまり語られていない話が
「Windows8のスタート画面って、タブレットPC用の操作画面じゃなかったけ?」です。
Windows10では、 

旧来のアイコンが並んだデスクトップ画面の状態を
 「デスクトップモード」 

Windows8のスタート画面、タイル状のメニューが並んだ状態を
 「タブレットモード」

と呼んでいます。
これは任意に設定でき、「設定」から「タブレットモード」メニューを開き、タブレットモードをONにする、タブレット(タッチペン対応デバイス)用の表示になるそうです。
マウス操作の場合でも、「スタート画面」を、電源を入れた時の初期状態にすることができるようです。(少なくとも僕の環境では初期状態になります。もちろんマウスで操作です)
また、このモードは、タスクバー右下、漫画の吹き出しみたいな形の「通知」アイコンを右クリックした際に出る「タブレットモード」を選択しても簡単に切り替えられますので参考まで。

今回のWindows10へのアップグレードで
・Windows8のタブレットPC(画面を指等でタッチして操作するPC)だった方
・Windows8が初めてのPCな方で「スタート画面」に慣れていた方(マウス操作)


この方々は、今回のWindows10へのアップグレードでは、前の操作画面のまま、アップグレードされてるという情報を見聞きしています。(自分では確認できてません、ごめんなさい)
もし、アップグレードに際し「スタート画面じゃない!」っていう場合は、上の設定を試されてみるのが良いかもしれません。

スタート画面状態の8から10にアップグレードした際、どのようになるのか試していないので分かりませんが、僕が8.1でデスクトップモードの状態で10にしたときは、そのまんまデスクトップモードでした。(その際、スタートメニューを復活させるソフトが使えなくなったのがなんともねー)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事