アホの子のブロマガ

子供に対する向き合い方

2013/08/31 20:11 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 子供
  • 教育
  • 家族
  • 繋がり
  • 理解
「子供は黙って親の言うことを聞いていればいい」
「子供のくせに生意気なことを言うな」

子供に対して、こんな事を言う親がいる。
いわゆる「上から目線」だ。

親は「自分の子供だから構わない」と勘違いしているようだが、子供は物じゃない。
一つの人格を備えた「同じ人間」である。

そこで大人の権利を振りかざし、子供の人格否定をするようなやり方は、
結果的に人格が破綻した大人になりかねない。

抑圧された環境で育った子供は、精神に異常をきたす事が多いのだ。

大事なのは、「子供として扱い、されど子供扱いしない」という事。

「子供として扱い、されど子供扱いしない」とはどういうことか?

子供の内は、世の中の常識やルールなど、分からないことが多く、
何が良くて、何が悪いのかという判断が難しい。
正しいことは「正しい」と教え、悪いことは「悪い」と教え、正しい方向へ導いてやる。

これが「子供として扱う」ということだ。


では「子供扱いしない」とは何か?

それは、世の中の常識やルールに対して、

「なぜそのようなルールがあるのか?」
「なぜこれが常識なのか?」

など、子供ならではの質問がきた時、その理由をちゃんと教えてやること。

「子供だから適当に言っておこう」「子供だから言っても分からんだろう」
「ルールはルール」「なぜと言っても、これが常識だから」

なんて言う回答は論外。

これでは子供は考えることを止めてしまう。
自分で物事を判断する事ができなくなってしまうのだ。

考えてみて欲しい。
例えば同じような事を、仕事関係の人に尋ねられた時、

「ルールはルール」「いや、これが常識だから」

なんて答え方はしないはず。

例え子供でも、同じ目線で誠実に向き合うことが大切なのだ。
子供だからと言って、その人格を軽んじてはいけない。

これが「子供扱いしない」ということだと思う。


子供にだって言い分はあるし、自分なりの考えも持っているものだ。
子供は純粋に物事を考える。
親ならちゃんと子供の言う事に耳を傾け、考え、できる限り理解し、
子供の良さを上手に育てて欲しい。

つたない態度でも、真摯に向き合っているなら
貴方の気持ちもきっと子供に伝わると思う。

「自分が子供の頃、どうだったか?」

それを思い出せれば、子供と向き合うのは、そう難しいことじゃないはずだ。

コメント

suzaku
No.1 (2013/09/01 02:34)
う~ん・・・今回の内容はまさしく今自分も悩んでるところではありますね~子供と向き合う、これは簡単なようで実に難しかったりします。自分の子供の時を思い出しても今の状況とはまったく周りの環境も違うし、悩んでたりする内容も違ってたりしますから、もちろんそこで黙ってる訳にはいかず、それなりの自分の経験をもとに子供に対して助言したりしますが、そこには親から聞くという耳を持たない限り何の意味も無さなくなる可能性はあるわけです。今の子供はコミュニケーションを取ることが下手といわれますけど、せめて家族の間でのコミュニケーションだけは取って欲しいと思うのは親のエゴですかね~
アホの子 (著者)
No.2 (2013/09/01 13:50)
>>1
そうですね。
今の子供は、我々が子供の頃と違ってまるっきり環境が違いますからね。
実際にお子さんがいる方しか分からない悩みや苦労があると思います。

今回のブログも、自分が子供の頃を思い出しながら書いたので、
今の子供達には通用しない部分もあるでしょう。

ですが、子供が親に求めるものは永遠に変わらないとも思っています。
カッコつけず、全力で子供に向かっていくことができれば、
理解されずとも”感じて”貰える事はできるのではないでしょうか?

ただし、物心付く前から”それ”をやっている事が前提で、
自我が目覚め、人格が出来上がってからでは遅いかもしれません。
そうなってしまったら、親子間のコミュニケーションも
ままならなくなると思います。

その点スザクさんは、お話を聞く限り心配ないですねw
いい関係が築けていると思いますよ。

これからも今まで通り、全力で子育てに励んで頂ければと思います。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事