かぼちゃ丸のブロマガ

清朝皇帝と野田さん

2014/08/02 20:37 投稿

  • タグ:
  • 歴史
  • 世界史
  • 野田佳彦
  • 清朝
  • オール
ヌルハチと野田さん


「どうも、衆議院議員の野田佳彦です」


「あんた明の文官なの?」


「いえ、私は日本から来ました」


「あら、あんたらまた攻めて来たんだ、懲りないねぇ。まぁ、うちらとしては助かってんだけどさ」

「現在の我が国は、憲法9条がありますので他国へ侵略することはありません」


「へぇ、今はそうなってんの」



ホンタイジと野田さん


「俺の時はトクガワが日本を統治してたらしいけど、今はどうなってんの?」


「徳川幕府は260年続いて、現在の日本は民主主義になっていますよ」


「260年も続いたのか、すごいね。ところでうちらの国は?」


「……清は270年ほど続いたのですが、結局滅んでしまい、現在は主に漢民族が政治を行っています」

「ありゃ、滅んじゃったの。でもトクガワが260年で、うちらが270年なら、うちらのが上だよね」


順治帝と野田さん


「あんた日本から来たんだって?」


「はいそうです。私、衆議院議員の野田佳彦と申します」


「日本ってさ、鄭成功のこと好きな人多いんでしょ?」


「はぁ、まぁ確かに歌舞伎の演目にはなっていたりしますが……」


「勘弁してよね、アイツには俺らもかなり苦労してたんだからさ」



康煕帝と野田さん


「俺の治世で国の人口すごい増えてたけど、今は何人くらいなの?」


「清朝の後の中国という国ですが、大体13億人と言われています」


「そんなにいるのか」


「あまりに増えすぎて政府が人口抑制策をとっています」


「うちらの時代はどこの国も『とりあえず人口増やしとけばなんとかなる』とか思ってたけど、変わったもんだねぇ」


雍正帝と野田さん


「あんた内閣の首長なんだって?」


「はい。元ではありますが、私、内閣総理大臣を勤めさせて頂いたことがあります」

「うちにも内閣あったけどさ、なんかごちゃごちゃしてたし、内閣すっとばして俺の所に直接意見が来るようにしたんだよ」

「そんなことしたら大量の意見書が集まってしまいませんか?」


「うん、毎日寝る暇もなかったよ」



乾隆帝と野田さん


「私は十回の外征を行い、その全てにおいて常に勝利し、無敗だったのだ」


「私どもの国も現在の政治体制になってから、一度も戦争に負けたことがありません」

「ほぉ、やるな」


「なぜならば、日本は戦後、一度も戦争をしていないからです」


「それはそれですごいな」



嘉慶帝と野田さん


「俺の親がさ、かなりの評判良かったからさ、俺もすごいプレッシャーだったんだよ。あんたはどうだった?」

「私は世襲議員でないので、そういうタイプのプレッシャーはありませんでしたね」

「親は何やってたの?」


「父も母も農家の生まれですが、父は自衛官をしておりました」


「へぇ半農半兵なんだ。時代が変わってもそこは一緒だね」


「いえ、そういう訳ではないんですが……」



道光帝と野田さん


「うちの国民がさ、アヘンにはまって今大変なんだよ」


「私どもの国も、今、危険ドラッグが社会問題になっています」


「危険ドラッグ?」


「はい、脱法ハーブのことを日本では危険ドラッグと呼びます」


「その名前って誰が考えたの?」



同治帝と野田さん


「うちの母親って、中国三大悪女とか言われてるらしいけどさ」


「はい」


「確かにあの人は口うるさいけど、人の母親に悪女って酷くない?」


「た、確かにそうですね」



咸豊帝と野田さん


「うちの国って滅んじゃったんだって?」


「申し上げにくいですが、現在は別の国になっております」


「俺の時にはもうボロボロだったし薄々分かってたけどね。やっぱ弟が国を継いだ方が良かったのかもしれんな」

「弟様ですか?」


「アイツにはヨゴレ役ばっか押し付けてたから。今はちょっと反省してる」



光緒帝と野田さん


「日本ってロシアと戦ったあとってどうなったの?」


「日露戦争の後に日本は大陸に進出し、しばらくしてから中国と戦争状態になりました」

「なんだ、またやったんだ。で、どっちが勝ったの?」


「それが、戦争は長引いてしまい、その間にアメリカとイギリスとロシアとも戦争に突入しまして……」

「君の所も結構無茶するね」



宣統帝と野田さん


「僕が最後ですかね?」


「はい」


「昔、日本に行った事がありますけど、今の日本はどうなったんですか?」


「首都東京は全長634mのスカイツリーなどの新名所が出来て、ますます栄えています。2020年にはオリンピックも開催されるんですよ」

「また行ってみたいですね」





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事