ごっつっつ(著者) のコメント

ごっつっつ (著者)
No.5 (2013/10/19 20:22)
私もコメントのシステム的ところに関してはにわか知識しかないため、できる限り説明させていただきますが、間違っていたらすみません;
それらはGINZA Playerのせいではなく、お使いのOSと各ブラウザで適用されるフォントの問題ですね。
システム的な問題なのでかなりややこしいですが、ちょっと長くなってしまいますが、できるかぎり簡潔に説明させていただきます。
○XPのChromeでは全角文字を隣接せずともU+2001は化けず、Fire Foxでは化けた
 ・Fire Foxで化ける理由
  →ニコニコ動画のコメントは、Windowsでは基本的に「MS Pゴシック」で描写されます。しかしそれは、ひらがなや漢字などの全角文字等が存在している場合です。半角文字や2001を全角文字に隣接せずに使用した場合、その部分は別のフォントで描写されていると思われます。(確かTimes New Romanだったかな…)
OSがXPの場合、そのフォントに2001は存在しないので、文字化け「□」で表示されます。で、全角文字が隣接するとMS Pゴシックになり、それに2001は存在するので文字化けせず、ちゃんと漢字幅の空白文字として描写せれる仕組みです。
ちなみにOSがXP以上では、2001を単独で使用した場合のフォントに2001が存在しているので、文字化けせずに表示されます。(同じフォントでも、低いバージョンだとない文字でも高いとあったりします。)
 ・Chromeでは全角文字を隣接せずともU+2001は化けない
  →Chromeだけはかなり例外的なブラウザで、「MS Pゴシック」ではなく「Arial」で描写しているそうです。また、Chromeでは2001等を単独で使用しても「Arial」で描写され、且つ「Arial」に2001は存在するので、全角文字を隣接せずともちゃんと描写されます。
○U+2001は本来の漢字幅で表示された
 →上で「ChromeはArialで描写される」と言いました。XPに限らず、vistaや7でも「Arial」で描写されていると思います。しかし、同じ2001でもバージョン間では幅が異なります。XPでは漢字幅ですが、7ではやや小さいということです。あれです、明朝化した際に7以前のバージョンでは2001は漢字幅の空白として使用できたが、7で幅が小さくなってしまった、これと同じです。
以上です。長々とややこしい説明になってしまいすいません;
こちらのブログやサイトではもっと正確に詳細に書いてあるので、よかったら見てみてください(勝手に紹介^^;)
http://ch.nicovideo.jp/meg_nakagami/blomaga/ar224487
http://bardiel-of-may.blogspot.jp/2013/04/chrome-26windows-xp.html
自分も最近になってかなり参考にしているとこです。

このコメントは以下の記事についています