転寝しながら見る世界

瀬戸内寂聴さん坊主コスプレを脱いで慚愧しなさい

2014/02/10 15:42 投稿

  • タグ:
  • 瀬戸内寂聴
  • 人生相談
  • 反原発
  • 東京都知事選

ググル先生が平塚らいてうの没後43周年を生誕と間違えている。

平塚らいてうは元祖フェミニストとして有名だが、フェミニズムに関して言うべき事は一欠片も無いので別に文句を言う筋合いも無い。

しかしそれが何故か瀬戸内さんに連想されたので適当な人な私は書いてみたい。


都知事選で彼女は細川候補を応援した。

もう一痴呆首長の、もとい地方首長の選挙の候補になった以上元総理と言う呼称を使ういわれは無いだろう。細川候補は元総理である小泉氏に担がれた形での出馬だったが、中身は空疎以外の何かを探そうとすれば老害と痴呆しかなかったのではないか?


細川氏を応援するのは結構である。

彼の主張が如何に空疎で痴呆に溢れていようが、人が人を応援するのを批判する義などなかろう。だが瀬戸内女史は何故に細川氏を応援したと問われて、反原発だから、と言う理由には首をかしげざるを得ない。何の因果があろうか?


都知事選の選定基準に原発問題が紛れ込むのは如何にもマスコミ的な恣意である。

反原発は今や思想だと私は断じている。

仮に現代生活が原始生活に回帰しても私個人はさほど困らない。いや、厳密に言えば大変困るだろう。一挙に日本は超インフレになるだろう。代替エネルギーとやらが原発の利便性を上回るなら、その単価が原発と同等であるなら、私も原発を停止させたままで一向に構わない。


が、それは無理なようである。

現実に原油は高騰し、電気料金は原発停止以来上がり続けている。

瀬戸内女史にとって電気料金が多少あがるくらいの事は、あるいはガス料金が、あるいはあらゆる物の価格にそれが反映する事など大した問題では無いのは分かる。

延々と昔の淫らな、不道徳な、邪淫の思い出を美しく飾る文章で、あるいはどこぞの講演会にでも出ればいくばくかの庶民にとっては大変な労賃を貰っているだろう彼女には。


しかし、だからといって彼女はそういう人々、庶民、月に精々20~50万の賃金を貰ってそれで全てな人々を思いやらないと言うのは僧侶のコスプレをする人にとってありうべからざる事のように思える。

彼女のコスプレを見て僧侶であると思っている人は大変多いはずなのだから。

そのコスプレを脱ぎ去って主張すべきではないか?


彼女に限らず、僧侶のコスプレをした税金免除のヤツバラの浮世離れした理想論にはウンザリなのだ。人生相談?救われる人もいようよ。

イワシの頭で救われる人だっているのだから。人生相談…

相談でしかない。いや、雑談でしかなかろうよ。

ある人の人生の問題に向き合うのは殺し合いだ、と私は思っている。


人生に問題を抱える多くの人は、それを意識して苦悩する人は、多く殺すべき執着に取り憑かれている。私は例外的に人生相談に応じる時はその執着を殺すつもりで接する。

時には完全に彼、彼女の思いそのものをぶん殴るくらいの気持ちで応じる。実際ぶん殴る事だってある。ぶん殴っても変わらない者には死ねとすら言う。

そう言う人生相談だとは、時に目にする彼女のそれは思えない。所詮他人ごと、結局自分の人生を美化して増上慢しているだけのナルシズムしか残念ながら見た事がない。


だから細川氏のような浮世離れした人の応援を億面もなく出来たのでしょ?貴女は。

そこには思惟が無いよ。

まるでブログで延々と原発反対だの放射能値を書き続けて大飯を食らっているニートと同じだ。切実を観よ。切実な人の苦悩を詭弁で他所に向けるような事をすべきではないだろう?

瀬戸内女史のしている事はそういう事だ。


一刻も早くその僧侶コスプレを脱いで自分の阿留辺畿夜宇和を見せなさい。



合唱


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事