転寝しながら見る世界

コミュの人数なんか問題ではない

2013/06/30 22:51 投稿

  • タグ:
  • 政治
  • コミュ
  • 批判

最近のグローバリズム自民党に対する批判のためかコミュ人数は順調に減っています。
自民党であれば何でも良い、はずがないでしょ?1年前は民主党の是と出来ない政策に批判をしていましたが、その頃自民党を支持していた理由と現在に齟齬があるなら当然疑問は呈すべきですし、明らかに間違いだと思うならそれは正直に批判すべきです。


そうでなければ常々言っている、少数者の正義は全うできません。
いついかなる時も、グローバリズムの悪意について批判をしてきました。すべての世界的混乱の元には、利己的で独善的で、しかも非個性的なグローバリズムが有りました。
レーガン以来、本家の米国ですらグローバリズムによる社会的格差によって国民が疲弊するという状況が顕になりました。その帰結がウォール街のでもあり、米国内の反TPPでしょう。

それは癌の様に自由主義国家を蝕み、ウロボロスの蛇のように利益と言う自らの尾を咥えています。
どのように誤魔化そうとも、新自由主義がもたらす物は民の対立であり、社会の疲弊です。新自由主義が席巻する国は例外なく貧富の差が助長され、富の一極集中が起き、それでも利益追求はとどまらず後進国への貧しさの拡張をもたらします。
それはつまるところ、富による自身への攻撃とみなす事も可能でしょう。

そうした事実、ファクトをコミュでは繰り返し伝えました。
であるならば、今、政府与党が何処であれ、将来必ず生じるであろう悲劇を見過ごすわけにはいかないのです。ましてや、保守と言う言葉の本来の意味を探り続けた数年の事を思い返すなら、それが例え支持政党であっても批判せずにはいられません。

そういう事を無視して、カリスマさえ信じていたら良い、あるいは批判を攻撃と取るのであれば、どうぞ退会してください、と言う事です。コミュなんかどうでも良し。言いたい事も言えないんじゃ存在する理由なんか無いからねーw


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事