転寝しながら見る世界

おのれをととのえ なすところ

2013/06/28 03:33 投稿

  • タグ:
  • 政治
  • 安倍晋三
  • 売国
  • ルーピー
日本を開国する、と言うフレーズを外国に行くと言ってしまうのは日本の総理大臣の癖なのでしょうか?
変革と言う病気にもかかるようです。

日本にドリルで穴まで開けちゃうらしいです、困ったものだ。
ダンマパダ、法句経には箴言しかありませんが、今の日本にはこの句が適切なような気がします。
104句「おのれをととのえ なすところ つねにつつしみあり おのれに克つは すべての他の人々に かてるにまさる」
箴言と言うのは如何様にも理解出来るもので、上記を私はこのように解釈したいと思います。

おのれを整え【国家を整え】なすところ【政治するとき】常に慎みあり【慎み深くやる】己に克つは【自国を安定に保つには】全ての他の人々に【諸外国に】勝てるにまさる【対立する事より困難だが意味がある事である】
大切なのはまず、自らの在り方を如何に理解し、対処するか、なのだ。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事