転寝しながら見る世界

是々非々とか言ってる場合じゃなくて否定する

2013/06/26 21:10 投稿

  • タグ:
  • 政治
  • グローバリズム
  • アベノミクス
化けの皮を自ら剥がして安倍総理がルーピーと同レベルのルーピーだと言う事が明らかになってきました。
正直言ってすべての場面で彼は保守主義者を裏切っています。
まさかこうも、と言う程、最近の総理はグローバリズムの信奉者である事を露出して恥じません。わかっていた事ですが、支持者をここまでバカにするとは思っていませんでした。

最近も高い支持率を誇る、と言われますがそれは多分テレビマスコミだけが情報源であるような、かつては民主党を支持したような、あるいは彼のカリスマで是々非々の分別もつかなくなってしまったような人の支持でしょう。
構造改革が実際は構造改悪でしかなかったと嘆き、古き善き国柄を愛し、漸進的な社会の変化を望む人々は唖然としているのではないでしょうか?

こういう事が重なると例の定例文を口にしたくなってしまいます。
「政治家なんかそんなもんだ・・・」
ああ、口にしたくは無いのですが現実に口から漏れる日も近いような気がしてなりません。まぁ、期待は然程していなかっただけに失望はしていませんが。
少し前のブログに鳩山さんが総理だった時の演説を掲載しましたが、まるで同じです。
違いは自民党には真の保守政治家もいるかもしれない、と言う点だけでしょうか。

愚痴はやめましょう。
取り敢えず安倍グローバリゼーションが間違いであることを勇気を持って広める。
最近はお客さんに大将自民党支持じゃなかったの?と言われますが支持ですよ。でもグローバリズムは許せません。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事