ゆらぎを観測する競馬予想

新潟記念/展望ほか

2020/09/03 15:19 投稿

  • タグ:
  • 競馬
  • 競馬予想
【追記/0904】

<iakiの印>
○ジナンボー、ブラヴァス
▲ワーケア、サトノダムゼル、ピースワンパラディ
△アイスバブル、
★プレシャスブルー、リープフラウミルヒ

注サトノガーネット

カデナどうしよう…


新潟記念(G3)/新潟・芝2000m


新潟記念くらいになると、夏競馬も終わりに近づいているという感じになりますね。最近、馬券は不調続き、少しでも勢いをつけて秋に臨みたい。

<前走>
距離延長がほとんど。距離短縮は2019年ユーキャンスマイル(天皇賞・春)、2018年ブラストワンピース(東京優駿)の2頭のみ。距離短縮は基本的に割り引いて見るべきか。小倉記念組が圧倒的に馬券内に。大負けしていない限り、印は打った方が良さそうだ。

<血統>
過去10年で、ディープインパクト産駒が【3.3.3.-/30】と馬券に絡む好成績。9/30*100=30%がディープインパクト産駒という事態。それに釣られるように、父系はSS系が圧倒。

<斤量>
トップハンデは苦しい結果になっている。去年はクリンチャー、ダイワキャグニー。一昨年はセダブリランテス。2017年はラストインパクト。など、トップハンデは基本的に馬券内に来れていない。過去10年で来た例としては、
2016年:アルバートドック(戸崎)2着4歳 58斤量

のみ!

カデナは相当に苦しいか。また牝馬の55も相当にしんどそう。

現状としては
◎ジナンボー
◯ピースワンパラディ
▲ブラヴァス、アールスター

面白そうな馬(印★)は、

★サトノダムゼル(岩田康)
初音ステークスの末脚が好印象で、なおかつ夏2走にもかかわらず馬体は増えているので。

★プレシャスブルー(石橋脩)
こういう馬に坂井瑠とか横山武を乗っけて欲しい。石橋だから評価を下げている。2走前の新潟大賞典では上がり最速をマーク。10-10通過、テン3F35.1、前半1000m59.7でこの上がりは上出来では。

以上、今日木曜日に配信して決める。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事