根暗先生のブロマガ

熱い?

2017/07/27 18:02 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
(例文)
根暗先生は・・・ちょっと世知辛い、お話させて頂きます。

お金の話題ですから、きな臭い話題もあるかも知れません。

お金の事に興味ない人であれば読み飛ばしても良いですよ。

根暗先生のお財布事情に興味がある方は、謎が解けるかも?

制度等時代時代で変化がありますので、計算方法を当時の時代背景を考えないと正しくは理解できないですよ。

生れてすぐ両親が離婚。

家庭裁判後に成人までの養育費を数か月ごとに父から振り込みがある。

金額は覚えていないけど2か月に一回、35000円位だったような?

最初に住んだアパートの家賃は20000円~23000円位。

私には記憶がないけど、母は再婚した事があるみたい?

私は苗字を3つ名乗った経験がある?と ある日引き出しを整理してると私の苗字が「高橋」となっている書類が複数あった。 写真も見た事無い場所だ。 でも写っているのは確かに私だ。 写真の風景はラーメン屋「中川」近くの駐車場?だろうか。 シャッターが印象的な駐車場。 記憶の隅にはある風景だが? 記憶ではおもちゃの車にまたがって笑顔で写っているのだが、その頃に自動車を諦めたような? Y、T、K、と目まぐるしく苗字が変わったようだ。

私の母も統合失調症で私が生まれた頃は、すでに病気だった。

赤ん坊の頃から精神病に入退院を繰り返す親。

一度入院すると最低3か月は家に帰らない。 その間は爺ちゃんが私を育てる。

爺ちゃんの所にいるとお金の心配はいらない。

なんせ公務員だもん。

母に育てられたり、爺ちゃんに育てられたり家が決まらない。

母と暮らす時は生活保護で暮らす。

母子加算、とか加算が色々つく頃だった。

因みに障害者年金は死ぬまで母はもらわなかった。 障害者の肩書を嫌っていたからだ。

爺ちゃんはパチが好きで店に入り浸っていた。

勝つと電話で「勝ったからタクシーで来い」と呼び出しご馳走を振舞うのである。

タクシーなんて使えないのに、非常識さに呆れる。

しかも、呼び出しは夜が多い。

呼び出されて行ってみれば、板チョコだけ渡される日もある。

爺ちゃんは祭り事が好きで、人混みが好きな人だ。

爺ちゃんの影響で映画館通いも早くに覚える。 トラック野郎を映画館で一人で見た記憶がある。 時間は夜だった気が? 映画館は当時、飲酒も出来た。 ワンカップを飲みながら映画を見る、酒臭いおじさんはよくいた。 カップルもいた。 当時は満員でも構わず入場して通路の階段に座って映画を見たりした。

爺ちゃんはパチで忙しいからご飯の支度はできない。

作ってくれる人はいたけど、何を食べたか覚えていない。

来る日も来る日もカップ麺を食べた。 子供の胃袋には丁度いい量だ。 スープを残しても空腹は感じなかった。

一日、1000円をもらって自分で食事を用意する。

菓子パンとかも食べた。 今思うと、カップ麺とか菓子パンって量的に子供向けなんだよね。って思う。 

毎月の生活保護費は92000円~101000円位だった記憶がある。

その頃は10万円を超えなかったと思うが?

母と暮らす時は保護費で暮らす。 爺ちゃんはお金は出さない。

3人暮らし? 変化が多くて覚えてない。

普段は2人だが、爺ちゃんが時々遊びに来る。

一応、別世帯。 一時期は学区外から登校した。

母が病気だと、爺ちゃん家で暮らす。 その時は複数になる。

3年生の時に引っ越した。 

その時期に親戚が亡くなった。(孤独死) その人も公務員。

死亡年金とか保険とかが、爺ちゃんの懐に入った。

そのお金で、お墓を立てた。 そいでパチだ。(パチで年金のほぼ全額溶かした)

その頃が私が勉強の成績向上を理由に最初のパソコンをねだった時期だ。

爺ちゃんとの仲が終わる出来事がある。

私は勉強が出来なく成績が悪かった。 爺ちゃんは大学生の家庭教師を雇った。

私は目の前の大学生が勉強を教えに来てる人だとは思わず、遊び相手になってもらった。

大学生と楽しそうに遊んでいると、いきなり掴まれ一本背負いされた。

軍隊仕込みのヤツだ。 とても恐ろしく、泣きじゃくった。

爺ちゃんから逃げ回りコタツの布団に潜ってしがみつき、泣きじゃくった。

傍にいた大学生は居た堪れなくなり「帰ります」と言って帰った。

お金を支払って家庭教師に勉強を見てもらおうとしたら、遊んでばかりで勉強しないから頭に来たのでしょうね。 相手が勉強を教える目的の人だったら、そう言って欲しかったです。

大学生は二度と来なかった。 その出来事から爺ちゃんの傍に近づかなくなった。

爺ちゃんは子育てしないから、風呂だって用意してくれない。 自分はしょっちゅう銭湯に行くのに孫を誘った事がない。

私は風呂に入る事も出来なかった。 三か月入浴しない事は当たり前にあった。 体は垢が浮いて粉が吹く。 今のように風呂を沸かす事がボタンを押すだけの手軽さは昔は無く、風呂を沸かそうとすると、灯油タンクの燃料コックを捻り、風呂釜の燃料コックを捻り、窯の燃焼芯を出して、マッチで着火し、火力を調整して、沸くまで待つのである。 風呂釜から離れる事はできない。

母はマメに食事を作る人だった。 色々考えると、ストレス解消の為、食に走ったのかも?と思うが定かではない。

ご飯を作るのも、母自身の食欲を満たすのが目的で私に向けた食事ではなかった。

実は焼き肉をあまり食べた事が無い。 母が動物の肉を食べられないからだ。

宗教とかではなく、嫌いだったからだ。 その好き嫌いが、入院生活では困る。

母が入院の度に「母は肉が食べられません」と言っても、食事に肉が入る。

そうすると母は食べられなくなる。 おかずの全てに肉があると、母が食べるのは、

ご飯一膳と味噌汁になる。 味噌汁も毎回つかないから白米だけの食事になる。

どこの病院でも給食に必ず肉を使うので、困った。

大抵はなにかしら一品は肉の使わないおかずがあるからなんとかなる。

入院してるとふりかけとかは禁止されて使えない。 たまにふりかけを用意して食べてる患者がいるが、入院経験が異常に多い人が規則を守らず、そういうものを食べる事が多い。 食中毒でも起こしたらどうなるん?

肉が好きでは無い母が、子供に焼き肉を食べさせる事は滅多にしない。

肉が入っている事が多いので外食もしない。

化学調味料も使わない食事を毎日食べた。

病院でキュウリの漬物を作って食べる事があるが、化学調味料が入ってる。 しかも紫蘇の葉を刻んで一緒に入れる。 それを食べて「おいしい」と思う一方「ウチとは違うんだな?」って思った。 母の作る漬物は、塩だけで作る。 化学調味料を使った漬物と比べると美味しくはない。 病院の調理実習では使う材料の多さに一般家庭と病気の人の違いを感じる。 
  
毎日煮物とかが多く、後々、醤油味の物は食べるのを拒んだ。

今も洋食とかが食べたくなるのは醤油味に飽きているからだ。

でも、日本人である以上醤油味は強制的に食べなきゃいけない。

カップ麺にチリトマト味とか出た時は嬉しかった思い出がある。

中学に入ってラジコンとアニメを覚えた。

劇的にお金の消費が激しくなった。

中学生であれば欲の塊みたいなものですから「欲しがる」のです。

最初はそれなりで満足しますが、やがて、ヒートアップする。

それが、親子喧嘩の元だ。

この頃から毎日「叫び声が鳴り響く」聞くに堪えない。

レースで勝ちたい!良いモーターが良いバッテリーが、勝ちたい想いが物凄かった。

デイケアに参加したばかりの頃、桃の節句にお雛様を作ったが、その後ろに「必勝」と書く程だった。

はっきり言って、努力の方向が間違っていました。

貧乏な母に楽させるには、「これしかない」ってラジコンをやりました。

母を楽にさせるなら就職した方が手っ取り早いし確実です。

いじめと精神科で「人が怖くなった」のです。 社会に出るのを恐れた。

ラジコンへかけるお金がすざましく、食費が無い事もよくありました。

母は偉大なもので少ない食費でやりくりしました。

高校進学をしなかったのは、ラジコンに集中したかったからです。

高校の授業料がラジコンへ回せるのです。

そういう道を進んだのです。

ラジコンと親子喧嘩と精神科の日々。

勝ちたかった。

勝つまでは終われないと思っていた。

※注:勝ちたかったっていうのは成績とは違うものですね。 やっぱ、「想い」を成就させたい!って事を考えてました。 ラジコンだってモータースポーツだから、夢が叶わないで消えていってしまう人の想いを考えると、、、自分がその人達の想いをなんとか代わりに叶えられないかな?って思ってました。 進学、就職、転勤、資金難、病気、借金、勉強に集中する為、事故、怪我、etc...そういう出来事でレース活動ができなくなり、サーキットから姿が消えた人・・・。 そういう人の想いを思った時に「勝つまではやめられない!」と思ったのです。 抱え込みすぎたカナ?

結局、体力が持たなくなり、20代の半ばで辞めたが、

遅かったかな?

今は正しい道を歩んだと思ってる。

自分に正直に生きたからだ。

一方、母には済まないと思う。

もし、趣味にお金をかけなかったら、栄養のある食生活が出来たと思う。

趣味と実用を選ぶなら100%趣味を選ぶのが自分だから、

趣味を仕事にしたい気持ちが強いのだ。

その為には・・・? って模索する。(例文終わり)

著作物を買うのは当たり前に思っていた。 漫画も滅多に中古を利用しないし、映像や音楽も中古はあまり買わないし、売りもしない。 レンタルもあんまり使わない。 著作権とかを考えると使うのが嫌なのだ。 真面目に商品を買う。

ひとつの漫画を読む為に、食事を犠牲にするのは当たり前だった人に、

アニメを馬鹿にする存在が目の前にいたら?


人には知らない事があります。


乙。

2017/7/27  アニメ愛はそんなに強くは無いけど「アニメに注いだもの」が強烈だった。 Zガンダムが困難なく視聴出来たら「屈折しない」し「社会を恨まなかった」。 いじめが本当に人生を変えたな?

そういう素養はあったとしても、人をいじめなきゃ面倒な事にならなかったのに?って思いますよ。

いじめのキッカケは「勉強ができない」からです。 当時、一緒の班の人に勉強が出来ない理由で「いじめ」られましたよ。 班、同士で小テストをやらせて順位を競わせたからです。 点数が悪い私が「足引っ張ている」といじめられるのです。

地域住民の力が必要って訴える人もいるけど、傷に塩塗ったのは近所の人間なんだよ。 家に「なんで学校に行かない!」って怒鳴り込む親父がいて、どうしようもなかったんだ。 相手は酒飲んでいるし、格好も浴衣?みたいな一枚脱げば裸になるような格好で」怒鳴り込んでくる。 事情を良く知らない人が、介入されると拗れる事が多いのに。

日本は満たされた国ですから「心が冷たい」のかな?って思います。 困った人の気持ちがわからない人は「苦労した事無いでしょ?」と思う。 今の日本で「一歩間違えば命を失う」事を経験してる人って多いですか? 識者、論者の大半は生命の危機なんて無縁に人生歩んで来たのかも知れませんね? 刃物持った争いだってやりましたよ。 刃物を持たせた原因の多くは、理解してなかった、からが殆どですよ? 事前に、話し合えば、争いにならない事でも「大事件」になるのは無理解が大きい。 このブロマガに書いた事だって、30年前以降は「誰も知らない当事者の事」なんですよ? 当時は何一つ、道が見えない中で、行動した事に苦労しないで知れるのがネットですよ。 生き残っていたから、後年、情報が出せるのです。 情報が全くない状態で問題に対処できますか? 伝えるの意味を考え直してください!

放送大学聞いて思いました。 「やっぱり医療は怖い」という事です。 ログインしようかな?

多分、Twitterで音が嫌だ。ってツイートした事に疑問を持った方がいるかな?

不思議に思われると思いますが、福祉関係の喋り方に付随する音とか感触がハッキリあります。 福祉関係者が何かを説明や説得する時は、独特の会話手法になるのです。 この話術を一部の人はこれを嫌うのです。私のように。 会話の流れである時を境に「音が変わります」それは、説得や説明と同時に切り替わります。 言葉を出さなくても「説得がはじまるな?」と思います。 もし、そこで別の楽しい話題であれば「嫌」とは思いません。 とにかく福祉関係の話し方があるのは知っていて欲しいのです。 

漫画フラジャイルの岸先生の説得の仕方だったら良い関係が築けると思います。 中隈先生や子供の気持ちを語っている先生もOKな話し方です。
 
放送大学のラジオでの例題について・・・
例え話のAさんの事例は、Aさんが授業中に席を立って教室を出ようとしたから、教師が聞いた。それで、問題行動を起こしたから広汎性発達障害だと? そう、おっしゃるのですか?
私は問題は生徒の問題行動前にあると思いますよ。 Aさんが「本当に何も無く教室を出ようとした?」違うでしょ! そこ間違ったら問題解決なんてできませんよ! 周りが何と言おうとも「Aさんには嫌な事があった」「教室から出なければいけない理由があった」「教室から出れば状況が改善される事をAさんは知っているもしくはそうしたいと思っている」のです。 問題の焦点にするポイントが間違っています。 時間的に見てもおかしい。 Aさんの問題行動がポイントなら席を立つ描写は必要ない事です。 発端が席を立った事であれば、そこが問題点に近いと思います。 原題では教師が優しく?と明記してますが、Aさんは教師の気持ちも考えて行動しなきゃいけないの? では、教師はAさんの気持ちがわかってるのでしょうか? Aさんの気持ちがわかっていれば、変な気遣いなどしなくても、日常の出来事で済むかも知れませんよ? Aさんは授業中にトイレに行きたくなっただけかも知れない? 恥ずかしくて「トイレに行きます」が言えなくて、黙って席を立ちトイレに向かおうとしたら教師が優しく・・・。Aさんは理由を言えずに、恥ずかしさのあまり、怒りが込み上げた。 そして問題行動を・・・。

そういう事も考えられる、例題なんです。 

私の読み解き方に問題があるならば、授業中に席を立っただけで障害者扱いをするのは、どういう医学があるのでしょうか? 寧ろ生理現象が起きて席を立つ方が日常的に多い事例ではありませんか? 障害の要素は無く、教師の考えが浅はかだと感じますよ。 

ま、一視聴者の感想ですからね~?

付け加えるなら、医療や病院内の音も嫌ですね。 建物から一刻も早く出たくなる。 病院以外ではならないのですよ。 人混みが苦手な私でも病院で起こる事と、普通の人混みでは、全く起こらない事なんです。 起こる?感じないが正しい表現ですね。 医療現場にだけある音があるのです。 日常的に医療に近いところで働く人は耳に馴染みすぎて違いがわからないでしょ? 医療の音を出しているのは、TVやラジオ、動画、車の音、風の音、空調の音、色んな音が世の中にはありますけど、医療の嫌な音は普段の生活には無いのですよ。ニッコリ















現状解決には収入が必要です。 私の場合であれば、月々生活できる収入が得られる仕事に就職できれば、それで問題の大半は解決する。 働いて医療を受けるなら問題にならないだろう? 問題を拗らせているのは精神科に行け!と義務付けるからだ。 それでは風邪とわかっていても、おいそれと病院には行けない。 ハローワークの求人情報を見ても「どんなに雇用条件を下げても私には求人情報は届かない」って事だ。 例えば私的には、面接後、即雇用くらいのスピードが無ければ、働けない。 面接後に採用、非採用に3日とか7日も時間はかけられない。 その間の食事は無いのだ。 正直、履歴書だって買うお金が無い。 履歴書を要求されている現状では不可能だ。 100円にも満たないお金で履歴書は買えない。(泣) 面接に交通費だってかけられない。 身動きが取れない中、日々消耗していく・・・。 

以前、親が亡くなる前、母の飲む薬の量を見てビックリしました。 十数錠の錠剤を飲んでいる?のです。 一日に複数十数錠の錠剤を飲む生活って? 服薬は大抵食事どきに行います。 
食事が満足に摂れなくても十数錠の服薬は続けなきゃならない? 

母は何回も病気を悪化させて入退院を繰り返した。 他にも服薬を怠って病気が悪くなる患者さんも間近で見て来た。 その姿を見て服薬の大切さはわかるが、疑問にもなる「本当にこの薬必要?」、、、誤解されては困るけど、薬も治療も拒んでいる訳じゃない。 本当に生活が良い方向に進むなら医療は受けた方が良い。 だけど、医療を受けて「生活が悪化」する事がある。 あきらかに医療を受けない方が良かったという事例もある。

医療を受けたからといって「100%治る事は無い」のです。 必ずでは無いのです。



今は人と会いたくないし、人付き合いとかしたくないのです。 人付き合いのめんどくささに途方に暮れます。 世の中には「自分の話を聞いて貰いたければ人の話を聞きなさい」とかの考えがあります。 「その通りやっても無駄」だ、と思います。 そんなの関係ないのが本当の事なんです。 人は自分と合う人と好んで会話するのです。 基本そういう事です。 

多くの場面で、私は本音で話せないんです。 人に遠慮したり、人が怖かったり、緊張したり、頭が回らなかったり、色々です。 それらを治すとか改善する方法もあるようですが「そういう学びとか訓練に疲れた」のです。 多分、どんな医療とか薬を使っても難しいのでは?と思います。 世の中を生きていくには偽る事が多くて、日常で暗い顔していると生きていくのが困難になる。 無理して笑顔の表情で生活しなければ生活が機能しない。 ネットゲームに入り浸っても同じで「人に合わせなければ生きていけない」のです。 生き辛い。

生き辛いとか弱音を吐くと医者の影がちらつく。 弱音を言葉にしただけで「医者行け」って言われるけどね「治療受けても良くならんけど?」って思う。 自分の想いを受け止める事がなければ、どんな事も無意味なのだけど・・・それは無理だ!て拒否されます。 

うーん、自分の膨らんだ趣味の想いを吐き出せないとこの先進めない。 それも何十年分も積もっている。

想いが外に出せない辛さ、きつさは・・・。

ひとつの事に固執する或いは拘りが強い人は病気です!って専門家の発言がある度に「自分の話は出せないな」って、思って表立って話題にしないで生活してきたけど、グラグラ煮え切ってくるのです。 地下のマグマが出口を求めて彷徨うようにです・・・。

勝つといっても普通の人が思う勝利は、あんまり求めていません。 私が求める勝利は想いが成就した時です。 ですから成績とかの勝ち負けでは無いのです。

く、くっさ~良く言えますね?そんなセリフ。

私「だって誰も聞いてくれなかったんですよ? しょうがないじゃないですか? 自分で言うしかないんです。ぼっち過ぎますかね?」

 



自分を偽っていると言ってもピンと来ない人には一人称を考えれば良いでしょう。 根暗先生は一人称として「私」を使っていますが、自分的には「俺」の表現がしっくりくるのです。 一人称ひとつとっても「自分のイメージ」では無いんです。 無免許で車好き、運転技術が免許持ってる人より上手い?或いは詳しい? その事自体「そぐわない、不釣合いなもの」そういうギャップがあります。 「ゲーマーの運転技術は大した事ないから黙ってろ!」そういう実車ファンも居て、「車好きだけど貧乏だったから免許も取れんかった」私にしてみれば「悪うござんしたね」となる。 私には「不釣合い」が多くあって良いイメージを持たれると現実の私を見た時に大概失望させる。 そして悪いイメージはそのままだから「だったら最初から良いイメージ持たないでくれ」と思うのである。 悪いイメージだと例えばニコ生でコミュニティの維持だってまともに出来ない。 そう、気づいた時に「根暗先生」というキャッチーな言葉が思いついたのです。 jimkazuとか外人風な名前も「イメージに悩んで」使っていた名前です。 どうしたら自分の形を正しく見てくれるのか? そういう悩みがあります。 サムネ画像に女キャラを使うのは、ネットでは当たり前の行為に思えたから?です。 寧ろ鳥の写真を使う方がイメージが悪く印象が良くないな?と感じた経緯があります。 コミュニティが維持できるだけの人気が欲しかったのです。 それさえも、獲得に不自由するのです。 人が自然と寄って来る人がいる一方、私みたく人生の殆どを「ぼっち」で暮らして来た身としてはコミュニティというシステムは嫌なのです。 ハッキリ言えば「核爆弾とかサリン」を作った人の気持ちを察してしまいます、多分「人嫌い」なんだ?と。  









コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事