根暗先生のブロマガ

サブカルをつなげたものとは? ※その頃からぼっちゲーマーだった根暗?

2017/07/17 12:28 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
根暗先生は意外なものが好きでした。

「シュミレーションボードゲーム」が好きでした。

実はこのジャンルは、ちゃんとした「考察」や「検証」が成されてない分野なのです。



言葉での表現の難しさがあるので画像を貼り付けて、イメージしてもらいます。

上の画像にヘックス(HEX)で描かれた地図があります。 赤色やグレーの四角い紙のコマを使って遊びます。

右はコマ表示がアニメ「ダンバイン」のキャラクターが描かれたものです。

ハッキリ言えば「シュミレーションゲーム」としか呼べない?

紙のコマにキャラの似顔絵が必要なのも、コマの端っこに数字が書かれているのも、
シュミレーションする大事なデータなのです。

トッドのコマには「5」と書かれキーンには「3」と書かれている?
キャラの能力値が表されています。 数字が大きい程有能?

画像を探しているのですが、同じように「オーラバトラー」にも能力値が書かれている。
使うオーラバトラーとパイロットキャラを組み合わせるのです。 量産機にエースパイロットを載せた場合と、能力値の低い一般兵を主人公機のダンバインに載せる事もできます。 各々のユニットには活動できるエネルギーが決まっていて、それを消費しながら活動して「戦争をシュミレーション」して楽しむボードゲームです。 テーブルトークロールプレイングゲーム(TRPG)やパーティーボードゲーム(人生ゲームとかモノポリー等?)とても謎が多いゲームです。 後のコンピューターゲームにつながったものですね? コンピューターで扱うような数字データーを計算したりサイコロを振って「運の要素」を含めたりする知的なゲームです。 テーマごとに商品が売られていました。 ダンバインやエルガイム、マクロスとかアニメも存在してた。 普通は複数人で遊ぶゲームだが、私は一人で遊んでいた? ぼっち?

このゲームはひたすらマニアックだから、遊び相手がいる筈も無い? 私がラジコンマニア=模型好きとアニメオタクだったから結び付いた? 後にゲーオタも加わるぞい?

当時の盛岡にはラジコン中心の商品を並べる「やなぎや模型」とプラモデルに強い「謎の模型屋」があった。 店名を表記したいが、止めた。

この謎の模型屋には、ガレージキットやNゲージ、モデルガン等々とマニアックな商品展開をみせる? 売れ筋のラジコンとかは興味が無いようだ。 並んでいるプラモデルも「アオシマ」とか「イマイ」とか馴染みの薄いものが多い。? この店には「シュミレーションボードゲーム」が売っていた。 かなり充実した量のタイトル数が並ぶ。 でも、知らない人には「どうやって遊ぶの」「何コレ?」のというものだ。 私はこのお店で、ダンバイン、エルガイム、マクロス等を購入した。 ※購入時期はバラバラです。 困った事に「遊ぼうにも遊べないゲーム」なのです。 ゲームの説明書は小学生には理解不能で、ルールすら把握出来ない? 辛うじて、段ボール状のマップに紙のコマを並べて遊ぶのは理解できるが? 計算の細かさに泣かされた。 ビームライフル?を撃つとしても「照準」「パイロット能力」「機体能力」「地形効果」「運」を計算するのだ? 撃ったとしても「当たり判定」「被害判定」を計算する必要がある。 六角形のマップ表示にあわせて、キャラ移動をさせるとして「機体を左に振り向かせる」にも消費エネルギーを計算する?のだ。 このゲームは「計算のオンパレード」なゲームで遊ぶには「算数や数学」に強くなければ遊べないのだ? その事がファミコンやその後のTVゲームへと発展するのだ。 

私は偶然にも「シュミレーションボードゲーム」で遊んでいただけだ。 

アニメが好きだったし、富野作品が好きだし、ゲーム好きだから、自然と手に取り、購入して、遊んだだけなのだ。

売っていたお店が「模型屋」なのが、縁かもしれない? 

このゲームを一緒に遊ぶ友達はおらず? 一人でコマを並べて遊ぶ姿は

根暗だ・・・

(笑)

なーんか、意外な事がつながっちゃたんだなー?って思っているのだ。

乙!

2017/7/17






今回の記事は説明できる程の知識は無いので、短めの内容です。

ブロマガを書き終えて、過去に想いを馳せてると、PS2の購入に難儀した事を思い出した。 PS2は発売前から予約が殺到した。 発売後も入手困難な状態は長く続いた。 私も予約に失敗して入手できなかった。 盛岡市内のデパートで店内に予約受付の箱が設置されたと聞き、ほぼ毎週予約申し込み書を書いて箱に投函した。 暇があれば市内のゲーム店を梯子してPS2を探して歩いた。 どこにもPS2は無かった。 藁にも縋る想いでFF11のメガネっ娘に「PS2売っている所があったら教えて」と自宅の電話番号を書いたメモを渡した。 それから数日後の夕方にメガネっ娘から電話があった。 「○○さんPS2売ってるよ?」って言われた。 すぐに買いに行きたかったが「手元にお金が無い」事に焦った。 PS2を買うお金は銀行にある。 当時はATMの営業時間も今ほど遅い時間は営業していなかった。 ATMも使えない時間だ。 判断に困っていると電話の向こうからメガネっ娘が「代わりに買おうか?」と提案してくれた。 「?」提案に戸惑った。 社会常識で考えれば「良い事とは言えない」、背に腹は代えられず「お願い」した。 購入に成功したと連絡が入り、購入代金とPS2の引き換え場所を相談した。 話は簡単に纏まり、職場で昼休みに会う事にした。 随分迷惑掛けたから「お礼になにか?」を考えたが「気が利かない私は缶コーラ」を差し出した(根暗は大丈夫か?)PS2を受け取り、お金を渡してコーラを渡した。 コーラはいらない?と断られたが「遠慮」していると思って強引に受け取ってもらった。 後々知った事だが、メガネっ娘は「コーラが飲めない」らしい。 その事で「炭酸飲料が苦手」な人達がいるのを知った。 知らない事は色んな分野にある?と思った。 ※メガネっ娘は、ネットでPS2の先行予約に申し込容易に購入できていた。 私がゲーム店を梯子していた頃は余裕でPS2で遊んでいた。 PS2のネット予約は「1人1回だけ」と決められており、メガネっ娘には頼めなかった。 大体、ゲームの話しはするけど、親しい仲では無いのだ。 それでも「PS2を購入」に労力をかけた事に申し訳ない想いだ。 それを、缶コーラで、お礼?って・・・自分が情けない!   自分の無神経さを実感すると、消えてしまいたい想いに駆られる。     現実は「ぼっち」だが・・・・・案外「ぼっち」では無いのかな?って想うのだ。 ムズイ。 




 引き出しの奥から古い絵葉書を見つけました。 北欧女子の漫画を買った時にアンケートに答えたら2巻、3巻とこのような絵葉書が届きました。 「宣伝の葉書じゃないか」って言われそうですが、楽しい話題や美しいものなら歓迎ですよね? アンケートに答えても何もならないのが昔でしたが、「ふーん、今は細かい気遣いが必要な時代なんだ?」って思いました。 貰った時、凄く気持ちが和んだのを鮮明に覚えています。(笑)
私の写真の腕前が悪くて色が変だけど、実物は単行本と同じ色合いです!

 荷物を整理してたら、こんなものもありました。 「チョロQ改造コンテスト」の時の賞状です。 地元の今は無いデパートで開催された催しです。 三菱スタリオンをRALLYARTカラーに塗り分けてラリー風景をジオラマにして出品しました。 ジオラマ用に前輪のシャフトをラジオペンチで曲げてハンドルを切っているように見せていました。 後輪には巻き上げた砂塵のつもりで綿を着色して飾りました。 コース脇には立木を添えてましたね。 走らせられないディスプレイと割り切って作った記憶があります。



写真の向きが直せない?っす。 名前を刻む事は地方のイベントではあまりないのです。 だから無名です。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事