(著者) のコメント

(著者)
No.2 (2017/03/28 06:36)
>>1
keiさんコメントありがとうございます。 「パソコンの影響は必ず」ある事を前提にブロマガを書きました。 個人によって影響は違うと思いますが当たり前の事なのです。 影響の無いものが「受け入れられる?」筈は無く「影響が強い」から「興味の対象」になります。 消費行動や恋愛行動、果ては人の人生にも「興味の対象」である事が生き方だったりします。 興味の対象にならないと影響力が無いのです。 影響力が無いと商品に「価値」はありません。 人であれば影響が無いという事であれば「4んでる」状態です。 議員さんも影響力があるから「仕事として成立する」わけです。 極論を言えば総理大臣の影響が「皆無」だったら、それは「総理大臣のお仕事は必要ない」のです。 安倍さんだからとか菅さんだからとかではなく「日本」の影響力はあるのか? 多分影響力は無いでしょう。 影響しない存在の日本は価値がありません。 日本の価値を話し出すと面倒になるので修正して進めるとパソコンの影響って否定できないよね? 個人が新聞記事と同じ行為ができる時代です。 パソコンとネットで充分立派なメディアなのです。 「パーソナルメディア}でしょうか? これからの時代、個人の影響力が強くなるかもしれない? パソコンが使える事は「政治」「報道」「恋愛」「娯楽」「芸能」「消費」「経済」「医療」etc全て個人で完結できるのです。 パソコンの影響は個人で完結できる事が「大事な価値」だったりします。 人という部分に戻って「生き方」を再構築を考えなければいけない時に集合知のネットは影響が大きいのです。 パソコンは集合知へ触れる事ができる道具なんです。 集合知がつまらない存在であれば人は「つまらない」存在です。 パソコンの影響は必ずあるのだから危ない存在ではなく誰もが当たり前に受けられる恩恵」として見れば良いんではないか?って思っています。 keiさんのコメントを拝見すると「私と考えが似てる」と思います。 keiさんのコメントや私のブロマガの話題が「わからない」人はパソコンを使う人にはいないと思います。 ネットに繋いでこのブロマガを読んでいる事自体がパソコンの影響下にあるという事ですから・・・。

このコメントは以下の記事についています