kei のコメント

kei
No.1 (2017/03/28 00:22)
記事執筆お疲れさまです。
ご無沙汰しております。いつも記事拝見させて頂いております。
そして今回も長くなってしまいました、すみません。

パソコンに向き合っているからといって、遊んでいるだけだろと、いつまでみなされるのかですよね
様々な業態で電子業務はもう必須なので、まともにつかえるようにしておくためにも、日ごろから触れておくのは大事なことだと思います。
実際、スマホやタブレット世代が、もうまともにパソコンでの作業に支障をきたしているという声も。
さすがにまだまだ、完全に音声やスマホ的指示だけで勝手に必要な事物が出来上がるってことには、一部の先進企業以外には無理でしょう。

たんなるゲームだって、程度をわきまえていればそれは機材になじむっていうことになると思います。
それを気晴らしにして生きている人だっているのですし。

どこかで、ゲームが趣味なんて大人として恥ずかしい、なんて声もありましたが。
賭け事に狂ったり、買い物依存症になったりする人とくらべて、どれだけ害は少ないだろうとおもうのです。
もちろんそれらとおなじように溺れてひどい目にあう人もいますが、それはどんな趣味だって同じだと思いますし。

アウトドアでも無茶して怪我をして日常に不便をきたすこともあるでしょう、なかには死亡したりするかもしれない。
危険という意味ではどんなものでも孕んでいるのですし。それに比べれば歩きスマホとかをしなければ格段に危険も少ない

ゲームのプロスポーツ化も世界的に進んでいるのですし、いい加減多様化してきた立派な趣味の一つとして認めてもいいんじゃないですか?と訴えたい。
それと同じようにパソコン自体を使うことが趣味でもいいじゃないですかってね。
ほんと思います。

国会は、全体議決が必要なとき以外はほんとに小さい部屋で少人数で討論する……いやできる人だけでいいとおもうのです。
それも灯りはむしろいらない。先生もおっしゃるようにエネルギーの無駄でしかないですし、
真っ暗な部屋でお互いの声だけを聞いておこなうことで色々な効果があると思うのです。
顔を見せ合うからなんか色々芝居じみたことをやりたくなるし、険悪な顔を見せ合うことでヒートアップもしやすくなります。
作られた資料やシナリオを読んでるだけだろ? そんな揶揄も無くなり、必要な知識をきちんとたくわえ、自分の頭で考えて意見を言える人だけがまともに参加できるようになるとおもうのです。

警備上で問題がある? 暗視ゴーグルや赤外線スコープなんて普通にありますよね、今。
部屋にいる人数を絞れば、警備する人間も対応しやすいでしょう?

いっそ、国会の全体議決とかは、初期中間の無駄なながったらしい討議は上記の暗闇討論を専門議員におこなわせて、最終討議だけ、ビブリオバトルみたいに裁判員みたいな代表選んで、目の前でさせてその可否を決する、小規模国民投票的なものにかえていってもいいんじゃないか、と思います。
議員なんていうのは、まともに議論できる少人数程度でいいとおもうのです。ボランティアレベルで必要経費程度を支給するだけでやっていけるような人だけにさせて。
ただ、背景にいて、野次とばすだけ、黙ってるだけ、寝ているだけ、って連中は議員として認めたくないのです。

つーか、議員になるには、ある程度の知識があるかどうかのテストと、あとは最下流の一般家庭レベルの収入や環境で一ヶ月以上生活研修をおこなった前提でやってほしいです。あまりに意識違いすぎますし。

今回も長くなりましたすみません。

このコメントは以下の記事についています