GO研究所

AviUtlでニコニコに高音質で投稿しよう~ALACとWAV~

2019/12/01 18:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 動画編集
  • エンコード
  • ニコニコ動画講座
  • ニコニコ動画
  • AviUtl
  • 音楽
  • 音質
この記事について
この記事ではAviUtlを用いた高音質動画の作り方を解説します。
初めに動画を見て頂くと意図が分かると思います。


お勧めのファイル形式
AviUtlではMKVとMP4が制作できますが、なるべくMP4をお勧めします。
こちらのサイト通り導入していれば、何も追加せずにMP4/ALACを作成できるからです。
https://aviutl.info/intro/
先ずは作成できるか試してみましょう

実際に制作しよう!(MP4/ALAC編)
まずテストとして10秒程の動画を作成します。

この時の音声レートが出力時のサンプリングレートになります。
一度決めると変えられないのでしっかり確認しましょう。
動画内でも話しましたが、なるべく48khzにした方が良いと思います。

10秒の動画を作成したら
「プラグイン出力」→「拡張x264」→「ビデオ圧縮」の順に開きます


いつも使用しているプロファイルを開きます。
①の音声エンコーダ部分を「refalac(ALAC)」に変更します。
②に実行ファイル(~.exe)が設定されているか確認します
③部分の外部muxerを使用に☑が入ってるか確認してエンコードします。

後は出来上がった動画ファイルのプロパティを確認します。
音声部分が320kbpsなど低い値でなければ、無事成功です。


もし上手くいかない場合
・使用しているエンコーダーが古い可能性があります
 ①の部分を押して更新して下さい。


・それでも上手くいかない場合
 使用中のAviUtlが古い可能性があります
 今年の10月に最新verが出たので導入のやり直しをお勧めします。
 自分も4年程経っていたので新しく導入しました

これでMP4/ALACの説明は終了です。
次はMKV/WAVの説明に入ります。

実際に制作しよう!(MKV/WAV編)
1. MKVToolNixのインストール
MKVは外部muxerが必要なのでMKVToolNIxをダウンロードします。
MKVToolNix(←ダウンロードページに飛びます)



自分の環境にあったMKVToolNixをインスト―ルしてください。
インストールが終わったら次はAviUtlでの作業になります。

2.AviUtlで設定を変更しよう
同じように10秒程の動画を作成したら
「プラグイン出力」→「拡張x264」→「ビデオ圧縮」の順に開きます

①のエンコーダでWAV出力を選択します
②の部分にあるmkvタブを選択します
次に③の部分をクリックして実行ファイルを選択します。


64bitをインストールした場合、何も弄ってなければ、
「Program Files>MKVToolNix>mkvmerge.exe」にあります。


最後に外部muxerを使用に☑が入っているか確認します。
その後画質を決めて「OK」ボタンを押します。

戻ると下の方に「ファイルの種類」を選択するタブがあるので、▼ボタンを押し「mkv file」を選択します。

ここを忘れると映像と音声が分離します。絶対忘れないようにしましょう。

後はエンコードが終わるとMKVができます。
MKVで出力する際はファイルの種類を選択しなければいけません。
一手間かかるので割と面倒です。

何故MKVを紹介したのか、理由は先ほどDLしたMKVToolNixにあります。
最後にそれを見ていきたいと思います。

MKVのメリット~MKVToolNix編~
MKVのメリットは音声の差し替えが非常に簡単なことです。
MP4と違いWAVを入れることが出来るので、AviUtlで音声のみ出力すれば簡単に差し替えができます。

MKVToolNixで動画と音声をmuxしよう
先ほどダウンロードしたMKVToolNixを起動します。
ショートカットが無い場合、左下のwindowsマークから探して下さい。


起動すると画面が表示されるので差し替えたい動画をドロップします。

※注意
初めてファイルをドロップすると
「ファイルを追加または追加結合」というダイアログが表示されます。

今回はドロップしたファイルを元に新たなMKV ファイルを作成するので、
「Create new multiplex settings and add to those」を選択します。




音声①のチェックを外すと動画の音声を隔離できます。
ソースファイルの上で右クリック→ファイルを追加」を選択して差し替え用の音源をインポートします。


インポートしたWAV(PCM)にチェックが入っているか確認。


後は「Start mulitiplexing」をクリックしたらMKVが生成されます。

再エンコする事無く、簡単に差し替えができるのはMKVだからこそだと思います。
今回行った実験もこの方法を主に使用しました。

ただ、この方法は音ズレが起きやすいので事前に合わせる必要があります。
そこに注意すればMKVは便利な形式だと思います。

終わりに
少し趣旨がズレてしまいましたが、これがニコニコで高音質を投稿する方法です。
MKVも紹介しましたが基本的にMP4/ALACを推奨します。

MKVは導入が面倒で毎回ファイル形式を選択する必要があるからです。
あくまで一例として覚えておいて下さい。

MP4/ALAC、MKV/WAVのどちらもYouTubeで綺麗に変換されます。
ニコニコの3GB制限に抵触しなければ、一つの動画で両方とも高音質にできます。
この機会に是非とも可逆圧縮や非圧縮を利用してみて下さい。
それでは!










コメント

@ookubonakatyo
No.1 (2019/12/15 10:33)
大変参考になりました。
ありがとうございます。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事