四流プログラマの葛藤

GitHubに一度挫折した私が再挑戦

2013/05/06 10:00 投稿

  • タグ:
  • 読んでみた
  • 環境構築
現在、開発ツール徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)を読んでいます。
本の紹介は後日書くとして、今日は一度GitHubを使うのに挫折した私が、もう一度本を読んで挑戦した話です。





家のPCはWindowsなので、家のPCにmsysGITのインストールを行いました。




ちょっとだけ補足すると、私の環境ではGit Bashというアイコンがデスクトップに追加されませんでしたので、自分でショートカットを作成しました。
{インストールディレクトリ}/msys.bat
がGit Bashの本体だと思われます。



まず、gitユーザ登録
$ git config --global user.name "Firstname LastName"
$ git config --global user.email "you@example.com"

次にSSHキーの登録を行います。

$ ssh-keygen -t rsa -C "you@example.com"
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/c/Users/you/.ssh/id_rsa):
Created directory '/c/Users/you/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /c/Users/you/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /c/Users/you/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
********************************** you@example.com

このあと、公開鍵を登録します
cat ~/.ssh/id_rsa.pub
この出力結果をすべてコピーします。


私は、GitHubアカウントは持っているので登録します。
なぜ、GitHubアカウント持っているかですって?登録後、挫折したからですよ(´・ω・`)

登録する場所はプロフィールのいSSH Keysです。



Add SSH Keyを押し、右下の枠に貼り付けてください。
これで完了です。




さて、GitHubにアカウントを作ったのはいいですが、ここからどうしましょうか。
実は、以前の私も、何に活用すればいいのかわからず、放置していました。

せっかく環境を構築できたので、何かオープンソースでコードを書いて行きたいと思います。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事