迎撃ブサイクのをたノート

が について

2015/07/16 00:14 投稿

  • タグ:
  • 内田真礼
  • スギちゃん
  • 美濁音
  • アニメ
  • 声優
  • 野沢雅子さん
  • モスラ
  • イケメソ
  • 迎撃ブサイク
はい、イケメソこと迎撃ブサイクです。

ま、アニメが好きな小生ですからね、が についてって何の事か直ぐにお分かり頂けるでしょう。←分かる訳無いだろw

詰りは 蛾 ですよ!←絶対違います、モスラ以外の蛾は嫌いです、モスラはアリなのかよw

此の途方も無く詰らないノリ突っ込みの事はぶん投げておく事にして、、、

が って言う日本語は不思議だなって思うんですよ。
アニメが好きな小生、様々な が を聴いてきました。

声を操るプロであるアナウンサーやDJ、そして何よりも声優さん達の が を。
が という濁音。
濁る音と書く濁音です。
先人達が濁って、汚い発音になる音の事を見事に言い当てた言葉だろうとの予想は付く訳ですが、←あ、偶然にも が という助詞が出てきた

昔から が の事が気になって仕方が無かったんです。←好きな人への告白か

濁るんだけど、上手く音声器官を使えば、 が は美しい音に成る。
気が付くと、昔から、が と言う此の言葉に対する上手い音声器官の使い方を分析している小生が其処にはいました。

本当に気になって仕方無かったんです。

そして、小生は出会ってしまった。
そう、 が と言う濁りしも美しき日本語の発音の仕方に。
が を美しく発音する日本人を。

其れが、記事のサムネにしているスギちゃんです。

あ、間違った、内田真礼ちゃんです!

小生は中二病なのですが、正に其の中二病を世間に知らしめたアニメ「中二病でも恋がしたい」の主役が、何を隠そう此のスギちゃんなのです。
あ、だから違った、内田真礼ちゃんなのです。

小鳥遊六花と言う世紀の怪物的なキャラクター。
六花がしょっちゅう口にする が が美しいのです。

簡単に言ってしまえば、美濁音ってやつですね。
まれいたそ程、美濁音で発音する声優さんは出会った事が在りません。
大御所と言われる声優界の野沢雅子さんはかなり美濁音です。
でも、其の野沢雅子さんを以てしても、まれいたその が には勝てない気がして仕方無いのです。

皆さんも今度からアニメを鑑賞する時には が に注目して観てみてください。

明日もイケメソ!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事