ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

一生どうでなんでしょう

バーガーキングが日本人をチキン扱いした!?

2015/06/18 11:05 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 新商品
  • 料理
  • バーガーキング
  • ファストフード
  • ゲスの極み
  • 非常識
  • 期間限定
  • インバウンド
株式会社バーガーキング・ジャパン(東京都渋谷区)が日本人をチキン野郎と言い出したのだ!



「AKA SAMURAI CHICKEN(赤侍鶏)」(540円・税込)

”非常識”をコンセプトに今までのファストフード業界の概念を覆してきた同店だが、遂にやってしまった。

”赤サムライチキン”って”日の丸の侍チキン野郎”と言ってますぞ!!

どっかの国の掲示板が盛り上がりそうなネーミングなのが心配にはなるが、商品説明といきましょう。

トマトパウダーを練りこんだ、焼くとほんのりトマトの酸味が香る「AKA パンズ」と「AKA チーズ」に、フライドチキンパティ、フレッシュなレタス、トマト、マヨネーズをサンド。

仕上には味噌ベースに豆板醤や唐辛子などをブレンドした、怒るほどの辛さが特長の「ANGRY ソース」を採用したそうだ。(ソース名そのままですなw)

ちなみに「AKA SUMURAI BEEF(赤侍牛)」(690円・税込)も存在する。



今度は、侍を”牛”扱いか!!

こちらは直火でジューシーに焼き上げた約113gのビーフパティ、厚さ1センチに輪切りし、直火で香ばしく焼き上げたオニオンをサンド。

当然、こちらも怒るほどの辛さが特長の「ANGRY ソース」が決め手だ!



「KURO SHOGUN(黒将軍)」
(690円・税込)と「KURO TAISHO(黒大将)」(590円・税別)も販売予定。

写真は原黒扱いの”黒将軍”だが、竹炭を練りこんだ「KURO パンズ」と「KURO チーズ」に、約113gのビーフパティ、素揚げしたナスをサンドし、オニオン、トマト、きのこを赤ワインで煮込み、イカ墨を加えてコクを出した「ブラックハッシュドソース」で合わせてある。

”侍”を”チキン野郎”と言うだけならまだしも、”将軍様”を”黒”と扱うとは、まさに

”ゲスの極み!!”©ハマカーン

「AKA」シリーズ販売期間:7月3日(金)~8月中旬※終了日は予定
「KURO」シリーズ販売期間:8月21日(金)~10上旬※終了日は予定

コメント

*ゆきみ*
No.1 (2015/06/18 11:30)
黒将軍…美味しそう(*´ω`*)
外国の人向けのネーミングなんでしょうかね〜( 'ω' *)
怒るほどの辛さってのが気になりますφ(。_。*)メモメモ
rio (著者)
No.2 (2015/06/18 16:26)
>>1
「こんなもん食えるかっ!!」って辛さじゃないでしょうか・・・。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事