図書室の海をよろしく

著作権に対して色々考えていたら知的財産という日本語にムリがあることが判明した。

2016/01/14 20:36 投稿

  • タグ:
  • 著作権

アレだよ、著作権。

別に、マジに盗作しようとしているわけじゃあないんだぜ。
要はオリジナルを作らなきゃいけないってわけだろ。

でもぶっちゃけオリジナルなんて作れないじゃん。


だから
・料理か
・アイドル化か
・猫動画か
感想とかか
・流行を追うか
・教科書的な内容になるか

ごく普遍的なのものに対してしかアクションを起こせなくなった。

大体な、パクリ自体に違反性があるとは全く思わないんだよ。
誰が大元の発案者なのかというところがしっかりしていれば。
小さい子はポケモン描いたりプリキュア描いたりするだろ。
オリジナルキャラなんて書かねえじゃん。


「私の描いたポケモン」「僕の描いたプリキュア」

に著作権発生するかって言ったらしないじゃん。


でもうまく描けたプリキュアになぜか白い液体を描き足したり、頬が染まったり、衣装を描き忘れたりするじゃん?それがいわゆるパクリでないパクリの楽しみ方っていうものだろ。
悪用しようとする奴がいたら絵を見てないから、パクったとしても魅力的にならないよ。


逆にパクられたら、発生源が私だとわかるなら超絶嬉しいっつうの。
魔女の宅急便のエンディングでキキのコスプレをしてる小さい女の子いただろ。
あれを見た感じだよ。


著作権にひっかかるといったところで、二次創作物なのか、アレンジなのか、パロディなのか明確に分類できるようなら、悪用の意図があるわけないってわかるだろ。


だいたいほとんどの利用目的二次利用というか。
一次的なものにとって代わろうとしているわけではない。
知的財産という表現が適切でない。正しくは著作物に対する親権とすべきだ。
著作物に対して自分が唯一無二の存在である権利という解釈でどうだろう。
パクリなんてちょっと仲良くなって遊んだだけだ。
親権の乗っ取りに関しては著作権違反でなく誘拐に分類すべきである。


誤って削除したのであげなおしました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事