かくのごとく、われきき

おもんなくなったと言われた

2017/11/13 10:00 投稿

  • タグ:
  • 仏教
  • お坊さん
  • 僧職系男子
  • リア住

くやしいです!!

  / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /ィ^^^^^^^^^ヽヘ
 ||⌒\ /⌒||
 (V ヽ  ノ V)
  ヒ    ||     ソ
  |ノ_V_ヽ |
  |((ノ⌒ヽ))  |
  >――――<
  / ヽ__ノ ヽ


まあ、復帰初回で変に崩すのもどうかと思ったわけで・・・(言い訳)

実は私も三年間遊んでたわけではなく、一応勉強もしていたのです。・・・一応。
あえて消しはしませんが、過去書いたブログも恥ずかしいこと言ってんなぁ。
なんて思って時々読んでいる次第。

大抵の人間の過去なんて栄光とは程遠い、恥と屈辱に塗れているもんですよ!
そうに違いない。

この三年、相も変わらず、日本の仏教って変だなぁって思うところを書いて行きたかったのですが、実は過去の自分の疑問を今の自分がことごとく論破できてしまうので、また恥を晒すのでは・・・と怖かったんですよね。

今の疑問も、話のテーマも、きっと見る人が見たらガバガバの論理なのでしょう。

でもね、このニコニコでコミュを作った過去の私。
一つだけは、今でもほめてあげたいことがあるのです。


それは、私のハンドルネーム。

『如是我聞』

これは「このように、私は聞いたよ」という意味です。
私は、未来の私に向けて一つのメモを残していました。

「未来の私へ。
 この名前は、過去から連綿と続く仏教の教えを、私はただ聞いた。
 だから語れる。自分の手柄では決して、ない。
 出会った縁と、残してくれた仏様に感謝する、
 永遠の初心を込めた名前です」
(原文ママ)

ああ、恥ずかしい。
なんて気取った文章。

でも、この通りなんですよね。
30といってもまだまだ世間では若輩者。未熟者です。

至らぬ点など当たり前。
この世のどんな道とて勉強の終わりなど、ハナからないのです。

私は語りたいのです。
仏の素晴らしさを。
心の平穏の明るさを。
昔の仏教者の熱意と心意気を。

ならば今。
恥はかこうではないですか!
やりたいことをやって残る歴史が、黒くならないことを信じて・・・

またもう一度・・・

面白おかしく仏教を語りたいのです!!

あ、もともと面白くなかったとかそういうメールは勘弁して下しあ


(-人-)南無妙法蓮華経!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事