むかしのゲームのこと。

ジャンクで買ってきたワリオランド3?

2014/01/12 02:49 投稿

  • タグ:
  • ゲーム
  • レトロゲーム
  • ゲームボーイ
先日HARD ○FFへ行ったときのこと、ジャンク品のなかにひときわ怪しいゲームボーイらしきソフトを発見しました。

……何というかツッコミどころ満載。値段を見たら50円だったので即購入しました。
まず左側『GEMAYOB COLOR』。ゲマヨブカラー?読めません。そもそもなぜGAMEBOYをアナグラムにw 訴えられても別物と言い張るため? ソフト上部の刻印もGAMEBOYではなくGAMEになってる、よくある海賊版と同じもの。ラベル上部にある『壊瑪俐三代』はなんとなくワリオランド3だとわかりますね。

よく見ると変な部分がわかりますが知らない人は間違って買ってもおかしくない?
知ってる人ならカラー専用なのに黒カートリッジなので怪しむのですが、ゲームボーイを知らない若者がいる昨今なら騙されてしまいそうです。簡単に説明しましょう。


正規版との比較写真
見てのとおりゲームボーイカラー専用ソフトはスケルトン仕様。正規版とラベルの構図が違いますがこれはパッケージのほうをコピーしたようですね。


本来の黒カートリッジはカラー&モノクロ両対応ソフトや赤外線通信機能のついたソフトに用いられます。ということでラベルが本物そっくりだとしてもこの時点で怪しいということになります(一部例外はありますが)。


さて、外見の怪しさを説明しましたがここからが本題、ソフトの内容を検証してみます。ゲームボーイカラーにて動かしてみます。

普通に動きました。中身もいたって普通。Nin1的なのを少しだけ期待していたので残念です。

せっかくだからついでにモノクロGBでも動かしてみましょう。黒カートリッジなのでもしかしたら…

ということもなく動きませんでした。


ちなみにゲームボーイプレイヤーだとプロテクトがあるのかタイトル画面になる前にフリーズしてしまいます。

検証結果:ただの劣化コピー海賊版

おわり。




…だけでは面白くないのでカートリッジを分解してみることにします。電池くらいは取れるかもしれませんし。

海賊版にありがちな黒いかたまりを中央に確認。それにしても正規版とくらべてICも電池も何か大きいですね。ん?この電池もしかして・・・


簡単に外せた!
普通はハンダでくっついていて電池交換は面倒なのですがこれはいいですね。しかも使っている電池がCR2032。ポケットステーションやサターン本体でおなじみの型です。


ソフトを起動させながらの交換もできそうでしたがケースが干渉して無理でした。

あとこの電池の場所のせいかケースの開け閉めのとき引っ掛かりがあります。とはいえ簡単に電池交換のできるメリットは大きいですね。これは正規ソフトでも採用してほしかったです。

最初は変なラベルのネタソフトとして購入したのですが開けてみて正解でした。海賊版というのは決して許されるものではありませんが素直に感心しました。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事