ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

むかしのゲームのこと。

MSX・FANの広告

2013/12/30 22:44 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • ゲーム
  • MSX
  • MSX・FAN
  • ファミマガ

 MSXといえばファミコンなどと同時期にヒットしたホビーパソコンの規格。当時のゲーム機では遊べないタイトルも多く、憧れのマシンのひとつでした。いくらビジネスパソコンよりは安いとはいえそれなりの価格。年に数本のファミコンソフトがやっと買ってもらえる程度の家庭にとっては高嶺の花。しかしある日、クラスのS君がMSXを持っているという噂がどこからか入ってきた。そして休み時間に交渉して大して仲良くもないのに遊びに押しかける約束をとりつける。S君はゲームに興味があまりなく親に買い与えられただけでほとんど遊ばないとのこと。そうしてしぶしぶ起動してもらったランボーはいい思い出になりましたがそれ一度きりだったので詳しいゲーム内容は忘れてしまったのでした。

 そんなMSXですが情報を手に入れるのは専門誌や他のゲーム雑誌。とりわけファミリーコンピュータマガジン(ファミマガ)には出版社が同じということもあってMSX・FANの広告がほぼ毎号載っていた時期がありました。今回はそれらの広告を紹介。MSX・FAN本誌のほうを期待していた方はごめんなさい、そっちは持っていません。また87年のファミマガも持っていないので88年からの紹介になります。

ファミマガにはMSXソフトや本体の広告も割と載っていました

MSX・FANは当時は月刊誌、対してファミマガは月2回刊。それなのでひとつの号が2度掲載される形態をとるわけですが、同じ内容ものを載せることはせずに同じ号のパターン違いを作成していたようです。
『発売前に掲載され、写真をふんだんに使ったもの』
『発売後に掲載され、表紙を全面に出したもの』
の2タイプに分類されます。

1988年
1月号


2月号


3月号


4月号


5月号


6月号


7月号


8月号


9月号


10月号


11月号


12月号




1989年
1月号


2月号


3月号


4月号


5月号


7月号


8月号


 1989年に入ってから広告の掲載ペースが減少、8月号を最後に掲載されなくなりました。この頃になると同じ徳間書店からPCエンジンFANやメガドライブFANも出るようになりそちらの広告が載ったぶんMSX・FANが減少、自然消滅という流れだったかと思います。当時はこれらの写真や文章などからいろいろと想像したものです。今はネットで動画や内容が検索できるので気になったタイトルを調べてみるのもよいでしょう。また、MSXのゲームを思い出すきっかけになってくれたのなら幸いです。

コメント

ガラバウンド
No.1 (2014/01/01 20:20)
貴重な資料・解説をいつもありがとうございます。
お忙しいとは思いますが、応援していますので、これからも
よろしくお願いします。
ゆうや (著者)
No.2 (2014/01/01 22:03)
>>1
ありがとうございます。
ネタはいろいろ考えているので気長にお待ちくださいw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事