ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

ガッkoyaのブロマガ

【台本】甘々な囁き声で姉妹百合に持っていこうとするも姉の察しが悪すぎて徐々にブチ切れる妹

2019/02/18 15:51 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません


公開するので、よかったら何かに使ってください。
もっとVoiceroidで上手く調整してアップしてみたり、自分で読み上げてアップしてみたり、それをDLsiteで売って億万長者になってみたり、なんでもどうぞ。

基本的な文章は一般的な姉妹としても成り立つかと思います。
一部を抜粋したり、文章改変してもいいです(例:きりたんを地縛霊にする)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お姉ちゃん。


起きてる?


あ、良かったまだ起きてたんだ。


えへへ、まあさっきまで一緒にゲームしてたもんね。


寝ないのかって?


寝ようと思ったんだけど。


なんだか寂しくて眠れなくて。


ちゃんと寝なきゃ駄目だって?


そうだね、寝るよ。おやすみ。


(ごそごそと布団に潜り込む)。


えへへ。


あったかいね。


え、自分のベッドで寝ないのかって?


だって一緒のベッドで寝た方が気持ちいいでしょ?


お姉ちゃん知ってる?
こうやってくっついて寝ると気持ち良いんだよ。


ほら、やってみて。


私の事触っていいよ。


抱きしめてみて。


うん、そう、はやく。


(抱きしめられる)。


はーきもちい。


好き。


はーー。


おねえちゃんは凄いよね。


触ってるだけで気持ち良いんだもんね。


気持ちいいなあ。


えへへ。


なんでこんなに気持ちいいのかな。


もしかしてあったかくすると気持ち良いのかも。


どうしたらあったかくなれるかなあ。


もっとあったかくなりたいねお姉ちゃん。


ね。


(姉、ホッカイロを取り出す)。


違うそうじゃないの。


カイロ欲しい訳じゃないの。


なんで常備してんのベッド脇に。


そういうのじゃないんだよお姉ちゃんそういうのじゃ。


やめて、ベッドの中に入れないで。


この私とお姉ちゃんの体温で構成された暖かさに
無粋な熱源入れるのやめて。


貼らないでお腹にちょっと。


暖かい!


すごくあったかくてここちよい!


やめて!


眠くなって寝ちゃうでしょ!


姉妹愛を文明の利器でねじ伏せるのやめて!


(間)。


はい、カイロはおわり。


もう十分暖まったからね。


ぽいしようね。


(カイロをゴミ箱に入れる)。


ほら捨てちゃったよ。


もったいないって?


ここまで私があたためたムードの方がもったいないんだよ。


あーあ。


お姉ちゃんがいじわるだから
ますます眠くなくなっちゃったなあ。


ちゃんとお姉ちゃんがあったかくしてくれると思ったのになあ。


……ん? 悪かったって?


ちゃんとあたたかくしてくれるって?


ふーん。


じゃあ乗って。


私に乗って。


ほら、わたしあおむけになってるから。


ちゃんと上に乗って。


はやく。


(上に乗ってくる)。


んっ。


おもっ。


あは、お姉ちゃんに潰されちゃった。


ふう。


うん、大丈夫。


もっと体重かけて……うん、そう。


(もっと体重かけてくる)。


はあ。


あったかくてやわらかい……。


お姉ちゃん乗るの上手いね……。


気持ちいい……。


うん、苦しくない大丈夫……好き……。


あったかい……はあ……。


ずっと触っていたい……。


お姉ちゃん……。


(ズシンと何かが乗ってくる)。


いや待って重い。


えちょっと待ってなにこれ重い あの。


え、なにこれ急になんでちょっと。


おもいおもい。


ちょ お姉ちゃんなにこれ。


東北きりたん「あったかいです……」。


誰だよ!


いやなんなのマジで
なんできりたんがいるのほんと。


なんなのこれ。


え? 私が気持ちよさそうで羨ましくなったから
自分も上に乗ってもらったって?


なんでそこで更に上に乗せるの?


道理で小学五年生一人分くらい重いと思ったよ。


というかこの秋田の子供はどっから持ってきたのほんと。


東北きりたん「すみません、寝ぼけてました」。


出て行っちゃった。


なんだったのかな。


なんか味噌くさくなっちゃったね。


もう、せっかく気持ちよかったのに。


お姉ちゃんはほんとおばかだね。


まあでもいいよ。


ちょっと休憩。


ずっと重なってると疲れちゃうからね。


(手をぎゅっと繋ぐ)。


こうやって手をつないでるだけでも良いよ。


やっぱり私。


お姉ちゃんと繋がっていたいんだよね。


こうしてるとずっと繋がっていたくなっちゃう。


なんでかな。


繋がってると気持ちいいんだよね。


もっと繋がりたいって思うんだよね。


お姉ちゃんはどうなのかな。


繋がりたい時はちゃんと言ってね。


(間)。


お姉ちゃん、こっち向いて。


うん、そう。


お姉ちゃんの顔。


じっくり見せて。


うん。


私ね、この顔を見るのが好き。


この顔は私の顔でもあるけど。


でも好き。


こうやってずっと見ていたい。


うん、見せてくれてありがと。


お姉ちゃんと一緒に寝ると
いくらでもお姉ちゃんの顔が見れていいね。


また見せてね。


どうしたの?。


見られ過ぎて恥ずかしくなっちゃった?


あははごめんね。


うん、私もちょっと顔が熱くなっちゃった。


あはは。


(姉の体に顔をくっつける)。


ほら、熱いでしょ私の顔。


あははは。


なに? くすぐったいって?


そうやって背中向けたままだと
もっとくすぐっちゃうよ。


ほらほら。


あ、 こら反撃はだめ ちょっと。


あは やめて こら ふふ。


わかった わかったから。


あはは んん。


はい もうやめやめ。


寝ようね。 はい。


(ごそごそと寝る準備)。


じゃあおやすみ。


ふう。


(間)。


えっちな事しよっか。


(間)。


ん? なんで?


したくないの?


だめだよお姉ちゃん。


だって私眠れないんだよ。


妹がこんなに眠れなくて泣いてるんだよ。


お姉ちゃんなんだから、妹が眠れない時は
ちゃんとえっちな事して寝かしつけてあげなきゃだめでしょ。


ちゃんと気持ちよく眠れるようにしてあげて? ね?


(間)。


うん、していいよ。


大丈夫。


お姉ちゃんにしてほしいの。


ふふ。 だからね、はやく。


(いきなり服の下に手を滑り込ませられて
異様な速度で乳首擦りまくられる)。


いやちょっと待って。


待って待って待って、違う、それは違う。


いきなり服の下に手を滑り込ませて
異様な速度で乳首擦りまくるのはちがう そうじゃない。


ちょ いた ちがう、ちょ、だからちが、いたたた。


やめろ!


(間)。


違うんだよお姉ちゃん。


えっちな事しよって言ったけど。


正確には私が一生懸命構築した甘々な姉妹百合ムードを可能な限り維持しつつ
徐々に段階を踏みながらエッチな事をしていこうって言ってるんだよ。


何のためにこんな囁いてると思ってるの。


頭悪いの?


(間)。


うん、そうだねお姉ちゃん。


お姉ちゃんも初めての事だったから緊張しちゃったんだよね。


ごめんね、もっと右も左もわからない新入社員に
極力具体的に要望を伝える時のように
ゆっくり言い聞かせてあげればよかったよね。ごめんねお姉ちゃん。


はあ、なんだかちょっと寒くなってきたなあ。


お姉ちゃん、もう一回暖かくしてくれる?


(間)。


あ、抱きしめてほしいという意味ですよろしくお願いします。


(抱きしめられる)。


ん、ありがと。


えへへ。


あったかいね。


しょげなくて大丈夫だよお姉ちゃん。


これだけでもすごく気持ちいいんだもん。


でもそういえばまだあったかくしてもらってない所もたくさんあるよね。


ねえお姉ちゃん。


口の中をあっためてくれた事ってあったっけ?


無かったかなあ。


やっぱり無いよね?


そっかあ、じゃあ。


お姉ちゃんがあたたかくしていいよ。


(姉が何かを準備している)。


今度はちゃんとゆっくりね。


フゥ……えへへ、ちょっと緊張するかも。


(姉がカイロを取り出す)。


いやだからそうじゃないんだよ。


(カイロを口に入れられる)。


ほがほが ほがが。


私の口にカイロ入れてどうすんの。


そうじゃないでしょお姉ちゃんそうじゃないでしょ。


ていうか仮に言葉を相当素直に受け取ったとしても
カイロを口に入れるのは無いでしょ。


もっと他のアプローチあるでしょホットドリンクとか。


お姉ちゃん過渡期のAIかなんかなの?


カイロが食べ物にでも見えたの?


もう一生鉄分に不自由しなさそうだね私。


なんでそんな妹思いなの。


(間)。


もういいよお姉ちゃん。


もう遠回しな事なんて言わないから
たった一言聞いてくれるだけでいいから。


キスしてほしいの。


キスして。お姉ちゃん。


(姉に頭を掴まれて凄い力でキスを迫られる)。


だから待って待ってだからちょっと待って待ってお姉ちゃん。


ムードを壊さずに できる限り甘々な感じにしてって
言ってるのに。


なんで両手で頭部ガッチリ掴んでキスしようとするの。


ちょ やめて。


なんで舌突き出して迫ってくるの。


なんでそんな唇こじ開けてねじ込んでくる気満々なの。


ちょ怖い怖い怖い。


おいなんだこの力!


見た事ない!


今まで見た事もないような異様な筋力!


姉妹百合で出していいパワーじゃない!やめて!


あああああああ!


あああああああああああ!


(激しくキスされる)。


ぷはっ!


ぜえ…… はあ……ぜえ……!


んっ。


はあ。


ああもう。


おねえちゃん。


(間)。


今のもう一回してもいいよ……。


(ちゃんちゃん)。 おわり。


コメント

rep
No.2 (2019/02/18 18:32)
いつも楽しく投稿動画を周回してます。今回は使って頂けて嬉しい限りです。
切実にこういうの欲しかったのでありがたいです。テストおよび作業用音声に使用させていただきます。
ガッkoya (著者)
No.3 (2019/02/18 18:39)
>>2
なんと!それは非常に光栄です!
こちらこそ素敵なツールをありがとうございました!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事