セイババアの余生

キャラ変え野郎の前哨戦~ミカドセイヴァー月例6月大会~

2017/06/26 06:05 投稿

  • タグ:
  • セイヴァー
  • ミカド
  • 大会
  • 格ゲー
AOW7から約1年半。このブログも放置か、他タイトルの記事をたまに書くくらいで、大会にも特に出ず、沈黙してましたお久しぶりです…
セイヴァー自体はやっていたにはやっていたものの、基本的にはマグマックスのフリプだけ、という感じで、実力も低下もしないが伸びることもなかった。

スイッチは5月の新人大会観戦。ミカド自体に来たのも1年ぶりくらいかと思う。
野試合をやっていたら某バレッタ使いが「昔はもっとキレあったじゃん」と言ってきた。
こんなリザレクから始めた無名のプレイヤーが1年ぶりに来ても覚えてて、立ち回りも知っていて、前よりここがダメになったとか、そんなふうに見ているものなの???と驚き、少しでもその時の動きを取り戻そうと覇王に乱入しまくった。楽しかった。

それからは徐々にマグマックス以外のゲーセンに出向くように。事実上の復帰。新人大会に出ていたころのように毎日ノートを付けて勝敗を記録し立ち回りを見直してメモにとり、トレモは受験勉強のようなカリキュラムで…というほどカリカリはやってないけど、それなりに動きは戻ってきたように思う。5月の月例はまあ何もできずに終わったが(笑)

さて今月は2on2。もうすぐDDFあるしね。個人的にはあまり2on2だから誰と組もう!とか気合入れるタイプじゃないので、ランダムに身を任せておいたらせりさんとチームになった。
最初のリーグだったのですぐコンパネ選びのジャンケンへ。どっちがやるかせりさんと話した結果、せりさんがリアルラックに自信がないとのことで私がジャンケンすることに。勝って2P獲得。せりさんに確認しないで勝手に2Pもらっちゃったwまあガロンだし。

最初の相手はHOKUTORIKOさんとビシャちゃんマンさんのチーム。順番は適当に決めたというか、先に行ったほうが気が楽かなーと思って行った。動画見てから気づいたけどこれ、まだ相手が座ってないのにキャラ選んじゃったみたいで先鋒バレてたのね(笑)とりあえず景気づけで、「まあ、せりさんの出番はありませんので^^」とかましておいた。笑
1戦目はHOKUTORIKOデミトリ。たぶん対戦するのは初めてだが、序盤の流れから多少強引に攻めても通りそうだな、という感触はあったので最後は白伸ばしたままショートやっちゃった。見直した感じだとデモン、カオスにガード反撃がもっとしたかった、ビースト拾いたかった。というとこですかねー。
2戦目はビシャちゃんマンビシャモン。こちらもたぶん初めてで、せりさんにどんなビシャモンかわかりませんというと、「不能は完璧だから…」という情報をもらったのでなるべく触らせないように遠くでちくちくやる作戦に。動画見たらKENさんのざっくりしたガロン対策説明が面白かった。1本取った時点で守りに少し入ったが、あまり体力差がないので博打でビースト前→前やったら冷静にずっとガードされかなり危ない目にwけどここでせりさんが「残り15秒」と言ってくれたのでショート通してからは何もしなかった(爆)最後のほうでもまたせりさんが「(仕掛けに)行かなくていい!」と言ったのでバックジャンプで逃げ続けました。せりさんのセコンドかなりありがたかったです。そういえば新人大会優勝した時の決勝でも、「(フェリシアに触りに行くのを)横から横から」と言ってくれたんですけど、ちゃんと聞こえてたしこれのおかげみたいなところがあります。
こちらは見直した感じだと立小Pが結構通っていたのでチェーンなり、ビーストなりにつないでもっと高いダメージを取っていきたかったですね。あとは対空もしっかり狙ったりして行けたらよかったかなあ。まあ2戦とも知らない相手だったので1戦の中で探って戦うというのは実力も分からなくて新鮮で難しくてなんかよかったです。
というわけで無事に宣言通りせりさんを出さずに突破。

次はBuzzさんとえごさんのチーム。せりさんが「同キャラ戦は嫌?」と聞いてきたので、嫌だけど、それは逆に言えば実力もひっくり返せるってことでしょうから…と返して、行ってきた。でも内心えごさんから来るかな?と思ってましたね。
Buzzさんとのミラーは、少し前はそれなりに勝ったりしたのだけれど、ここ最近は負けっぱなし。それまでは画面をよく見て飛んだら絶対に落とす。というのを気を付けていれば何とかなったような印象。今は速すぎてそういう戦法を受け付けないというか…しかし今回に関しては、序盤の流れは悪かったものの後半はBuzzさんがDFを多く選択していたので解除ギリギリまでもっと捌けていればいけたはず。あとは空対空で私が中Kを使っているときにBuzzさんが大Kを使っていて撃ち負けるのが目立ったからこれはパクッておこう
キャラ変え野郎1号せりさんも負けてしまい、えごさん出番なしで次へ。

最後は九十九さんとマサヒコさんのチーム。私は九十九さんにはあんまり勝ってないし、せりさんはキャラ的にも、行けるっぽかったのでここで順番変更。せりさんの動き良かったんだけど、最後天雷で巻き返されちゃいました。天雷減るよなあ。
というわけで大将で出たが、うーんもっとできることあったなあ。自動二択もっと押し付けてよかったし、ドラにビースト合わせたかったし、めくりももっとしたかったし。相手が九十九さんといってもレイレイ戦はキャラ対が結構してある方なので、なかなか心残り。次は頑張ろう。

自分たちのチームはここで終わり。ほんと楽しかったなあ。こうしてランダムで出て、たまたまキャラ変えマンっていうチーム感のあるチームでできたのがなかなかよかった。せりさんのセコンド良かったし、KENさんの実況も面白かった。新人大会もそうだけど、こうして動画を見返すと実況でしている雑談も楽しめて、ここが上手かったとか、このプレイヤーはこういうところがしっかりしてるとか、言ってくれてるので自分のいいところなんかも分かっていいと思います。キャラ変えという着眼点も良かった(笑)せりさんのザベル転向を、「思うところがあったのでしょう」という風にKENさんが言っていたが、そうですとも!思うところがあったから変えたんだとも!
でも、「あとで野試合でこの雪辱を晴らしましょう」とせりさんと決め、九十九さんにモリガンで乱入したせりさんがきっちり連勝しているのを見た時は私も思わず「…モリガンで出たほうが良かったのではw」とツッコんでしまった!
そういえば九十九さんに自動二択やってるときに「一生それ(やって)!」って叫んでた人は誰だったんだろう。ありがとうございますw

終わった後は野試合したり、観戦したり。最後のほうはほとんど観戦してたけど、徒歩さんとキャラの話とか技の話とかさりげなくしながら観戦できてこれも楽しかった。
決勝はすごかったですね…勢いがいいというのか、なんというのか…2onで1人で終わらせちゃうとは…!

これまでとにかく丁寧に、意地悪に、つまらなく、冷たいガロンを目指す。という方針で結構やっていた。自分からは手を出さない。相手が動いてるときしか攻めない。というような感じで。対処できることが最強。というか… そういった精度のいい動きっていうのは、野試合で連勝し続けるような強さなのかもしれない。でも大会で勝てる奴っていうのは、読めない動きができる奴。気持ちで負けない奴なんだなって、今回のさいさんを見て思いましたね。

DDFは行けるか分からないけど、次の月例とか、また次に向けてこの辺も意識しつつ、対戦楽しんでいこう。
今回も運営や対戦ありがとうございましたー!


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事