がーねっとフィズ

新社会人になったら目立とうか

2019/03/31 23:31 投稿

  • タグ:
  • 雑談
  • 社会人
  • 会社員
  • ビジネス
  • 新社会人
  • 仕事
いろいろ書かねばと思いながらも書き忘れる今日この頃。(いつものこと)
たちばなです。

年度末と言うことで仕事に追われていたら、いつの間にやら明日から新年度。
新入社員も入ってくる時期ではありませんか。
管理職がそろいもそろって教育どうしよ、とか言っています。(かくいう私も)

そんなわけで新入社員に向けて書いてみる。
私の立場上でのことを書きますので、当てはまらないところもあるかもしれませんが、まあ聞いてくれ。

とりあえず、社員として評価されたかったら目立てと言いたい
もう少し正確に言うなら、頑張ったことはアピールして欲しい

よく「縁の下の力持ち」とか影で頑張っているという人、いますよね。
正直なところ、こういう人って上げにくい。


よく言われる「君が頑張っているところ、見ている人は見ているから」というセリフ。

正直上の人は君のこと見てません。


評価する側として言っていて情けないとは思うのですが、頑張っているところをアピール出来ないと埋もれるんです。
特に多数の部下を持つ上司ともなれば一人あたりと接する時間は減ってしまう。
となれば、上司と接する時間を増やして自分のことを知ってもらうか、強いアピールで印象に残さないとその他大勢のモブ同然の存在になってしまう。
特に上司も現場の仕事で忙しくしているようなプレイングマネージャー型の場合はより部下を見る時間が減るのでアピール必須です。

別に出世したくないし埋もれてもいいや、って人はいると思います。
でもね、するとしないとでは扱いが変わってくるのよ。
良くて評価が普通、下手すれば普通以下と評価されたらろくなことになりゃしない。

そこの会社での評価が悪いなら会社が悪いとか自分がこの会社に合っていないと思って辞めればいいのですが、何回も転職しても同じような事になるのならば、頑張っていることのアピール不足が問題ではないのかなと個人的には思ってしまうわけです。
中間管理職としてはいくら待遇を良くしようと思っても、上に待遇を良くするべきだと説明できるだけのアピールポイントがないとなかなかできないのよ、ホント。

ネットとか見ていると経営者や個人事業主みたいな意識が高い人の話か、平社員の立場からの話が多く見られますが、たまにはこんなクソザコ中間管理職からの立場の話も出してもいいんじゃないかって思う。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事