がーねっとフィズ

衆議院議員選挙と……

2017/10/21 23:32 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 衆議院議員選挙
  • 選挙
  • 政治
  • 最高裁判所裁判官国民審査
  • 雑記
どうも、たちばなです。
2017年10月22日は何の日かご存じでしょうか。

そう、東方紅楼夢の日です。
B-16aのサークル「がーねっとフィズ」にて新刊小説本「Pia 地霊殿にようこそ!!」を頒布いたします。
お越しの方はよろしくお願いいたします。

で、もうひとつ。


第48回衆議院議員総選挙の投票日なんです。

これを読んでおられる方の中にはまだ選挙権のない方もおられるかと思いますが、選挙権のある方は投票に行っておきましょう。
若い人でもちゃんと票握ってるんだぞってアピールをするためにも。

私は先に書いた東方紅楼夢に参加のため当日投票に行けないので、期日前投票をすることにしました。
事前投票を行っている役所に行くとまあ人が並んでいるわ並んでいるわ。
近所の投票所では見ない列を見ることになりました。
長い列を並び自分の番になり投票券を受け取ります。
まず渡されたのは小選挙区の候補者を書く投票券。
これを書いて投票箱に入れると次に渡されるのが、比例代表の政党名を書く投票権。

……にもう一枚渡された。

最高裁判所裁判官国民審査の投票券でした。


うん、衆議院の方ばかり気が向いてこっちもあることを完全に忘れてたよ。

正直なところ下調べをしてなければ最高裁判所の裁判官の事なんて分からん。
小選挙区の候補者は町中の掲示板見ればポスター貼っていて分かるのですが、こっちは名前を見ても誰か分からないわけで。
正直なところ「衆議院議員選挙」としてのアピールはよくされているのですが、「最高裁判所裁判官国民審査」のアピールは足りてないのではないでしょうか。
それで適当に×書かれて辞めさせられる裁判官もいかがかと。
と、思って調べてみると過去の最高裁判所裁判官国民審査で辞めさせられた人の例は過去ないらしい……。(参照リンク)

頼むからもっと最高裁判所裁判官国民審査についてアピールと情報公開してくれよ、と。

コメント

KOHJI
No.1 (2017/10/21 23:41)
同意です。
俺も期日前投票(大阪在住だが東京の選挙、大阪で実施)しましたが、
最高裁判官国民審査についての情報が全くありませんでした。(対象者名が当日知らされた)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事