hirokiのブロマガ

FXは1万円(1,000通貨以下)からできる、1日5~10万!?リアルトレード履歴とおすすめ口座

2021/02/15 02:16 投稿

  • タグ:
  • FX
  • 1万円
  • 1万
  • レバレッジ
  • 利益
  • 損失
  • 1万円から
  • チャレンジ
  • 稼ぐ
  • 1000通貨

■家にいながら利益(もちろん損失も隣り合わせとはいえ)を出せるのはFXの魅力


FXはパソコンでトレードできるのはもちろん、さらにもっとお手軽なタブレットやスマホ1台だけでもトレードできるのでサラリーマンの副業に人気です。

コロナの影響で仕事が減った、在宅になったなんて話もよく聞きますが、FXは在宅中でも可能ですし、外出先の隙間時間でも利益(損失も)出すことができる面白いですよ。







上のトレード履歴は最近の私の売買履歴です。自分は仕事をしながらFXをしていますが、働きながらこのような利益(&損失)を出すことができますね。

※上のトレード履歴は10万ロット(通貨)なので、1万円の資金でこの利益は最初からは無理ですけどね

FXトレードは大きなお金が動くので怖い・不安・借金なんてイメージが先行しがちですが、まずは少額でトレードすれば大きな損失が出ることはありませんよ。

まず、お試し程度でFXを始めてみたいなら、FX資金1万円からのスタートはお小遣いで出来るのでサラリーマンでも主婦でも学生でも手軽でおすすめです。

少しずつ少額からトレードをやってみて、慣れて行けば資金を増やせばそこまで危ないものではありません。

FXは初心者でも少額の資金1万円(1,000通貨以下でのトレード)から始めることができるので自分に合った副業又はお小遣い稼ぎになるかぜひ試してみてください。
「初心者だけどFXを始めてみたい。」

「損をするのが怖い」

さすがに、FX資金1万円だけで月に何十万、何百万と増やすことはあまり現実的ではありませんけどね。

しかし、「FXってこんな感じなんだ」と知るためにはFX資金1万円あれば十分ですよ。


■FXを1万円から始めたいなら1,000通貨で取引できるFX会社を選べばOK


では具体的にどうやって1万円からFXをスタートするかというと、まずはFX資金1万円から取引できるFX口座、「1,000通貨以下から取り扱いのあるFX会社」を選べばOKです。

FX会社によって特徴がありますが、国内のFX会社だと1,000通貨以下からトレードができる会社を選べば1万円の資金でFXが可能です。

国内のFX会社では、最低取引通貨(通貨=枚数=lot)量が違います。大きく分けて
1万通貨(ドル円の取引で44,000円必要)

1,000通貨(ドル円の取引で4,400円必要)

※ドル円=110円計算
※レバレッジは国内最大の25倍計算
※スプレッド(手数料的なもの)はとりあえず除外して計算

基本的にはこのどちらかをまず選ぶことになります。

そして、資金1万円からFXができる1,000通貨からトレードできるFX口座はいくつかありますが、私がおすすめなのが1,000通貨ならLION FX(ヒロセ通商)ですね。

正直、LION FX(ヒロセ通商)はスマホのチャートが4分割(4通貨ペア)を同時表示ができるので便利ですが、チャート画面自体は見づらいです。それでもおすすめの理由がLION FX(ヒロセ通商)でしか使えない便利神ツール「さきよみチャート」があるからになります。

LION FX(ヒロセ通商)には、口座開設(無料)をしておくと誰でも無料で使える便利なツールがあります。それが「先読みチャート」と「シグナルパネル」です。


この会員特典の無料ツールはチャートの意味が良く分からなくても、テクニカルがわからない初心者でもわかりやすく未来を予想し教えてくれる機能です。
(※もちろん、絶対に当たるというものではなので要注意)

さきよみチャートは過去のチャートの動きから次の動きを予想してくれます。
(画面右の背景が赤い部分が今後の予想部分)


そして、シグナルパネルでは様々なテクニカル分析的に今後上がるか下がるかを予想してわかりやすく通貨ペアごとに表示してくれるんです。
(画面左の緑丸部分)





正直、自分も今でもトレードするのに使っている便利ツールになります。

これはLION FX(ヒロセ通商)で口座を開設しているだけで全員が無料で使えるので、LION FX(ヒロセ通商)が合わない人&使わない人でもサブとして口座開設だけしておくのもおすすめですよ。

口座開設費用や維持費用は無料ですし、口座を開設して実際にトレードをしなくても、入金しなくても口座凍結なんてこともありません。

それにもちろん、PCからでもスマホからでもこのさきよみチャートやシグナルパネルを確認することができます。(スマホの場合はトレードアプリとは別にさきよみアプリをダウンロードする必要がありますけどね)

サラリーマンがてら副業でトレードする場合、自分で解析するよりパッと見て確認できるので便利なんですよね。

ただ、さきよみチャートは東京時間、欧州時間、米国時間でその都度チャートの形がかわるので一度見てOKではなくトレードのたびに確認するようにしましょう。



LION FX(ヒロセ通商)は国内のFX会社なので詐欺にあうなどの心配はありません。
それに、口座開費用・登録費用・口座維持費・退会費用は
全て無料

通貨ペアも50種類以上と他のFX口座よりも多いので人気です。

トレードするだけでレトルト食品や国産和牛などキャンペーンも豊富。

口座開設をしても損はないFX会社です。(スマホのチャートは見づらいけどね)

ちなみに、LION FX(ヒロセ通商)は食べ物のキャンペーンをよくしています。あくまでトレードのオマケですが、以前キャンペーンに参加して餃子や小籠包など大量の冷凍食品が家に届きました。

キャンペーンに応募して対象通貨ペアをトレードすれば損益関係なくもらえますよ。キャンペーン内容は定期的に替わるので狙ってみても面白いですよ。
(冷蔵庫に入りきらない上に、食べきるのが大変だった…)

●FXの口座開設の方法も意外と簡単(会社にもばれないぞ)

FXの口座開設でLION FX(ヒロセ通商)に限らず、国内のFX会社の場合手順はほぼ同じ流れです。

●FX口座開設の基本的な流れ

■PCやスマホから申込み欄に入力
(会社情報を入力しても確認の電話などはないので大丈夫、会社にばれない)

■本人確認書類など必要書類の提出
(PCやスマホの写真機能で撮った画像をUP)

■FX会社による審査(1~3日)

口座へのログイン用パスワード&IDがFX会社から郵送される
(簡易書留なので家族にはばれるよ)

■口座開設完了
(ネット又はスマホアプリからログインできる状態になる)


こんな感じですね。

国で定められた規則なので、国内のFX会社ならほぼ同じ流れです。

とはいえ、入力項目は個人情報なのでちょっと不安がありますよね(自分も会社情報を入力して勤務先にFXのことがばれないか心配だったので)。そこで申し込み欄の入力について詳しく解説していきます。


●FXの口座開設を申し込む!申込み欄の具体的な記入例

初めてFXの口座を開設する場合、入力項目の内容次第では不安がありますよね。特に勤務先情報の入力は勤務先にFXのことがばれないのか不安になったものです。


自分も会社の情報を入力したら会社にばれないのか、FX会社から勤務先に何かしらの確認の電話がいかないと心配でしたから。

もちろん、勤務先情報を入力したからといって勤務先にFX会社から電話やメール、FAXが届くなんてことはありませんが、一応項目ずつ細かく見て行きましょう。


01FXの口座開設:普通に日本人なら「いいえ」でOK




02FXの口座開設:普通の方なら「日本のみ」でOK




03FXの口座開設:必須の部分に間違えないように入力



入力画面では、右側に後何項目入力すれば良いかわかります。


ここは家族名義や他人名義は絶対ダメです。自分の個人情報を記入しましょう。

また、ここで入力した住所にログイン用のパスワードやIDの書かれた書類が簡易書留でとどきます。

04FXの口座開設:メールアドレスはコピー禁止。手入力です




05FXの口座開設:職業部分は「勤務先名」だけでもOKです。ただ、入力必須なので要注意。



勤務先の入力欄がありますが、別にここに記入したからと言ってFX会社から職場に確認の電話や連絡がいくことはありません

万が一追加でお金を入れる必要が出た場合(追証)に携帯や自宅への電話を無視しまくったら会社に電話がいくことがあるかなって感じです(FX会社に確認済み)

なので、必要以上に怯える必要はないですよ。

06FXの口座開設:メールアドレスが良いが、あまり確認しないなら携帯電話に



07FXの口座開設:一番困りどころがこの資産状況



FX会社によりますが、ここが少なすぎると審査に落ちることがあるそうです。ただLION FX(ヒロセ通商)はそこまで厳しくないので、ざっくり現状を入力すればOKです。

別に預金通帳の確認や電話がかかってきて証拠を出せなんて言われないのでそこまで気にしなくて大丈夫ですよ。

08FXの口座開設:投資経験は少しでもあればそれも含めて


ここは自分の場合はデモトレード期間も含めて入力しましたね。

FX会社次第では全くの素人だと審査に通らないということがあるみたいですが、LION FX(ヒロセ通商)はそこまで厳しくないですね。

09FXの口座開設:お取引金融機関

ここも、ご自身名義の「銀行」又は「ゆうちょ銀行」について記入すればOKです。

10FXの口座開設:投資目的について

こちらの欄は無難に2つのどちらかがおすすめです。

・短期的な売買により売買差益を得たい

・長期的にポジションを保有しスワップポイントを得たい


わざわざ「リスクを承知で…」なんて選ぶ必要はありません(する必要もありませんし)

11FXの口座開設:取引先を決めるポイント

こちらもどれを選んでもOKです。

12FXの口座開設:本人確認書類の種類を選ぶ


個人番号カードの場合はこれ1枚の提出でOKです。

ただ、マイナンバーの通知は紙で届いたけど、カードは発行してない(自分もそうですが)場合は「マイナンバー通知書」の写真又はコピーと、本人確認用の書類の2種類の書類の提出が必要です。


ここでは本人確認用に何を提出するかを選択してください。

個人的にはマイナンバーカードのみ、又はマイナンバー通知書と運転免許証がラクなのでおすすめね。


13FXの口座開設:書類の送付方法を選択

本人確認書類の提出方法になります。


PCに慣れている人は「WEB上にアップロード」が簡単だとは思うのですが、スマホから口座開設をする場合などは「メールに添付」のほうがラクかもしれませんね。


一応、提出方法ですが、以下の4パターンになります。

・WEB上でアップロード
・メールに添付
・FAX
・郵送で送付



申し込み欄に記入後、本人確認書類を送れば完了です。1~3日程度で審査され、問題なければログインIDとパスワードが記載された書類が、申込み時に入力した住所に簡易書留で届きます

ただし、簡易書留なので本人または家族が直接書類を受け取る必要があるので要注意。

家族にだまって始める場合は、ここでバレル可能性があるので気を付けましょう。

※職場にも家族にも黙ってFXをすぐ始めたい場合は海外FXがおすすめです。
本人確認書類も必要なく、申込みをしてすぐにFXトレードを始めることができますよ。

自分も使っている海外FX会社もあるので、また別で紹介します。






  • 一覧へ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事