ふわっふうのTwitterとかじゃ言わないこと あと、niconicoのこと。

超パーティーⅢを見終わった感想。

2014/05/21 23:59 投稿

  • タグ:
  • ニコニコ超会議3
  • ニコニコ超パーティーⅢ
  • ふわっふう
どうも。超会議ロスがいまだに抜けていない、ふわっふうです。

さて、ニコニコ超パーティーⅢのタイムシフト試聴期限が近づいてきていますが、チケットを買った皆さんはご覧になったでしょうか?

僕は、超パⅢLast nightを見てきました。タイムシフトでね。
タイムシフトで超パを全部ちゃんと見たのは、今回が初めてかもしれません。

超パⅠは、PCを開ける時間が限られてましたし、一度見ると時間制限があるなんて知らなかったですし…。
超パⅡは会場で見れたのできちんとは見なかったんですよね。

今回は、帰宅の時間の都合上でLast Nightが見れなかったので、タイムシフトでガッツリ見てきました。

まず、一連を見た感想としては、
「確実に進化してる、楽しくなってる!!」
っていうのがまず第一に出てきますね。

超パⅢはFirst Nightしか見れなかったもので、どことなく不完全燃焼な気持ちもあって、「今年の超パは面白くなくなった感」なんて思っていたりしましたが…。

撤回してお詫びいたします。

やっぱり、超パは2日間あって完成されるものなんだなと強く感じさせられました。

年々、ショー的な要素が強くなってきているのはもちろん、ちゃんとニコニコらしさってのもあって確実に面白くなっているなぁと思いました。

で、今回は個人的な感想ってやつをつらつらと書いていこうと思います。

繚乱さんのMCが神がかっていた件。

もはや、ニコ生には欠かせない男である、「運営の犬」こと百花繚乱さん。
超パⅡもさすがのMCだよなぁ…。なんて思っていましたが…、

今年は別格でした…!!

超パⅡと比べて段違いに盛り上げ方が素晴らしくって、見事に会場をまとめ上げてるなーって思いました。
曲の切り替わりの時に出てくる繚乱さんはホントに輝いていた瞬間ですね。
叫ぶような感じで曲の切り替えを演出したり、今度は一転落ち着いたいい声でミステリアスな雰囲気を醸し出したり…。

一番すごいなーって思ったところは、ニートルズのところですねw

運営のミスにより、歌いだしが上手くいかず曲がストップ。
とっさの判断でししょうさんが自己紹介を始めたのもすごいですが…、
その時運営大パニックだったらしく、運営さんの指示音声が丸聞こえw
運営が「繚乱行け!」の指示を出し、繚乱さんが「はい、はいはい…」と返事をして早速フォローに。
ステージに飛び出した瞬間、スイッチオンで「ニートの皆さんが働こうとしているのに、運営が仕事をしませんでしたぁ!」のコメント。
思わぬハプニングで一瞬会場が凍り付いたものの、繚乱さんのとっさの一言で見事に会場の雰囲気を暖かいムードに一転させる姿は、「やっぱすげぇな繚乱」と思わずにはいられませんでしたね。
そして、ニートルズの皆さんが歌いやすいような雰囲気を作って、ニートルズにバトンを渡す姿……、かっこよかったっす…!

と、タイムシフトを見ているときにこんなことを思ったのでツイートせずにはいられませんでした。
なんてツイートしたところ、繚乱さんにふぁぼられちゃいました。届いてよかったw

超バンドのすごさがあなたは分かるか?

超パーティーⅠからずっとバックバンドとして演奏してくださっている、超バンドの皆様。
超パⅠ、Ⅱのことはホントに後ろにいたのであまり目立たない感じでしたし、バックバンドなんてそんなに気にしてなかったんです。(ごめんなさい)
ただ、演奏してみたカテゴリを見ている僕は演奏者への憧れはあったのですけどね。

今回、超パⅢは超バンドが前面に出てきて、左右に分裂している感じの配置でした。
偶然にも、僕の座席がアリーナA5だったもので、超バンドの目の前になったわけです。
A5の前で演奏していたのは、ベースのBOHさんとドラムの小島"じんぼちゃん"億洋さんでした。

超パは1日目が5時間、2日目が6時間くらいと、かなりの長丁場。
全部ではないにしろ(演奏してみたとか、他のバンドの人とかがいる)、メインのバンドとして超パの演奏を引っ張っているのは、つくづくすごいなと感じさせられました。

特に、ボカロパートのところはすごかったですね。
あれ、ボカロの声に合わせて演奏してるんですって。
でも、タイミングがバッチリとあってるもんでそういう風には聞こえないっていうのがまたすごいところです…。
何度も何度もリハーサルをしてるんだろうな~っていうのがよくわかる瞬間ですね。
イベントに全力をかけて挑んでくれる姿勢、超最高です!!

ぜひあなたも、超バンドの演奏を聴く機会がありましたらその演奏に耳を傾けてはいかがでしょうか?

進化してるVOCALOID/UTAUパート。

前回は生で見れたVOCALOID/UTAUパート。今回は行けなかったためにタイムシフトで見ました。

今年はかなり進化しましたねぇ…w

透明のスクリーンだけでなく、ステージ中央上部のLEDスクリーンも使うようになっていたのが一番の変更点であり、一番の評価点だと思います。

見る部分が大きく広がったため、魅せ方が格段に広がりましたね。
疾走感や、ミクさんが天使であることの実感…、などなどとにかく見ごたえがあるものだったと思います。

スタートからクライマックスのあの演出はさすがだなと。
オルゴールをお客さんに弾かせる演出は予想できるんですけど、そこからどんな曲が流れてくるのかっていう期待感はハンパないですね。
で、そこからのあのイントロ…。wktkが止まらなくなりました。
そして、天使ミクさん登場!!

とにかく、毎回演出が神がかっているなと思っております。

よくよく考えると、いろんな会社(事務所?w)から発売されているボカロたちが一度に集まってライブするのって、現状この超パしかないんですよね。

ボカロ曲をほかのボカロがカバーする。

動画では当たり前のことですけど、ライブだとほら大人の事情やらなんやらで難しい。
でも、それができる、やろうと思ってやれる超パーティーって豪華だよなぁなんて強く感じさせられました。

そう考えると、ボカロパートへの熱の入りようにも納得がいくってもんです。はい。

来年はどうなるんだろう。

かなり気は早いですが来年の話。

来年はいい意味でも悪い意味でも大きな変化があると思います。

というのも、今回の超パⅢはⅡ以上にいろいろと問題が発生していたみたいです。超会議3にも言えることですけどね。
超パも3回やってきて、そろそろマンネリが気になるところ…。
そういう意味でも、来年はいろいろと変わっていく、そんな気がします。

来年に向けて一つだけお願いしたいことは、

クローク復活して!!

超パⅡではクロークがあったもんで、てっきり超パⅢもあるかなーなんて思っていたら、今回は用意されていなかったのです…。
コインロッカーだけじゃ足りないのは分かりますし、キャリーバッグのような大きなものになると、そもそも入らないのでクロークは必要なんじゃないかなーと思います。

ちなみに。

来年のために、コンサートペンライトを購入しました!!



ヨドバシで、1,830円でした。
17色も色が変わって、ボタン電池式なので軽い!
超パでは弾けまくる僕にとって、これから必需品になっていきそうです。

というわけで、こんな感じで超パⅢの個人的総括をしてみました。

来年の超会議、超パーティー両方とも大いに期待を込めて待ってます!!

あと、絶対にありえないと思いますが、来年MCやってたらどうしようかなとか考えていたりもしますwww
絶対にないと思いますけどねw


では。ふわっふう

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事