ふとももむっちりーに腹切り珍道中

【CHO】キャリーの運用、その他初手吸血って。

2014/01/06 08:32 投稿

  • タグ:
  • CHO
  • オンラインゲーム
  • カオスヒーローズオンライン
皆さんおはようございます。ふとももむっちりーにでございます。

前回の記事が良かったのか、生放送にて「分かりやすかったから更新オナシャス」なんてお言葉を頂いたりしている次第で。ありがたいっすなぁ。

余談ですがCHOやゲームに関係ない日記も普通に書いたり、リアフレ向けの内容だったりの記事も合ったりしますので、もしゲームに関する場合だと【CHO】だったりと【】内にゲームタイトルや略称入れて紹介していきたいと思いますので、ゲーム記事以外興味ねぇよHAGEがという方はそちらだけ御覧ください。

普段の日記は写真載せたりチョロっとした事書いたりしてるので、ご興味ある方はどうぞ。

はてさて、とりあえず今回のテーマとしては「キャリー」についてです。



そもそも、キャリーとはなんぞや?っていう初心者の方もいらっしゃると思います。

分かる、この手のゲームって専門用語多いからね。私も全部把握しきれてないぐらいだしね。

一つ一つ言っていくととても時間が掛かってしまうので、ある程度はご自分で調べてみてください。基本的にはCHOwikiの方に書いてあると思いますよ。

さて話し戻しましてキャリーとは。

Carry Edit

  1. スキルや、ステータスの関係でゲーム後半で強くなる晩成型のヒーロー
    チームを勝利へ運ぶという意味から
    「ゲームをCarryする」等、動詞として用いられる場合もある    wiki抜粋

とまぁ成長させると強くなるという陣営の要の部分でもあるヒーローですな。

晩成型のヒーロー、つまりアグネスやセレナといった通常攻撃をメインに戦うヒーローが多いですね。例外も居ますが。

他にもライカンや神谷(霧雨の朱鬼)のような準キャリーといった物も居たりします。


そらレベルあげたら全員強いと思われるかも知れませんが、ほとんどのスキルのダメージは固定ダメージですが、通常攻撃をメインとしたキャリーは自分のステータスに比例して火力が上がっていくというのがまず第一でございます。

なのでHPや攻撃力の低い序盤、中盤ではスキルアタッカーの方が火力が出てしまうので立ち回りには気をつけなければ行けませんね。


はてさて、キャリーにも色々なタイプが居ますがちょっと簡単に分けてみましょう。

  • アグネスやセレナ、ナーズのような通常攻撃をダメージソースとした標準的なキャリー
  • アカシャ、覇王様(ベルゼビュート)のような他キャリーよりも終盤以降の伸びが凄まじいタイプの超晩成型キャリー
  • アリシアやセルベリアのような、攻撃スキルを多く持つスキルアタッカー気味なキャリー
  • ぺこ氏のマルクスといった殺意型キャリー


とまぁ大雑把に分けたらこのような感じかなと。

共通して言えるのが育ってしまうと手が付けられないと言うことですね。

逆に言えば育ってないキャリーと言うのは脅威では無く大型クリープでもあるので味方の保護や立ち回りをある程度工夫しなければいけませんね。

ただし、アグネスのような強力なRやアリシア、セルベリアといった多彩なスキルを持った相手だった場合は、序盤でも注意が必要になります。

今回は自分がキャリーを使用時の注意点をサラっと書いてこうと思います。

基本は攻撃力ガン上げの脳筋ビルド。ただ最低限の耐久力は確保して。

基本的にキャリーは火力をガン上げしつつ後半に備えて育成を進めていきます。ですが、如何に超火力を出せるキャリーと言えど死んでしまえば攻撃力は0。その為最低限の耐久力が必要になってきます。

というのも、悪童やレクターのような一発貰えばそのまま行動出来ずに昇天なんてキャラが多いのに火力ばかりを追い求めてもデスが量産されていくこと間違いなし。

だからといってHPばかりにビルドを優先させれば火力が出ずに非力なキャリーの出来上がり・・・

その為、相手の構成を踏まえた上で「これぐらい積めば○○のスキルコンボは耐えれる」と言ったラインを見極め、HPを確保していきましょう。

最低限のHPさえアレば、後はLVUP時のステUPで耐久は増えていくので最低限で大丈夫です。

余談ですが耐久より先に風の印章で最大移動速度を上げて逃げ切るタイプもあります。

これはキャリーは遠距離攻撃型が多く、最大移動速度が420だか430だったかなので、これを移動速度450にし逃げ切るタイプもあります。

個人的には450にしようがレクター等の突撃タイプや、ジャングルでばったり遭遇なんてのが多く、逃げ切れる事のほうが稀なので速度よりも耐久を優先したい所です。

生命の玉もビルドとしては派生先が優秀だし安価なのもありますし。


安全をある程度確認してる状態で戦闘、育成に勤しむ

序盤中盤のキャリーなんて豆腐の如く柔いのでRスキルを抱えている状態、帰還がない状態で視界を確保できていないジャングルに突撃するのはかなーり勇気が入ります。

しかし、ジャングルに湧くクリープ(中立MOB)を取るか取らないかで育成スピードが段違いです。

ただし死んでしまっては元も子もないので帰還を抱えていない状態でアレばレーンに戻って流れてくるミニオン(敵MOB)を食べていたほうが安全だし確実だと思います。

もし何もない状態でジャングルに入るのであれば、倒せない相手を発見した場合は近寄らない。そして見つかった時にどう逃げるかを覚えた方がいいでしょう。

そして集団戦、キャリーは柔いので狙われやすいです。その為に立ち位置がかなり重要!

出来るだけ最初は味方より前に出ない事を意識してみましょう。それだけでも違うはずです。

さぁここで味方のRと敵のRが入り乱れる集団戦の始まりです。少し後ろに控えていたあなたの目の前には上から隕石が降ってきたり地面が燃えたり土の中からいかがわしい触手が生えてきたりと大乱戦になってるでしょう。

後ろに控えていたのであれば軽傷で済んでるんじゃないですかね。

本当でアレばこの集団戦時にある程度キャリーも敵にダメージを与えたい所ですが、油断して前に出過ぎるとRスキルがぼんぼん飛んできて蒸発待ったなしなので慣れないうちは味方の影でコソコソとダメージ与えていくのがいいんじゃないですかね。

とにかく生き残るに越したことは無い。ただ敵のRスキルには注意して火力を出して行ってね!倒せそうな敵はしっかりトドメを刺していこう!


育成の効率を考えて動こう

先ほどちょっと触れましたがジャングルに発生したクリープを食べる事によってレベルの差というのを広げて有利にしていきますが、クリープが湧く時間というのは決まっています

2分 3分20秒 5分の周期で発生し、ミニオン同様経験値やお金をくれます。(少量のMP回復効果もあったり)

なので、索敵以外でクリープが居ない状態でジャングルに潜るのは危険度が増します。大人しくレーンに残ってミニオン食べるか味方にひっついた方がいいでしょう。

主観ですがオイシイ順番としては

大型クリープ(敵ヒーロー) > 5分クリープ > 3分20秒クリープ = ミニオン 2分クリープの順番になってると思います。

湧きの周期をしっかりと把握して、効率よく経験値を稼いでレベル差をつけていきましょう。

ただし5分クリープを処理する時は、高台に敵が待っている可能性大なので注意しましょう。

レベルを上げて物理で殴ればいい作戦。というか、敵や味方よりもレベルが先行していくぐらいので速度でなければアドバンテージを取ることが出来ないのでこのファーム(育成)がとても重要です。

逆に言えばファームが苦手な人はキャリー自体が向いていない可能性が高いです。別タイプのヒーロー使ったほうが向いてるかもよ!

ファームのコツとしてはミニオンをしっかり食べるです。

というのもミニオンは流れてくる経験値なので、これをタワーやセンチネルに消化させるのはとてつもなくもったいないのです。

このミニオンをしっかりと食べれていると勝手にレベルやお金が溜まっていきます。というか暇な時はずっとミニオン食べてるぐらいで丁度いいんじゃないですかね。


さてファームですが注意点。

序盤のグラナイトゴーレム、猛る猛牛、ブルードラゴンはめちゃくちゃ強いんで注意しましょう。

最初5分後に発生するゴーレムや猛牛は初っ端で突っ込むと返り討ちになる可能性が高いんですよね。

倒せたとしてもかなり手こずって耐性POT、吸血POTを使ったりチーズ使ったりと。

なので無理せずにレーンにとどまって、処理できる人が処理。もしくは集団で強力して倒したほうが安全だしオイシイと思います。

最初の5分に関しては自己強化系のRスキルで回転率の早いRスキルを持っているヒーローであれば、クリープ処理に使っても全然アリなんじゃないでしょうか。




さらっと書きましたが自分でも言いたいこと言えてるのか謎なので、分からない所とかオカシイ部分がアレばコメントして頂けるとありがたいかなと。

立ち回りに関しては使用するヒーローや相手の構成次第だったり慣れだったりするので練習あるのみではあります。

が、ファームに関してはし易いし辛いはあれどやること自体はどのヒーローでも共通なので、これが苦手な人はキャリーに向いていない。とも言えます。

キャリーの差がゲームに響く事はかなり多いので敵もキャリーを狙ってきます。育たなくて大型クリープの出来上がりなんてことが無いようにしっかりと立ち回りましょう。




さて最後にちょっとした余談になりますが・・・
初っ端から吸血ハンマー等の吸血装備ってどうなの?

個人的にはナシだと思います。

さて価格的な所から見てみましょう。

狂気のハンマー4000攻撃力+55
特殊効果1:吸血LV2
通常攻撃時、与えたダメージの20%をHPとして吸収します。
使用効果1:吸血ポーションLv1
40秒間、与えたダメージの35%をHPとして吸収します
攻撃力+12

これが吸血ハンマーを作った際の効果と値段です。
パッシブで吸血が付いており、さらに使用時には吸血POT効果もあり性能としては強そう!


で、す、が。

そもそも吸血の効果からして自分がダメージを負っている状態で初めて効果を発揮するものにまりますよね。(使用時の火力UPは除いて

確かに強いんですが、序盤のキャリーの場合だとダメージを食らったら即死というスペランカー状態だったりするので吸血してる暇がありません。

更にはそもそも吸血が出来る殴り合いに持ち込めないということです。スタンやらの状態異常だったりで純粋に殴り合いっていうのが出来ないので効果が薄いんですよね。

それだとしたら同じ値段で購入できるようなタイプで行くと

悪魔の剣×2 ダガー1 値段3900 攻撃力78

のほうが火力も出るしキルも取りやすいし、建築の破壊も楽だと思うんですよね。

それでも吸血がほしい状況であれば吸血POTを使えばいいのですし。

殴り合いに持ち込めるような耐久力等を持った状態で戦う事の出来る中盤以降であれば有能な装備ではあるんですが、序盤で装備するにはちと期待が薄いのではないかなと思います。

要するに耐久力がねぇのに積んだ所で吸う暇無く死んじまうからやめとけって話ですね。

まぁライカンや神谷のような闘士タイプは狩りでもなんでもダメージは必ず受けてしまいますし、ある程度の耐久力があるので吸血剣はアリだと思いますが。としてもハンマーまで行かないで吸血剣だけでも序盤なら良さそうではあるけれど・・・





とまぁこんな感じのコラムっぽいサムシングでした。次回はアイテム関連で記事を書けるといいなぁ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事