扶桑の作業日誌

Speedrun.comでVariableを触ったらリーダーボードから記録が消えた時の対処法

2021/02/02 22:13 投稿

  • タグ:
  • Speedrun.com
  • RTA

ごきげんよう、扶桑です。
今回はSpeedrun.com(以下SRC)におけるVariablesの取り扱いについてのお話です。

というのも、現在解説動画を作成中のタベオウジャのSRCページを作成中、Variablesの説明を書いてなかったことに気がついたからです。日本語参照記事が見つからなくてめんどくかったから

ざっと探したところ、SRCのVariablesの編集の注意について説明した日本語記事が見当たらなかったので自分でまとめることにしました。Variablesの編集は細心の注意を払って行われるべきものであり、Full modの方が作成したガイドにも、Variablesの挙動がよくわからない時はSRCのサイトスタッフに聞けと書いてあります。
実際にVariablesの設定をミスってリーダーボードを吹き飛ばし、あげくに再起不能になることがないよう(笑い事ではなく実際にこういう案件があった)にお祈りしています!

0.要約
Variablesを弄ったあとにリーダーボードの記録が全部消えた!
→Edit gameのVariablesタグを開いて、各Variable右上の「︙」をクリック、その後「Set the default for all runs without a values」をクリックすると記録が戻ってくる
(新しいVariableを追加した場合はそのVariableでやる、削除した場合は既存のVariableでも新しく作ったVariableでも可)

1.Variablesでできること
使用キャラクターやバージョン、難易度等の細かい条件を追加する項目です。
これでサブカテゴリを作成することができ、リーダーボードを分けることができます。



この緑でハイライトされている部分がサブカテゴリです。
サブカテゴリはメインカテゴリのルール表示を引き継ぐので、ちゃんと設定するとメインカテゴリのルールの記述の簡素化とリーダーボードの適切な分離を行えます。
カテゴリを安易に分けようとするとやらかします。

2.Variablesを設定する
最初にVariablesを書くときは、こうなっています。



右下の"New variable"をクリックすると、最初に”Variable name"の設定を求められます。
記録提出項目に変数名が出るので、皆さんにわかりやすい名前で書きましょう。
この辺はRTAGamer様を参考にすると良いでしょう。
名前を入力したら、Variableの中身を書きます。”New value”をクリックした後、名前を入力します。
Valueの中身は、Variableがサブカテゴリに設定されているかいないかによって異なります。サブカテゴリに設定されていない場合、Valueは名前のみの入力になります。
サブカテゴリに設定されている場合は、ルールを書くことができます。ここに書いたルールはValueが適用されているゲームのCategory Rulesの下に付け加わる形で追記されます。
また、表示したくないValueはmisc.に格納することもできます。

3.Variablesを追加する
ここから本題。
たまに、新しくルールを追加したくなるときがありますよね?
試しにtestと名前のついたVariableを追加してみます。
当然ですが、普通SRCのリーダーボードでVariableをいじって遊んではいけません。

(Variable追加前)




ここに、testのVariableを加えてみます。



testと名前のついたvariableが追加されましたね!
追加して、リーダーボードに戻るとこうなります。



記録が消えてる!?
と焦ると碌なことになりません。これをやったら一回落ち着きましょう。解決策は5.を見てください。

4.Variableを削除する
やっぱこの区分けいらないよねってことも当然あります。
というわけでVariableを削除してみましょう。

(削除前)

この難易度分けを削除して、もっといろんなデータがリーダーボードに記載されるようにしたいとします。

消すぞー!と消して戻るとこうなります。


また記録消えたよ!
…はい、焦ってはいけません。これでカテゴリごと消すと復旧できなくなるので。

5.Variablesの正しい追加・削除方法(解決策)
3.も4.も正しい処理を行っているはずですが、どうして消えてしまったのでしょうか。
正解はある手順を忘れているからです。
それは、「Set the default for all runs without a value」の設定です。
この項目は、Variableの右上の︙のメニュー内にあります。
(この画像は4.からの続きです)



この項目を設定してあげないと、既存の記録がすべてリーダーボードから非表示になります。
Variableを追加した場合は新しく作ったVariableでこの項目をクリック、削除した場合は既存のVariableでも新しく作ったVariableでもいいので項目開いてクリックします。



すると、リーダーボードに表示されていなかった記録が再び表示されるようになりました。
これにて移行完了です。


おまけ:なんでこれをやらないといけないの?
Speedrun.com - Setting up and configuring a leaderboard on SR.C - The Site Forum - speedrun.comによると、Variableが適切に登録されていない記録はリーダーボードに表示されない設定になっているとのことです。「Set the default~」をやることでVariableを再設定し、すべての記録のVariableを修正でき、適切に登録された記録がリーダーボードに再度表示されるということみたいです。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事