wimのブロマガ

ぎんぎつね ~ハートフル神社ファンタジー~ いいアニメだった

2013/12/30 19:59 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • ぎんぎつね
  • ニコニコ秋アニメ2013

特に何がある、というアニメではなかったのですがその何気ない日常がとても心地よく描かれていて、終わるのがもったいないと感じた良いアニメでした。
最終回のラストシーンを見届けて思ったのが「感動した」とか「終わってしまって悲しい」ではなくて「もっと見続けたい」でした。
というか未だに終わった、という実感がありません。来週あたりしれっと放送したりしないかしらん?(笑)

秋アニメ中間の感想でも書いたのですが一話を見た時点では「これどうなんだろうな」という微妙な感想でした。しかし二話三話と話が進んでいくうちに登場人物も増え、人間関係が構築されてくるようになるとハートフルストーリーが本領発揮、魅力がぐんぐんと湧いてくるようでした。
ストーリーとしての山場はOPでも印象的に描かれていた別の神社からの居候、悟とちっちゃな神使ハルの物語でした。ちょっと重めのストーリーでしたが、悟の「とっても楽しそうな顔」が見られた第六話はその重いものがすっと晴れたような感覚がありました。
その後のストーリーではハルのやかましさ(笑)もあって、物語が賑やかになり後半のストーリーがより楽しめるものになったと思います。直後の7話のゲストがハルに輪をかけてやかましかった、というのもその印象に輪をかけていたのかもしれませんが(笑)

特に印象深かった話は仲良しトリオ結成の二話、前述の通りの六話七話船橋さんの魅力全開の八話。そして夏越の祓が美しく描かれたラストの二話。
八話でも語られていましたが船橋さんは初登場の時から考えると格段に柔らかくなり、もともと美人さんでしたが可愛らしさもプラスされてとても魅力的なキャラに描かれていたと思います。恋愛要素も詳しく描写されていてそこも魅力的。神社や神事に興味を持ちたてのキャラとして説明役や聞き手になって視聴者に神社のことを伝える、というこの作品のある意味重要な役割もありました(笑) お気に入りのキャラです。
その神社の描かれ方も良く描かれていて、三話の亀さんや七話の神仏習合など問題提起もはさみつつ日本の神様の適当さとか身近さも感じることが出来、よい販促活動にもなっていると思います。
日本人なのに初めて知ることもあり目から鱗。参拝の仕方とか、手を合わせるとき右手をちょっとずらすとか細やかな解説もあったりしますし。
出てくる神使も魅力的、才丸歌丸の狛犬コンビ、風ちゃん吹ちゃんのお猿さんペア、亀さんと皆スポット参加なのが惜しいくらいに良いキャラをしていてこのあたりももっと楽しみたかったです。

キャストの方々も皆合っていて演技も素晴らしかったです。
何やっても許されるような(笑)包容力のある冴木達夫、お父さん役の関俊彦さん、輝くような明るさのあるまこと役の金元寿子さん、やかましさと可愛さ、包むような優しさも感じられるハル役の藤村歩さん、そして力強く見守ってくれるような銀太郎役の三木眞一郎さん、冴木神社の面子は特に素晴らしかったと思います。
あと生徒会長役の杉田さんには笑わせてもらいました(笑) もしかしたらテストテイクが使われていたのかな?みたいな所がチラホラと。杉田演技しろ(笑)

映像的も丁寧で、一話を改めて見返すと手を合わしている時に右手をわずかにずらす描写がされていたり、表情が変わる時ワンクッション置いて変化するとか細かい所にも気を配っていたりします。悟の「どんな顔」という微妙なところもよく描かれていていいですし、まことの向日葵のような笑顔も印象的、三話の無理して笑っている姿は普段がああなだけに胸を打ち個人的にベストショットだったりします
後は背景画が皆綺麗であった、というのもポイントかと。今期のアニメは全般的に背景が良かったのですがぎんぎつねは生活感というか人の領域と自然の領域の融合というか、その辺りが日本的な寺社観みたいなものを助長させていたように感じます。最終話の夕日の表現とか川の照り返し等、光の表現も見事だったと思います。

同シーズンで放送されていた「のんのんびより」は、一年間を描いていてすっきり終わらせたという感がありましたがこちらは6月の夏越の祓がラスト。終盤でも剣道部の面々や義友おじさん、江津子伯母さん等新キャラも出てきましたし、二期ができる要素はバッチリ残してあるので続きも見たい所。秋の神社、紅葉に濡れる境内や雪の降りそそぐ鳥居等、画的に映える季節もまだ見ていませんし。金次郎関係も謎のままですしね。(このあたりは原作との兼ね合いでしょうけれども)
続いていく世界」と「それを見守って行くモノ」が主題の一つとして感じられたので、是非我々も神の視点から、またこのゆったりとした世界を見てみたいものです。

重ね重ね、続きが見たい良いアニメであったと思います。
                                      了
__________________________________________


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事