wimのブロマガ

2013年秋アニメ 中間折り返し雑感

2013/11/19 03:50 投稿

  • タグ:
  • アニメ
  • ニコニコ秋アニメ2013
  • 2013秋アニメ


秋アニメも(1クールのものは)折り返しに突入しました。
そこで視聴を継続しているものについて軽くまとめてみようと思います。
では、暫しお付き合い下さい。


__________________________________________
・WHITE ALBUM2 
制作:サテライト 原作:アクアプラス 監督:安藤正臣 
__________________________________________


現在7話まで視聴。今季唯一の原作プレイ済みの作品。2と銘打っているけれど1と直接の繋がりは無い独立したお話。1を知らなくても問題なく楽しめます。
全体的に丁寧に作られていて、他の作品に比べても音楽の力は頭抜けている印象
各話の情報量も多く且つ無駄なシーンがほとんどないというのも特徴。繰り返し視聴に耐えるクオリティも高く、見直すたびに何か発見がある情報量と細かな演出と噛めば噛むほど味の出るスルメのような作品です。
恋愛ドラマ、しかも三角関係を真正面から描いている作品なので好みが分かれるだろうと予想はしていたのですが、そんな些細な好みなど踏み越えていけるだけのクオリティとスタッフの心意気の高さを感じます。
特に一話の美術のクオリティは映画レベルでもおかしくないんじゃないかと。
原作組ということもあって毎話の感想も書いているので詳しくはそちらを。
お気に入り回は1話、3話、6話。キャラクターは全ての人物がお気に入り。
3話より流れる今作のED(1話2話は特殊ED)は心地よく流れる名曲だと思うので一度聴いてみて頂きたい。
__________________________________________
・のんのんびより
制作:SILVER LINK. 原作:あっと(コミックアライブ) 監督:川面真也
__________________________________________


現在地上波で6話まで視聴。ほのぼの日常田舎モノ。
田舎を題材にしているだけあって背景画、風景の奏でる音などは他の追随を許さないものに仕上がっているかと。全体的に田舎
ニコニコでは1話無料、他は生放送を除き有料。
1話にこのアニメがどんなものかがギュッと詰まっているので1話を見て気になった回をチェックする、という見方もOKかと。1話さえ見ておけば後はどこを見ても楽しめるでしょう。
筆者はそういった趣味ではないのですが蛍の5年生とは思えない魅力と小学1年生れんげの子供らしい爛漫さにはくらくらとやられてしまっています。まったく、小学生は最高だぜ!
所謂一般の萌えとは違い、田舎の子供たちとその取り巻く空気感そのものを愛でるといった表現が一番近いのかもしれない。あと唯一の男子生徒のお兄ちゃんがどこに写っているのかを見る楽しみも(笑)
お気に入り話数は1話、そして4話。特に4話は必見の神回、まさかのんのんびよりで泣かされることになろうとは・・・。
その4話を神回に押し上げたれんげが今のところのお気に入り。にゃんぱすー。
「らいちんぐ」「持ち運びやすい先輩」「すぃんかんすぇん」「かにー」等言葉自体や語感の面白さも特徴の一つであるかな?
田舎モノらしく四季折々の美しさも堪能できるので今後もそのあたり注目して見ていきたいですね。特に今年短かった秋を堪能したいかと(笑)
OPEDはどちらも良曲で映像も○。
アニメファンのみならず万人にお勧めできる良アニメです。
__________________________________________
・夜桜四重奏-ハナノウタ-
制作:タツノコプロ 原作:ヤスダスズヒト(少年シリウス) 監督:りょーちも
__________________________________________


6話まで視聴。
小気味良いアクションとバラエティ豊かなキャラクター、パンチラパンモロお色気要素と近代のアニメの良いところをまとめ上げたかのような作品かと。
動く楽しみも存分に味わえるアニメーションで、ここはさすがのタツノコプロといった感じでしょうか。
惜しむらくは前のシリーズを見ていないので若干置いて行かれている感がある、といったところ。でも十分楽しめているし話が全く分からないということはないのでそのあたりも気を遣って作られているんだなと感じます。
今季で一番アニメらしいアニメなので初心者から上級者まで、こちらはアニメファンにこそおススメしたい。
お気に入り話数は3話4話。5話からは一連のお話なのでまだ評価はできないところ。
展開やお話の作りはかなり王道なので見ていて安心できるところもポイント。
お気にのキャラクターは五十音ことは。見た目が好みなんです(笑)。
__________________________________________
・ぎんぎつね
制作:ディオメディア 原作:落合さより(ウルトラジャンプ) 監督:三沢 伸
__________________________________________


7話まで視聴。~人間と神使の心の交流と絆を描く、ハートフル神社ファンタジー~とは公式のジャンル名。内容もそれに見合ったものとなっています。
開始前に今季最も注目している作品、と押していた本作。
1話が想像してたよりもちょいびみょいかな?と思っていたのですがそれもそのはずこの作品はハートフルを謳っている物語です。ハートフルを描くには様々な人間関係が必要ですね?そう、今作は登場人物が増えるたびに魅力を増してくる作品だったのです。
なので1話より2話、2話より3話とどんどん面白い作品に仕上がってきている感があります。
1話で視聴を切った方、もったいないことをしていると思うので今からでも観ることをお勧めします。
心の交流がメインで動き等は少ないのですがその分表情の変化や声優さんの演技が重要になって来るのですが、今のところそこは大成功しているかと思います。特にお父さん役の関俊彦さんの演技が素晴らしいですね。
6話でメインで動くであろうキャラクターは揃った感があるのでこれからが本番、といった感じでしょうか。神域の描き方、人と神使と神社の関係も問題提起等もはさみ、きっちりと表現されていて寺社仏閣好きとしてはとても好感が持てます。
これから動く作品だと思うのでまだ見ていない方も是非ここから一緒に見てみて下さい。
お気に入り話数は2話、3話、5話。キャラクターは船橋日輪子、ハル。日輪子は髪型を変える回があると信じている。(劇的に変わると思うので)
あと、まことのひまわりのような笑顔が印象的
__________________________________________
・(番外)てさぐれ!部活もの
制作:てさぐれ!製作委員会 監督:石舘光太郎 アニメーション監督:たつき(irodori)
__________________________________________


ニコ生まとめ放送で流し見。ニコニコでは過去動画は全て有料105p。
数々のアニメが制作されている昨今、「こんなアニメもあっていいんだ!」と思わせてくれる超変化球な作品。
一度見たら二度と忘れられない、そんなパワーがある奇作であります。
OPは一度は見た方が良い。上級者向け。
値段のせいもあってか円盤市場を荒らしそうな予感がプンプンと(笑)
__________________________________________

この他にも「BLAZBLUE ALTER MEMORY」「<物語>シリーズセカンドシーズン」は見るようにしていますが前者は語れるほどのものを持っていないですし、後者は完全な続編なのでここでは断念しておきます。
始まる前は不作不作と言われていたようですが蓋を開けてみると珠玉の作品も多く、ここでは取り上げていないですが「キルラキル KILL la KILL」「凪のあすから」など話題作も出ている秋アニメ。全体的に背景美術が良い作品が多い印象で、日常を描いた作品が高評価なのもそのあたりが影響しているのかな?と。
これから冬になるのでそれにリンクするような作品はより楽しめ、その他の作品もおこたにみかんでじっくり楽しんでいけそうですね。  それではお付き合いありがとうございました。

                                       了
__________________________________________


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事