ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

wimのブロマガ

第八回シンデレラガール総選挙、予想してみた

2019/04/22 16:16 投稿

  • タグ:
  • アイドルマスター
  • アイドルマスターシンデレラガールズ
  • アイドルマスター_シンデレラガールズ
  • 第8回シンデレラガール総選挙
桜の季節も終わり、新緑のさわやかな季節、
しかしシンデレラたちにとっては輝かしくも慌ただしい季節の到来です。

もうこんな時期なんですね、しかも八回目、随分遠くに来たものだ。初期から見るとかなり違った様相になってきているので少し整理して見てみようと思い記事にまとめてみました。
最初に断っておきますが、過去のデータを基に考察しているのでかなり普通な結果で面白さには欠ける記事となっています(笑)、それでも良いよってな方はお付き合いいただければと。
では、予想開始です。


まず過去のデータを見て一目で変化を実感するのが第六回と七回の票数ですね、デレステ勢の本格参戦ということで増え方がエグくて新生された感があります、なので当然ながら最重要視すべきは前回第七回のデータ。【デレマス】シンデレラガール総選挙 歴代結果まとめ 様より引用させていただきました。今回はこのデータを基に考察していきます。

1位:「安部菜々」2307719票
2位:「本田未央」1933964票

3位:「北条加蓮」1280810票
4位:「鷹富士茄子」1222199票
5位:「鷺沢文香」1216141票
6位:「一ノ瀬志希」975884票
7位:「佐久間まゆ」961034票
8位:「高垣楓」951207票
9位:「輿水幸子」920574票
10位:「双葉杏」861358票

11位:神崎蘭子 12位:白菊ほたる 13位:速水奏 14位:緒方智絵里 15位:島村卯月 16位:神谷奈緒 17位:南条光 18位:佐城雪美 19位:喜多日菜子 20位:高森藍子 
21位:アナスタシア 22位:佐藤心 23位:城ヶ崎美嘉 24位:遊佐こずえ 25位:渋谷凛 26位:宮本フレデリカ 27位:前川みく 28位:新田美波 29位:橘ありす 30位:白坂小梅 31位:小日向美穂 32位:森久保乃々 33位:二宮飛鳥 34位:的場梨沙 35位:五十嵐響子 36位:諸星きらり 37位:今井加奈 38位:星輝子 39位:多田李衣菜 40位:依田芳乃 41位:ナターリア 42位:八神マキノ 43位:相葉夕美 44位:櫻井桃華 45位:浅利七海 46位:工藤忍 47位:塩見周子 48位:三船美優 49位:三村かな子 50位:藤原肇


第ナナ回ブーストのウサミンとシンデレラガールズの顔であるニュージェネの未央以外はだいたいデレステの人気上位って感じですよね、アニメで活躍した面々も復活していたりしているのでアニメやデレステから入ったライト層がかなり入っていることが分かります。第八回もデレステでの動きが重要になって来そうです。

デレステ的に見ると唯一茄子さんの躍進が説明が付かないのですが、これは過去の総選挙からの流れで見ると当然の結果なんですよね(勿論デレステのモデルの良さやカードの良さもプラスの要素でしょうけれど)、クール属性はボイス順番待ちの上位に票が集中する傾向にあるんです。
第四回の周子はボイス総選挙2位、第三回クール5位のダブルパンチ補正で堂々のシンデレラガールに、第五回の三船さんもボイス総選挙上位でしたし、直近の選挙でも良い成績を収めてのジャンプアップ。第六回の肇ちゃんと荒木先生はその恩恵が顕著、特に荒木先生はもの凄い駆け上がり方でしたね。(これは後述する「シンデレラ補正」もかかってのことだと思います)
で、その六回でクールとしては次点の6位(全体13位)であった鷹富士茄子さんが堂々の4位!ボイスは付くだろうと思っていましたが、まさかあそこまで上がるとは驚きでした。
なので順当に行けば前回未ボイスクール最上位の佐城雪美ちゃんが得票を伸ばすでしょう、ただ前回の上位者を見ても分かる通りロリキャラは苦戦する傾向にあるんですよね、これは過去の選挙を見てもそうで(データとしては微妙な)第一回の仁奈ちゃん、ボイス総選挙のありすを除いて総選挙で声が付いた年少キャラはいないのです。
そのデータを覆す力が雪美ちゃんにあるのかがポイントになって来ますね、ロリキャラの中でも物静か組なので爆発力はなさそうですが着実な支援は得られそうです、キャラの性質的にもクールPの支援も受けられそうなのでどれだけ広く支援を呼び掛けられるかがP陣営の腕の見せどころではないでしょうか。クール上位の壁は果てしなく高いですが票の集まりやすい要素は十分なので今回の見どころの一つでしょうね。

ボイス的な見どころと言えばやはりパッション属性、毎度毎度目まぐるしい選挙結果なのですが(笑)、今回も荒れそうです。佐藤心、南条光と勢いのあるアイドルがボイスを取っていたり村上巴や喜多見柚のように根強い支援から跳ねるアイドルもいます。
全体的に票がフラットな印象なので何か流れをつかむと一気に駆け上がることが出来る属性ですね、誰にでもチャンスがある。
で、今勢いのあるパッションアイドルと言えば新人アイドルの「夢見りあむ」ですね、ザコメンタル自称、ドルオタ、3サイズ体重不詳(でもかなりの巨乳)、奇抜なファッションと属性モリモリの盛り系アイドルですが、まぁここまでやったらむしろ全てが愛嬌です(笑)。
ツッコミ所も多いので一部で火のついている感がありますが、その空気が周りに伝播していっているような感がありますね。実際はデレステ実装が選挙前日であったりとどこまで浸透しているかは未知数ですが、この行けそうな空気ってのはかなり重要、実際の選挙でも「風が吹く」という表現がされますが全体の空気を持って行ってしまうのですよね。
シンデレラでも第六回で関裕美が起こした旋風が席巻しましたが、その選挙ではニューカマーが上位に来る率が高かったですからね、今回「りあむの風」が吹くと選挙自体に大きな影響を与えそうです。
パッションでは他に的場梨沙、ナターリア辺りが有力ですね。
ヴァリサはU149補正もありますし根強い人気の結城晴とのユニット「ビートシューター」を熱望する動きもあります。
ナターリアはその他にない魅力が最大のウリでしょう、海外勢としての難しさはありますが補って余りある魅力に間違いはありません、キャストや作曲家の中にファンがいるのもポイントですね(笑)。
この候補三人に共通するのはどんな声が付くか非常に楽しみ、ということですね、幅広い表現が可能なので声が付く期待感が凄くあるんです、どんな声優さんが来てもキャラ自体の懐が広いのですんなり受け入れられそうな予感が。(りあむが若干スキルが要りそうなのでガチの新人さんでは難しいかもしれません、個人的には大久保瑠美さんのイメージですね)

で、ボイス最難関のキュートですが・・・、これは今回も難しいかもしれないですね。
前回の未ボイス最上位が遊佐こずえちゃんなのですが、キュート9位 全体24位、前々回が10位 29位と立ち位置的にほぼ変化が無く、風が吹く要素もあまりないんですよね。しかもロリキャラであるという(選挙的には)ハンデ付き。
キュートは上がガチガチに固まっているのでクールの順位応援票やパッションのお祭り感による票が入りにくいのですよね、浮動票があまりにも少ない
これを打破するには他属性からも多く支持を受けなくてはなりません、多く注目され光り輝く「シンデレラガール」になる必要があるんですね、第五回、第六回の関ちゃんのような。
この「シンデレラガール補正」、先述の「風」と似たような効果があるのですが、暗黙の了解の様な無意識の集合体的なものなので意図して起こすのはかなり難しく、しかも上位下位関係なく起きるのでボイスを取ろうとする勢力には厄介な要素でもありますね(笑)。
(例として出した関ちゃんですが彼女の場合はかなり特殊で、関ちゃんP諸氏が起こした風にシンデレラ効果が乗っかった最強のパターンだったのでは?と思っています)
この効果が乗ったと思われる面子は第三回の「渋谷凛(5位→1位)」第四回の「前川みく(22位→2位)」第五回の「島村卯月(6位→1位)」「森久保乃々(27位→4位)」「関裕美(圏外→31位)」第六回の「本田未央(6位→2位)「荒木比奈(21位→4位)」「関裕美(31位→9位)」第七回は「安部菜々(12位→1位)」「本田未央(2位→2位)」ですね。
「シンデレラ」または「灰被り」のイメージが強いアイドルが選択されています、卯月や菜々さん、森久保が分かりやすいですね(笑)。
で、今回このイメージに当て嵌まるアイドルは誰だろう?と考えたときに未ボイスキュート勢でパッと思い当たる娘はいないのですよね、こずえちゃんは相方である桐野アヤさんに声が付いていたら候補だったのでしょうが(待っていた感が出るので)個人ではまだ弱いかな、と。
無理に挙げるならば新人のあかりんご、こと辻野あかりが候補ですね。色々とインパクトがあるので(笑)マスコット枠のりんごろうさんと共に爆発する可能性はありますが、一発で仕留めるにはまだ足りないように思います。りんごアイドルという各所にコラボ出来そうなおいしい特徴はあるのですが、シンデレラというよりも白雪姫のイメージなので(笑)。

現実的に考えると、あかりんごは圏内、こずえちゃんは10位代に入って次回に賭けるというのが良いように思いますね。
ただ、二人ともサプライズボイス的には最有力だと思います、こずえちゃんはアヤさんと共にしんげきでしれっと喋るかもしれませんし(ペア感強めに出した方が声優さん的にも売り方的にも良いでしょう)あかりんごはニューカマー組とシナジーがありますしね。
キュートは総選挙では声が付きにくいですが、逆を言うとそれ以外で付く枠が増えるということなのでサプライズに抜擢されるような躍進を皆狙うべきですね、個人的には大沼くるみちゃんとかワンチャンありそうだな、と思っています(SSR絵がめちゃくちゃ良かったので)。


さて、ここからは上位の予想を。
シンデレラガール大本命はやはり「本田未央」ですね、前回の得票も抜けていますしシンデレラガール補正も前回惜敗したことでより強固になるでしょうし。
パッションでシンデレラガールになれそうなのは現状彼女しかいないのでパッション勢の票も期待できそうですしね。
懸念としては同属性の「りあむの風」ですね、彼女がまかり間違って(笑)中間5位とかになろうものならパッション票もシンデレラ補正票も持って行かれかねない可能性が出てきます。
それに圧倒的有利な今の状況が逆にマイナスになる可能性もありますね、ここまで離しているんだから今回は大丈夫だろう、って他に流れる票もなくはないでしょう。こんな記事を書いている責任もあるんですが、状況から見て大本命と書かざるを得ないのです(笑)。
未央陣営から見ると中間までに様子を見て全力を出しすぎない、というのも一つの戦略になるのかな?と、応援票を獲得するためにも。(でも勢いに乗られる、ということにも繋がるので塩梅が難しいですよね)
プラスの要素としてはキャラ的にも中の人的にも前回のウサミンを支えた票が流入しやすいということが挙げられるでしょうか、まりえさゆりファンは一定数いそうですし(笑)。
対抗がクール勢になりそうだ、というのも追い風ですね、未央票(+応援票)がクールに流れる事はなさそうなので。なので同属性の刺客や、ややパッションっぽいキュートのあの娘が対抗して来る方が未央にとっては脅威でしょうね。

上位を見て順位を上げる要素を持ったアイドル筆頭としては「一ノ瀬志希」ですね、デレステでの活躍、貰った曲、ライブでの活躍、全てが2018年シーズンでは特筆もの。
その中でもやはり『クレイジー・クレイジー』でしょう、曲もコミュも完璧で心を鷲掴みにした上での藍原さんと髙野さんのパフォーマンスですよ、現場を見たことのない自分でもその凄さの片鱗を(周りの反応から)味わえるほどですから実際に体験した方々にとっては忘れられないものに仕上がっているはずです。
女性人気も高いですから他候補が取りこぼしそうな票が彼女に入りそうな予感がありますね、男女比がどうなるかによっても変わって来そうなアイドルです。

そして補正でなく、実力で爆上がりしそうなのが「速水奏」
貰った楽曲がとにかく強くて『if』『サヨナラバス』『Pretty Liar』と粒ぞろい、曲だけではなくて組んだ相手にも恵まれていますね(それは以前からなんですよね、過去楽曲から考えても凄いメンバーしかいないのです)『サヨナラバス』の組み合わせは神か!って思いましたもん。デレステは繰り返し楽曲をプレイするゲームなので強い曲を貰うってことがかなりのプラスになるんですよね。
でも奏にとって最大のプラス要素は(曲もそうですが)イベントとしての『Pretty Liar』ですね、ボーダーがおかしなことになったので有名ですが(笑)「ミステリアスアイズの速水奏」を世に知らしめたことが最大の功績でしょう。
高垣楓という巨大なアイドルの前で大人ではない奏の葛藤や年相応の足りない姿、そしてそれでも楓さんに並び立とうとする姿に感動した方も多かったのではないかと。人間味が感じられたことによりグッと奏の間口が広がりましたよね、飯田さんの演技も絶妙で男女を問わず魅了されたのではないかと思います。
このイベントで名実と共に高垣楓の相方として横に並ぶ者となりました。総選挙でもその結果が表れるのではないかと思っています。(そしてクールの門番がまた一人(笑))


楽曲で見るとイベントとしては『凸凹スピードスター』『Sunshine See May』『Palette』『スパイスパラダイス』、個人曲では『楽園』『Last Kiss』『おんなの道は星の道』が印象に強いです、それぞれのアイドルのランクアップも期待できるかな?と。

中でも『楽園』はコミュとライブでの会沢さんのパフォーマンス、そして関裕美をとりまく環境の力もあって曲の持つ物語性がとてつもなく広がったと思います。SS3AのライブBDが期間中に発売になりますがその効果がどこまで発揮されるか注目ですね、買わないとぶっ飛ばされるらしいですよ?(笑)。
今回の結果によっては次世代のシンデレラガールの筆頭に躍り出るかもしれません

『Last Kiss』もライブの影響と一部の強烈な推しで話題になった曲です(笑)、推している方のパフォーマンスも異次元なので一流は一流を知るじゃないですが影響力ありますよね。
三船さんと中の人である原田さんの歌声の親和性がとにかく高いんですよね、少し震えるような音の揺れがたまらない魅力です、それでいて芯が通っているような力強さも持ち合わせているのだから最強ですよ、最強。そりゃ一日20回聞くってもんです(笑)。
三船さんはA20もありますし、伸びる要素をけっこう持っているんですよね。

ただ上位戦線に一番影響がありそうなのは『凸凹スピードスター』でしょう。奏が楓さんを得たように、しゅがーはぁとにはシンデレラガールに輝いたウサミンが付いているのです。
あのコミュ見ました? あんなん卑怯ですよね、面白要素も各所に散りばめつつ要所要所できっちりと仕留めに来るんですよ、年を取れば取るほど打ち抜かれるシナリオだと思うので若い方には何年か後に見返して頂きたいコミュですね。
しゅがはの中の人、花守ゆみりさんの演技も素晴らしかったです、伝えるには凄くデリケートな心情を無遠慮にあっけらかんと絶妙な表現力で伝えてくれていたと思います。
アイマス系のメディアではあまり登場されていなくて、ライブの経験も多くないので馴染むのにはもう少しかかるかな?と思いますが声優としてのスキルは若手ではトップクラスだと思っているのでより登場機会が欲しい方ですね。某キャンプアニメ等、他キャストとの絡みも多いのでその辺りの関係性も場外の楽しみとしてありますし(笑)。
票的には上記で語った通りウサミン票の受け皿として有力候補であること、『凸凹スピードスター』のCD発売が期間中にありブーストが期待できることがプラス材料ですね。6thのBD視聴とか来るとさらに跳ね上がりそうですが・・・。


上位争いと言えば前回のクール最上位「北条加蓮」「鷺沢文香」の争いにも注目、個人的にはここに我が担当アイドル「神谷奈緒」が加わって欲しいところ。
鷺沢文香の『銀河図書館』はデレステ未実装、しかも視聴のみでは良さが伝わりきらない曲なのでどこまで浸透しているかが加蓮との差になってくると思います。この曲の独自性というのは強烈なアピールポイントになるだけに選挙戦での使われ方に注目しています、PVも作りやすいと思いますので。
ただ、大型ライブに未だ参加が無いというのは曲的にはマイナスポイントです、総選挙は多くの賛同が必要となるイベントですからね、どんなに良い曲も知られていなければ意味が無いのです。文香を上位にしてライブに呼ぶぞ!ってモチベーションにはなるかもしれませんが、前回5位でも叶わなかった現状、シンデレラガールにでもならない限り期待は持たない方が良いかもしれないですね。(中間の順位によっては無くはない話なのですが)

そういう意味で加蓮はライブの補正が文香との差ですね、特に『Trinity Field』の効果が大きいでしょう、この曲は公式に名言はされていないですが加蓮センターを意識した曲だと思っていますので。
プラスマイナスで語っているのでここもまたか、と思われるかもしれませんがこちらにもマイナスの要素があります(笑)、それは『Trinity Field』がデレステ的には2017年の曲だということですね、2018年は周年曲にも選出されていますがそれは文香も同じ。加蓮のみの強みと言えば『未完成の歴史』ですがこれも初出は昨年度、しかもどちらかというと加蓮の曲っていうよりは飛鳥くんの曲っていうイメージが。これで文香専用曲である『銀河図書館』の壁は越えられないだろうな、と。イベントが直近である、ということはプラスなのですがね。

この二人プラス要素を比べるとほぼ互角かな、と思います。票差もほぼ無いのでこのまま行くと前回と同じような結果になりそうです。それはシンデレラガールを狙う未央にとって追い風になりますね

その他の上位陣ですが劇的に上がる要素は思いつかないですね~、唯一白菊ほたるちゃんが個人曲をサプライズ公開でコミュも貰い、実用音楽シリーズに抜擢と面白い展開がされているので上がる要素はありますが、ボイス実装直後の選挙なのでどう影響するか。
上位陣は皆固定票がしっかりしているのでイベントやガチャによるブーストがあればまた違ってきそうですが。

ここからはデータを無視した個人的な見解ってか要望を(笑)。(奈緒については長くなるので↓のおまけコーナーで語ろうかと)
南条光結城晴は中の人を含めて面白い活躍をしていたので伸びていて欲しいな、と。(光のフィギュア、出来が良いっぽいので要チェックですよ!)
上位には食い込まないかもしれませんがありすもU149等で破竹の活躍だったので順位は上げるでしょう、A20組として川島さんにも伸びて欲しいですがそちらは厳しそうですね~。
インデビジュアルズは今年も活躍を継続していて、美玲ちゃんと朝井さんの昔からいる感がさらに強くなりました(笑)。森久保もエイプリルフール企画等愛されています、輝子も安定の活躍で松田さんの活躍と共に存在感が増しているように思います、伸びろ!
2018年で個人的に一番嵌った曲は『Sunshine See May』曲と歌声の合わさり方が素晴らしいのです、表現力も流石で山紫水明は超エモいです、伸びていて欲しい!
浅利七海ちゃんは陣営の気概を感じます、運営も注目している兆しがあるので(四コマとか使いやすいですし)シンデレラ補正、あるかもしれません。
東郷あいさんや池袋あきえもん、ユリユリ、イヴも声が聴きたい!今回は中間までは奈緒に全力を出すことになりそうなので支援はあまり出来ないですが趨勢を見守っています、まずは圏内!そしてあわよくばサプライズを!
あ、それに八回と∞(眼鏡)属性ということで八神マキノさんにも期待しています! 上位に入らないとしても中間のレポーターとかおいしい役回りを回してあげて欲しいですよね、せっかくの八回なのだし。


さて、長々とと予想を立ててみましたが、まとめると。

・本命は本田未央、上位陣は動きそうにない
・志貴にゃんと奏は伸びる要素が満載
・ボイスは皆難しいが雪美ちゃんとりあむには期待
・りあむがバズれば場が荒れる可能性がある

ですね、うん、実にありふれた予想(笑)。個人的にはクールの上位対決を真っ当に見たいので来て欲しくないですが、選挙を面白くする意味ではりあむの風を期待してしまいますね。

果たして未央は栄冠を手にできるのか? 加蓮は?文香はどう動く?
ボイスをつかむ者は誰になるのか? 本当につかめるのか?
想いが想いを呼び、悲喜交々の第八回シンデレラガールズ総選挙、投票は5月14日まで!


皆様の想いであなたのシンデレラガールを誕生させましょう!
まだお決まりでないなら是非「神谷奈緒」に一票をお願いします.


さて、ここからはおまけコーナー。

奈緒を語る前に自分はアニメ感想を主戦としているのでアニメ視聴者的目線、特に声優さんに注目して選挙戦を見てみたいと思います。
あくまで素人の個人意見なのでそこはご了承下さい。

以前にも語りましたが第六回のボイス組は皆強いですね~、田辺さん会沢さん武田さん花井さん鈴木みのりさん、全員がしっかりした演技と表現力をもって業界でも活躍されています。
特に会沢さんは大空さん主演のコメディアニメで関ちゃんからは考えられないような役をされていて演技の幅に驚かされました(笑)。
今回の選挙にすぐ反映されるような勢いはないかもしれないですが、着実に声優としての実力を付けられているので今後影響は出てくるものだと思っています。
みのりんごは初登場が他メンバーより少し遅れましたが、『Last Kiss』発言などアイマスでも存在感を発揮していますね(笑)安心安心。彼女の歌の実力は周知のものなので肇ちゃんにとって確かなプラスになりますね。

追加組では他に朝井さん、藤本彩花さんのサプライズ組も良い仕事をしています。
どちらも馴染み方が半端ないですね、キャラとしても歌唱に混ざった時も安心感があって。
朝井さんはインディビジュアルズのリーダー感が素晴らしいですね~、役者としても『ガンゲイルオンライン』での役幅の広さ、『響け!ユーフォニアム』では繊細な演技を見せてくれています、コミュでも様々な表現が期待できるので活躍の場が広がれば広がるほど評価されると思いますね。
藤本さんは今現在のイベント『きゅん・きゅん・まっくす』で素晴らしい働きをしています、棟方師匠の師匠っぷりもそうですが楽曲での愛海ちゃんの美少女っぷりが素晴らしいんですよね、どんなお山も分け隔てなく接する彼女ですから今後のコラボも期待できます。双方引き立つんですよね、彼女にかかると(笑)。

そして声優さんと言えば木村夏樹役の安野希世乃さん、彼女も歌も演技も最高峰の役者さんですね、何故か選挙では上がってこないのですが理由がさっぱりわからないんですよね。
確かにキャラと中の人のイメージのギャップはあるのですが(笑)、芯の強さは共通していますし、李衣菜や炎陣のメンバーなど後押しするコミュニティも充実しているのに。
ただ、考えてみるとそれらの要素もデレステの初期に寄っているので今の投票者にはもしかしたら影響していないのではないか、と。なので彼女主演のイベントがあればまた上がってくるかもしれないですね。ちょっと先になりますが名盤である「MASTER SEASONS AUTUMN!」最後の名曲『空想探査計画』も残っていますしね!

最後に、昨今で一番伸びたと思われるシンデレラ声優さん、金子真由美さんについて。
『さよならアロハ』そしてなにより個人曲である『LOVE☆ハズカム』ですね、彼女の歌声はスッと胸に沁みてくるのですよね、WWGの活動を通して里奈と共に目に見えて成長が見られます。自信が付いたというか、一本芯が通りましたよね。下積みも長いですし、こういう方はまだまだ伸びると思いますよ。
選挙でもWWG効果で拓海、それと原田美世と共に上がって欲しいですね。

今回で声が付くアイドルも誰になるか、とか楽しみですよね。
歌唱できる若手声優さんというとガンゲイルやアニマエールで活躍した楠木ともりさん、ふらいんぐうぃっちやナナシスの篠田みなみさん、数多くのモブ役もこなし魔方陣グルグルのジュジュ等マルチな活躍が期待できる大地葉さん、都丸ちよの保護者でお馴染み新進気鋭の柳原利香さん、等が挙げられるでしょうか。シンデレラメンバーとの交流もある方ばかりなのでそういった面でも期待が出来るメンバーだと思います。
後はWUGのメンバーですよね、ここは誰が来ても即戦力ですから(笑)。


さてここからは第八回における奈緒について。
実は奈緒って次回、次々回を見据えるといいポジションにいるんですよね、未央や加蓮が栄冠を取るとトライアド票やニュージェネからの支援票を貰いやすいので。なのでシンデレラガールを狙うとしたら加蓮応援で行くのが賢いやり方なのですが・・・。
いや、そんなの関係ねぇ!
でしょ、シンデレラガールにしたくない訳では無いですが、奈緒にそんな賢いやり方は似合わない、後の地位を捨ててでも今回全力でぶつかる方が奈緒っぽいと思うのです。
それに今回が加蓮との最後の戦いになる予感があります。栄冠が誰に輝くとしても次回からは加蓮にも何らかの補正が発生する可能性が高いです。なので今回加蓮とはガチでやり合いたい、過去の総選挙では常に奈緒の少し上を行くアイドルでしたしトライアドの一角として、また良いライバルとして負けられない思いがあります。
そこには順位とか力関係とか関係なくて、ただ単純に加蓮と一騎打ちをしたい、という個人的な思いがあるだけなのです、ここを逃すと後悔しそうで。
たとえ負けたとしても清々しい気持ちで送り出して次回に挑むことが出来るんじゃないかなぁと思うのです。
それに加蓮と並び立つ事が出来れば同時に周年曲に参加できますしね、この機会も是非手に入れたい所です。舞先輩と松井さんの声の相性は各所で実証されていますからね! 5th福岡の共演は本当に素晴らしかったから、トライアドも良いですがまた並び立つお二人を見てみたいものです。5th福岡は感想記事を上げているので良ければご覧ください.
意外と志を同じくする奈緒Pは多いのではないかと思っています、票が集まって中間で加蓮を捕捉出来たならチャンスは十分あると見ています。(なので中間まではほぼ奈緒に入れようかと思っています)

ただこの流れ、他Pからしたらやきもきする要素になるかもしれないですが(笑)。
なにせ奈緒が参戦するとクールは三枠埋まる可能性が高くボイス枠が無くなる、競り合いによって(クールの)浮動票は減る、トライアド票が割れることになるので加蓮の得票にも影響する、と。競り合いによって票自体は上がる可能性はあるのですけれどね。
これで一番得をするのは多分暫定1位の未央ではないでしょうか、本文では書けなかったですけれど未央を本命としているのはこういった理由もあります(笑)。

さて、長くなりましたが本記事はこれまで、お付き合い有難うございました。
また次回記事でお会いしましょう。

                                       了

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事