Fuck Yes Abby

エレクトロニカなオリジナル3曲アップ。使った機材とか楽器とかをご紹介

2014/04/25 15:56 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
少しずつ紹介させていただければと思います。

Stykki (Kakera)






一番使った楽器は 「Casio VL-1」「Casio MA120」あとはコップや瓶、机の角。どれも最強のシンセです!上の曲ではドラムトラックにVL-1、メロディシンセにM120、パーカッション的な音にコップや机などをたたいています。



ドラムトラック、バイオリンのプリセットはほんとにいい音です。Stykkiでは前半のドラムトラックで使ってます。キックの「ビッ」って音とか、一応スネア(という名前)の「ぴっ」っていう音がとても好きです。自分の好きなアーティストだと北欧のムーム等が使っています。



MA120は意味わからないんですがそこが最高です。内臓波形はとてもおもしろくて、自分は「バイオリン+グロッケン」や、ほとんどただのサイン派だけどチープすぎるリバーブが最高な「オカリナ」やスクエア派の「クラリネット」を良く使います。「マリンバ」なんて勝手にトリルしてるし・・・。Stykkiではメロディーのシンセや途中のアンビエントなところのぽわぽわした音等かなり頻繁に登場します。ちなみにラインじゃなくて、内蔵スピーカーをマイク録音してもなかなか味のある音になります。これも、北欧のCasiokidsって人たちが名前のままですがよく使ってて大好きです。



最初らへんから入っているパーカッションのような音は机・コップ・瓶などなどでできています。正規のパーカッションではない独特なものになります。絶対にサンプリングや打ち込みでは出せない音が欲しい時あらゆるものをたたいたり落としたり振ったりします。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事