haseのブロマガ

シャニマス『Secret×Rose』におけるロミジュリ引用について

2020/04/01 22:37 投稿

  • タグ:
  • シャニマス
  • エイプリルフール

今回シャニマスのエイプリルフールイベントが『ロミオとジュリエット』モチーフということで、舞台演劇勢の私がいっちょ考察を書くべ!と筆を執りました。
シャニマス側のシナリオについては必要部分以外引用しませんので、全ルート読んでからでお願いします。

ちなみに私が一番好きなロミジュリはミュージカル『ロミオ&ジュリエット』( ジェラール・プレスギュルヴィック作。宝塚版が有名)です。

まず皆さんは『ロミオとジュリエット』をきちんと読むor観たことがないと思いますので、簡単にあらすじを。
京都芸術劇場様のあらすじが一番読みやすくシンプルだったのでこちらをご覧ください。


さて、今回のシナリオと『ロミオとジュリエット』のキーワードを再配置すると

ロミオ=主人公(プロデューサー)
ジュリエット=各アイドル
ロレンス神父=はづきさん
懺悔室=礼拝堂
懺悔室から続く部屋=納骨堂

はづきさんを乳母ではなくロレンス神父に置いたのは彼女の「ハーブティー」をロレンス神父がハーブから作った「仮死の薬」になぞらえたと考えるからです。

作中、亡霊となった二人を「ロミオ」「ジュリエット」を仮称します。
カウンセラー(あるいは先生)であるロミオと生徒であるジュリエットが結ばれなかったことから物語は始まっています。
はづきさんが真相を知っていること、また懺悔室の鍵を持っていることから、事件当時も教師という立場であったことが想像できます。
(当時は生徒という線もありますが、彼女がロレンス神父の立ち位置に居ることから教師説を推します)

ロミオとジュリエットが愛を誓い合った場所は懺悔室でしょう。
『ロミオとジュリエット』になぞらえるなら、はづきさんの手配で懺悔室から続く部屋に隠れたジュリエットを、何かの行き違いでロミオが迎えにいけなかった、となるでしょうか。
二人は揃って学園を抜け出ることは出来なかった。それなら『ロミオとジュリエット』と同じですが、亡霊が残っているということは心中も出来なかったと考えるべきでしょう。
イルミネルートで主人公がロミオに憑かれるのは懺悔室。そしてアンティーカルートでは懺悔室から続く部屋でジュリエットに憑かれます。
以上の点からロミオは懺悔室までは辿り着けたが、隠し扉を知らず(見つけられず)、置いて行かれたと勘違いしてそこで亡くなったのではないでしょうか。


しかしながら今回重要なモチーフである「バラ」は『ロミオとジュリエット』にはほぼ登場しない(ジュリエットの庭園にバラはあるかもしれませんが)ため、あまり『ロミオとジュリエット』からは補助線を引けないのが実情でした。
有名なフレーズとして「あなたはどうしてロミオなの」の流れの中で「私たちがバラと呼ぶものは、他のどんな名前で呼んでも、同じように甘く香るわ」という物がありますが、それくらいです。

なんだか「調べてみました!」みたいな記事になってしまいましたが、演劇勢としてはロミジュリのエッセンスだけ借りてきた印象でしたね。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事