紀尾井 次郎のブログ

盛り上がりに欠けたという「民進党代表選」。自民党「1強」に歯止めをかける意味でも、民進党に頑張ってもらいたい。 極端な若返りで、初心から出直せ!

2016/09/12 17:35 投稿

  • タグ:
  • 民進党代表戦
  • 玉木雄一郎
  • 蓮舫
  • 前原誠司
  • 憲法9条
  • TPP





民進党代表選。マスコミは総じて「盛り上がりに欠けた」と切り捨てる。小池都知事が「移転延期」の派手なパフォーマンス見せれば、テレビはそっちのほうが視聴率を稼げる。


おまけに「北朝鮮の核実験」という大事件も起きた。弱小・民進党の代表選など、どうでもいいというムード。これでは盛り上がるハズはない。


だが、冷静に考えて欲しい。自民党・安倍内閣は「1強」どころか、独裁状態。

このままでは、憲法改正も発議されてしまう。


少なくとも、岡田前代表は現時点での憲法改正は反対だった。


だが、岡田の推す蓮舫は「9条を守りたい」と言うが、「憲法の地方自治のあり方は今の時代には向いていない」と歯切れが悪い。


前原にいたっては、「9条に3項を加えて、自衛隊を位置づけたい」と持論を

主張した。


玉木は「海外で武力行使を認める9条改正には反対」と主張するが、「憲法裁判所や統治機構などは議論したい」と言う。


3人の話は微妙で「憲法改正を阻止するために3分の2は取らせない」と言っていた岡田よりは、はるかにトーンダウンしている。だから盛り上がらない

という見方もある。


玉木は「9条改正には反対だ」と、大声を出したほうがいい。


「9条改正には反対だが、憲法裁判所や統治機構は議論したい」と言うのは、

憲法改正しても良いと聞こえる。維新と変わりがない。


このあたりが「迷走気味」と、リベラルな東京新聞にまで書かれてしまうの

だろう。蓮舫発言も同様、維新と変わらない。


「参院選」での民進党はどこに行った?…と言われてしまう。


野党共闘も同じ。今の民進党に拒否する余裕はあるのか?


「野党共闘は一定の評価はするが…」と言いながら、


「衆院選では、一度、岡田路線はリセットするべきだ」(前原)

「綱領・政策が違う政党とは、政権目指さない」(蓮舫)

「基本的な考えの違う党とは一線を画するのが大原則」(玉木)


共産党とは共闘しないと公言した。「野合」と言われないためだろう。


これでは衆院選では勝てない。もう少し、自民党のしたたかさを見習ったら

いかがだろうか?


誰も「民進=共産政権」が出来るとは思っていない。


誰が新代表になろうとも、「野党共闘」特に「民進=共産」の共闘ができなければ、1人区の自民=公明には、100% 勝てない。


「憲法9条改正反対」「立憲主義を守る」「TPP反対」で、蓮舫・玉木は「野党共闘」できるだろう。共産党は「候補者を降ろしてもいい」と言っている。


「政権交代を目指す」と言うが、今の民進党の支持率で、それは無理だ。


まずは初心に帰り、1人区で勝つことを考えよう。それが初めの1歩だろう。

「参院選は一定の評価」ではなく、参院選から何議席、積み上げるかだ。


安倍はいつも誇らしげに言う。「結果が全てなんです」。悔しくないか!


前原の「戦犯だから、土下座して謝る」は寝た子を起こす。


全国の集会で、前原は土下座こそしなかったが頭を下げた。それを見て、

玉木は涙し、蓮舫は「男なら泣くな」と叱咤したという。いやはや呆れた。

謝ってばかりいたら、政権など取れない。


「4野党共闘なら議席2倍に」、大幅に躍進する。


3候補も読んだと思うが、民進・共産・社民・生活の4党が衆院選小選挙区

(295)で候補を1本化した場合、東京新聞(9月4日)が試算した。


43⇒91になる。実に2・1倍。だから、自民・公明は「野合」「野合」と、

カエルの合唱をしているのだ。

それでも政権は取れないから、安心して「野党共闘」すべし。何度も言う。


■「憲法9条・立憲主義を守る、TPP反対」これだけの政策協定でいい。


共同通信の調査。野党共闘を続けるべき(22都道県)、やめるべき(9府県)

新代表は地方幹部の話にも耳を傾けるべきだ。


小池晃・共産党書記局長は、前原が「リセットするべきだ」と発言したことに対し記者会見で、「国政選挙で出来る限り協力することは(民進党と)4回ぐらい確認した。公党間の約束は重い」と発言した。


確かに、代表が変わったからチャラにするじゃ、済まない。誰が代表になったとしても、公党間の約束は守ったほうがいい。


過去の民主党の戦犯よりも、若い人にリセットしたほうがいい。


その意味でも、「高松のケネディ」には頑張ってもらいたい。ところが、その玉木に横やりが入っている。若すぎるからか?長野駅前の立ち合い演説会。地元議員の集会に参加していた玉木は数分遅れ、演説させてもらえなかった。


とんでもない“官僚主義”。民進党の意外な一面を見た。

これでは当分、政権交代など夢のまた夢になりそうだ。

                     

=敬称略=

(紀尾井次郎)


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事