日頃の行い

明日は初戦のコロンビア戦

2018/06/19 00:01 投稿

  • タグ:
  • ロシアワールドカップ
  • サッカー
  • 日本代表
  • サッカー日本代表

今朝、大阪で震度6の地震があったようだ。

関東住みなのでこの地震による影響は無いが大阪や近隣に住む方は
月曜の朝という事で、大変な週明けとなってしまった事だろう。

色々と慌ただしい日々がしばらく続くと思うが、あまり考え過ぎず
そこそこの余力を残しつつ適度に頑張ってもらいたいところだ。


さて、明日はついにコロンビア戦

今大会は本当に面白い試合が多く、寝不足の重なる
日々が続いているのだが、試合の内容が良いだけに
その気だるさも至福に感じる位なのだが、明日はついに
コロンビア戦。

懸念材料であった岡崎は、離脱せず登録も岡崎のまま
ということになったようだ。

正直不安要素のある選手だけに、難しい判断だったようにも思うが
ともかく岡崎も残ったのだから活躍を期待したいところだ。


個人的な懸念材料としては柴崎、長谷部、山口、大島のうち二人が
担当するであろうボランチの位置や吉田、槙野、昌子、植田にうち二人が
担当するであろるセンターバック。

このセンターの4人が、ファルカオやハメス・ロドリゲスに対して
どれだけ跳ね返せるかどうかだ。

ある程度技術やフィジカルでやられるのはもう仕方が無い。

ただ、それでも中央が落ち着いてしっかりと構えられるなら
カウンターに転ずる攻守の切り替えもスムーズに行くだろうし
そうなると、前線の攻撃的な選手も生きる。

サイドに関しても、クアドラードやムリエルの攻撃は怖いが
バランスという意味では長友、酒井(宏)の両サイドとも
そこまで劣るとは思わない。

むしろ中央よりもサイドで勝負してもらって酒井(宏)や長友の対応に
期待したいところだ。


後は攻撃的な部分だが、まずは誰がスタメンに入るのかが重要。

仮にパラグアイ戦同様、乾、香川が同じポジションで最初から出るというなら
恐らくその後ろに柴崎も加わる事だと思う。
(もしかしたらそれ以外のプランでも柴崎かもしれないが)

そうなると攻守両面で柴崎の出来が結果を左右しそうだ。

現状日本で期待出来るフリーキッカーも柴崎くらいだし、展開力もある。
パスの受け手としても良い位置に顔を出せるので、典型的なパスの出し手で
終わらない選手でもある。

この辺りが良いように風が吹いてくれれば、チャンスもより多く作れる
とは思うし、若干守備への不安も込みで柴崎で期待したいところだ。


明日戦うコロンビアはグループHでもっとも力のあるチームだと思う。
だから引き分けでも日本としては受け入れられる結果ではある。

ただ、可能性としてありえる引き分けは、あくまで勝つ為に
お互い戦った結果の引き分けとなるパターンのみだろう。

つまり勝利を目指す姿勢が無ければ勝利も、引き分けも取れないという事。

その点を踏まえ、明日の日本代表がどういった戦いをするのか
1人の日本人として見届けたいと思う。





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事