日頃の行い

セットプレーが絡む失点は、何とかしないといけない

2018/06/14 01:42 投稿

  • タグ:
  • 時事ネタ
  • サッカー日本代表
  • サッカー

ようやく西野監督で勝利した日本代表。
ガーナ戦やスイス戦とは違い好材料も多かったのだが、
一方で課題もまだまだ多い。

主な点としてはやはり継続して2失点している点とその内容だ。

1つ1つの内訳を見ればスローインからとかPKで仕方なく…
といったケチの付け所はあるものの、傾向としてセットプレーが絡む攻撃で
失点している場合が多い。

分かりやすく具体例としてあげるなら、昨日のパラグアイ戦の先制点を
取られたシーンと2点目を取られたシーンだ。

先制点を取られたシーンではスローインのボールに対して日本は7人で
守っているのに対して相手は3人だけ。

にもかからずスローインからのボールを一度も競り勝つ事が出来ず
シュートまで打たれゴールを奪われている。

つまり相手に人数をかけて攻め込むリスクをかけさせる事無く
極めて効率良く先制点を奪われている事になる。

しかもシュート自体は素晴らしいとは言え、何か特別凄いスキルで
あったりドンピシャな連携によるものでも無く、単純にスローインに対しての
ポジション取り、競り合いに勝てないままシュートまで運ばれただけだ。

スローインのボールに競り合い、自由に触らせなかったものの
ペナルティーエリアの中央、危険なエリアにボールを流してしまった【植田】

その流れてきたボールに対して結局何も出来なかった【遠藤】

ロメロとの1対1をトラップ1つでかわされシュートを打たれてしまった
【柴崎】

1つ1つが甘い。

相手はパラグアイよりも強い相手だし、前線の選手の名前だけでも
ワールドクラスと言えるような選手と対峙する。

これを1対1でどこかで勝ってシュートチャンスを防ぐのか、
それとも2枚で対応するのか。

ある程度練習レベルではやっているのかもしれないが
本番までこの辺りの対応を詰めて欲しいところだ。


それと、3-1となって余裕が出てきた頃2点目を取られたシーンもそうだ。

こちらもセットプレー、リスタートからのセカンドボールに対して反応が遅く
シュートまで持って行かれている。

単純にシュートを褒めても良いが、山口が危険を察知して最終ラインから
懸命にプレスを掛けに走っている一方、こぼれ球に対して出だしが
遅れている宇佐美。

もちろん、宇佐美に期待する事は攻撃面が主だ。

だが、こうした守備の時に予測が遅い、反応出来ない事による
隙を生んでしまっているなら、弱者である日本という立場を考えると
長い時間の出場は厳しいだろう。

ちなみに個人的には宇佐美は2シャドーでは起用もアリだと思っているが
4-2-3-1の3はそもそも無理だと思っている。


まぁここまで分かりやすくリスタートに弱いとなると西野監督も
最優先で改善していきたいと奔走しているのだろうが
選手の組み合わせであったり、意識の改善という部分でどこまで
改善出来るかどうかは初戦の見どころになるだろう。


今日には本大会が開幕しいよいよワールドカップがスタートする。
日本はグループHと最後のグループなので開幕日の今日からまだ
5日の猶予がある。

その間にチームとしての完成度を高めて初戦コロンビア戦に
望んでほしい。




コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事