日頃の行い

最近のセクハラ問題について…

2018/04/19 22:59 投稿

  • タグ:
  • 時事ネタ
  • セクハラ問題

最近セクハラ問題が過熱している。

まぁ大体50歳近いオッサンの勘違いから来ていたり
褒めていたつもりが相手は嫌がっていたパターンだったりと
まぁ見ていて見苦しい。

そういえば少し前に男性リポーターがザキトワ選手に対して
「どういうタイプの男性をボーイフレンドにしたいですか?」
といったセクハラ質問もしていて引いたりもしたが、
残念ながらいまだに日本の50代前後はこうなのだ。


かなり面倒な取引先が、急に大人しくなったと思ったら
最近入ったランドセル背負ったら小学生に見えそうな小っちゃい女の子を
偉く気に入り、それで話がまとまる…といった事も有るし、
何とかもう少し単価を下げたいなんて無理前提の交渉事を色仕掛けで
乗り切ったなんて話も実際聞く。

言い方は悪いが、そういった女の力でアプローチしとけば良い…
なんて会社があるのは事実だ。

自分は仕事柄色々な会社を見てきたけれども、大体女性がプロジェクトの権力を
持っている場合は妙に綺麗な方が多い。

年配の女性で異様な力をもっている…なんて人も、
昔、有名な会社の部長クラスを何人も虜にしていて
その時の事があるのでやたらと顔が利く…といった話も聞いた事がある。

でも男として分からなくもない。

小さな会社や、男の多い会社なんてそんな美人が突然来れば
舞い上がるもの。

女である事、美人である事も仕事のスキルとして利用していたという事だ。


ただ、ここからが問題。

それを会社主導で行っているか、本人が自分の意思で行っているか。
はたまた両方なのかという事だ。

10年前~5年前。

少し前までは会社主導にしろ本人の意思にしろ、ある程度今回は
ソレで行く、という了承しているパターンが多かったように思った。

ただ最近は、どちらかと言えば地味な女性が好まれているのか
会社主導ではあっても本人が乗り気では無いパターンが多いし、
あえて本人に意図を伝えないパターンというのもある。

このパターンの最悪なところは、本人の知らぬところで
取引先は「可愛いやつ連れて来たな」と1人の会社員の前に女として
見ている事。

あまり仕事のやりともなく、そそくさと飲み会が用意され
無理やりこれも社会の勉強…等と言って横に座らせるパターンがそれだ。

つまりいい年したおっさんが勘違いするのもアレだが、
営業させる方の会社もそれをアテにして勘違いさせてきたのだ。

今の女性は当然の様にそんな仕事の仕方でキャリアを積む事を嫌う。

時代遅れの部長なんかは、向いてる仕事だと思い良かれと思って
そうゆう仕事を持ってくるがその辺りからそもそも間違っているのだ。


昨今、積極的に女性を採用している会社は多いし、それ自体は良い事だ。
ただ、ひと昔前と同じような使い方ではいけないのだ。

今まではセクハラとは言われなかったものも言われる時代だと言う事を
会社のお偉い方は知るべきだろう。

そして今、被害者が男性というパターンも増えてきている。

結局そのような社会で生き残ってきた女性というのは、権力を持つと
同じ様に男性に対して接してしまうのだ。

まぁセクハラ問題というのはそういった問題を若い頃から意識してきた
年代が育つまで待つしかない。もうそれしか解決する道は無い思っている。

あと10年~20年。

はぁ…長いな。



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事